ゼルダの伝説~時のオカリナ~ ハイラル・シンフォニー

64版ゼルダ「時のオカリナ」をシンフォニックにアレンジ。
もともとゲームサウンドとしても良いものでしたが、それをシンフォニックにすることで、よりやわらかく心地よい仕上がりとなっています。

インナーがかなり分厚く、そのせいか1枚組みサントラなのにケースがちょっと厚いんですね。最初2枚組みだと思っていたから、開けてみて「アレ?」と思ってしまいました。
そのインナーは曲紹介と並べて、ゲーム中の名場面?をストーリーに沿って紹介しています。曲を聴きながら、ゲームを思い起こすのもいいですね。他にもオカリナで吹いていたメロディの楽譜に、時オカまでのゼルダヒストリー、パッケージコレクションと、資料性があるのも嬉しいです。

ロンロン牧場ではコーラスでお馴染みのメロディを口ずさんでいます。これがまた雰囲気抜群で、弦と優しい声のハーモニーが心地よく、牧場の柵に寄りかかりながらマロンが口ずさんでいるかのような…そんなゲーム中のシーンが思い浮かんできます。
どれも原曲のイメージは損なわずに、優しく、ときには激しくと弦の心地よい音が響きます。

トラック12はオカリナ組曲として、オカリナの全メロディをメドレーとして構成しています。オカリナをメインにおいて繋ぎとハーモニーに弦を使用してのアレンジですが、ちょっと流れが厳しい感じもしますね。
トラック13は初代から夢を見る島をメドレーにしています。おなじみの曲たちがシンフォニックになるとまた違いますね。メドレーでなくそれぞれ別に聞きたいところですが、そんなゼルダアレンジサントラが新しくでませんか?

どれも基本的に優しく、柔らかく、それでいてゲームの雰囲気は損ねていない。むしろ映画的に仕上げた(曲で映像を浮かべるような?)曲たちと思います。それだけに収録時間がちょっと短いのが残念なトコですね。


ゼルダの伝説~時のオカリナ ハイラル・シンフォニー




1.タイトル~タイトル
2.コキリの森 ~コキリの森
3.ハイラル平原~ハイラル平原メインテーマ
4.ハイラル城~城下町
5.ロンロン牧場~ロンロン牧場
6.カカリコ村~カカリコ村
7.デスマウンテン~ゴロンシティ
8.ゾーラの里~ゾーラの里
9.ゲルドの谷~ゲルドの谷
10.ガノンドロフ~ガノンドロフのテーマ
11.ゼルダ姫 ~ゼルダ姫のテーマ
12.オカリナ組曲~
  オカリナ「ゼルダの子守唄」~ 
  オカリナ「エポナの歌」~オカリナ「太陽の歌」~
  オカリナ「サリアの歌」~オカリナ「時の歌」~
  オカリナ「嵐の歌」~オカリナ「森のメヌエット」~
  オカリナ「炎のボレロ」~
  オカリナ「水のセレナーデ」~
  オカリナ「闇のノクターン」~
  オカリナ「光のプレリュード」~
  オカリナ「魂のレクイエム」
13.ゼルダの伝説組曲~
  『ゼルダの伝説』より「タイトル」「地上」「地下」~
  『リンクの冒険』より「タイトル」~
  『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』より
  「雨降りの時」「表の地上」「裏の地上」~
  『ゼルダの伝説 夢をみる島』より
  「風のさかな~しまが消える」


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2009年06月04日 CD紹介(任天堂) トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する