NEO・GEO SUPER LIVE! 1994/新世界楽曲雑技団

1994年に行われた、ゲームミュージックフェスティバルのアルバムです。
ネオジオの人気と対戦格闘ゲームブームによって、「ネオジオサウンドをライブで!」という要望が高くなり、SNKサウンドアルバムの演奏ミュージシャンによる「新世界楽曲雑技団スペシャルバンド」が結成され、一度限りのライブの開催となったそうです。
アルバムには全曲収録されていませんが(チバレイは大人の事情だと思われます…)、人気作品3作から選りすぐりの楽曲が収録されています。

OPは餓狼SPオープニング。これから始まるぞ!というのにぴったり。続いて同じく餓狼SPからクリキントン。これとOPはアレンジ盤でLiveシミュレーションアレンジされていて、まさにその通りになったわけですね。ライブならではのソロアドリブがかっこいいですね。
ロバートのテーマは原曲がわりとお洒落な雰囲気だったけど、このライブではイメージは同じものの賑やかになっています。
ソウルに行こう!は更にギターが熱く、メインのブラスとの掛け合いがカッコいいです。ジョーのテーマはあの声もそのままに、よりエキゾチックかつライブならではの熱さがいいですね。ジョンクロは静かに盛り上がるカンジですね。ドラムとブラス&サックスで大人っぽいナンバーです。

そして一転、静かに降る雪を連想させるかのようなオルゴールピアノのメロディ、そこへナコルルの声優さんである生駒治美さんが語りかけて…という自然の宴。やさしいメロディとナコボイスで一休み。というところでしょうか。生駒さんカワイイよ~おシャルの声を出すときは、やっぱり顔も変わっちゃうんでしょうか。
そして同じくサムスピからガルフォード。もともとノリ良く激しく熱い曲ですが、このライブもまた熱い! 個人的にイチオシのアレンジでした。

ラストはそれぞれのエンディング。
特に「祭り奏でる」は、三三七拍子を一緒に打つことで会場が一体となれるのが良いです。ラストにふさわしい盛り上げと締めでした。祭りの終わりでもあるのが寂しくもありますね。

…もちょっと違う作品から取っても良かったと思うのですが、演奏メンバーがこれら3作品のアレンジ盤演奏者ということで、こう収まったのですかね。本当にコレきりのライブ(DJステーションは…微妙?)だったのが勿体ないです。

現在もいろんなライブがありますが、この当時の盛り上がりは本当にすごかったなぁと思います。今は家庭用ゲームサウンドがメインとなってしまっていますが、夏はゲーム音楽イベント!というのが定着して、今後も盛り上がっていったらいいなぁと思います。


新世界楽曲雑技団スペシャル・バンド~NEO・GEOスーパーライブ!1994




1.Fatal Fury Special Title
  (餓狼伝説SPECIALより タイトル)
2.クリキントン(餓狼伝説SPECIALより
  テリー・ボガードのテーマ)
3.Swing the House
  (龍虎の拳2より 
  ロバート・ガルシアのテーマ)
4.ソウルに行こう!
  (餓狼伝説SPECIALより 
  キム・カッファンのテーマ)
5.タイ南部の伝えたい新しい詩
  (餓狼伝説SPECIALより 
  ジョー・東のテーマ)
6.ムスタングマン
  (龍虎の拳2より 
  ジョン・クローリーのテーマ)
7.自然の宴
  (サムライスピリッツより 
  ナコルルのテーマ)
8.鮪(サムライスピリッツより 
  ガルフォードのテーマ)
9.More Mission
  (餓狼伝説SPECIALより エンディング)
-encore-
10.やたら長いんじゃ
  (龍虎の拳2より スタッフロール)
11.祭り奏でる
  (サムライスピリッツより 
  スタッフロール)


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2008年07月11日 CD紹介(SNK) トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する