CEDEC 2008の話を聞きました。

2008年9月9日から都内にある昭和女子大学で開催されているCESA デベロッパーズ カンファレンス 2008(CEDEC 2008)。本イベントは、社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催する、国内最大級のゲーム開発者向けカンファレンスだ。その2日目となる2008年9月10日、カプコンの常務執行役員で開発統括本部長兼オンライン事業統括も務め、ダレットの代表取締役社長でもあるゲームクリエーター、稲船敬二氏による基調講演が行われた。
カプコン稲船敬二氏による”ゲームヒットの法則”とは?(ファミ通.com)

相方が行ってきたので感想を聞きました。
稲船さんのお話は、だいたいニュースの通りで、話も上手く非常にためになる講習だったそうです。

で、もうひとつ、個人的に「見てきて!」とお願いした、細江さん、相原さん、佐野さんのセッション、
「サウンド天の川2008」“FROM A DARKSIDE NAMED GAME MUSIC”~ゲーム音楽というダークサイドから~の感想も聞きました。

講師の質問に対して、フリップに答えを書いてもらうという形のセッションだったそうです。
質問は色々あって、たとえば、
子供が「オレ、この音楽が好きなんだ」と言って、自分が激怒した音楽は、さて何でしょう?
とか、あったそうです。

そのの答えに
「アイマス」
というのが挙がったそうですが…うん、まぁ、なんとなく納得できます。
自分だったら許す…うう~ん許す…?か…?

まぁそんな感じで、面白かったけど、グズグズだったらしいですよ? コンポーザーでは無いので、役には立たなかったと思います。(スマン)
もっと色々話を聞いたのですが、何か「ニコ動とかにUPしちゃだめ」と言われたそうなので、あんまり詳しく書くと怒られそうなので、これくらいでスイマセン。ニュースサイトさんとかで、取り上げてくれたら良いのになぁ~
関連記事

2008年09月11日 日記 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する