ちょっと納得いかない。

9月に開催決定している、VIDEO GAMES LIVE in JAPANの国内盤アルバムビデオ・ゲーム・ライヴ iconが7月1日に発売されます。
収録曲は以下の通りです。

ゼルダの伝説® (交響組曲)
ウォーククラフト® (組曲)
シヴィライゼーション4 メドレー
ファイナルファンタジー® (ピアノ・メドレー)
アベント・ライジング組曲
トロン モンタージュ
ソニック・ザ・ヘッジホッグ 交響組曲
ミスト® (メドレー)
スーパーマリオ・ブラザーズ– (交響組曲)
マリオ ピアノ・メドレー
ヘイロー® (組曲)
ファイナルファンタジー® (7–) (“One-Winged Angel”Live)

と、すでに発売されている海外輸入盤iconとちょっと異なる選曲になっています。が、一部同じと思われる(ウォークラフト、シヴィ4、ミストなど、いわゆる洋ゲー枠)曲も収録されているのがなやみどころ。
国内盤は輸入盤よりも「国内メジャー」作品が収録されているのですが、輸入盤にも国内メジャーがあるのにと微妙な感じ。
どうせだったら全て選曲が重ならないようにしてくれれば、すんなりとこっちも買えるんですけどね~ FF7片翼アレンジライブ版をシメに持ってきているのが悔しい…(輸入盤はドラキュラライブ)



それから、FFコンサートツアー「Distant Worlds」の追加情報が来たということで、「これはいよいよ国内にも来るかしら?」と思ったのですが、6月~7月のUSA巡りが決定したということでした。

うう…やっぱり国内よりも、海外の方がゲーム音楽イベントが充実しているような気がします。
日本のゲーム音楽を楽しむのに、国内で充実がはかれないのが残念。もちろん色んなイベントがあることを考えれば、十分なのかもしれませんが…
これはアレかな?「隣の芝は青い」ってヤツなのかな? 
関連記事

2009年06月12日 日記 トラックバック:0 コメント:2

海外のほうが、バンドさんが多いぶん、
打ち込み(DTM)は日本の方が盛んな感じ。
私はカヴァーバンドが好物なので、
どうしても海の向こうに憧れてしまいます。
でも、日本にも同人CDがいろいろあって、
それはそれで楽しいです。
探すと、なかなか良いサークルも見つかったりしますしね。
海外のお友達は、私と反対に、
日本に凄く興味を持っていて、
この前のM3でパシリやらされましたw

2009年06月17日 二等兵 URL 編集

>二等兵さん
てっきり、打ち込みも海外の方が盛んなんだと思っていました!
お互い相手に興味が行くのが良くわかります。
自分トコだとすぐ手に入るから、分からないんでしょうね~
M3でのエージェント活動お疲れさまですw

2009年06月17日 くつ下 URL 編集












管理者にだけ公開する