ゲームのチラシの話。 ライブ・ア・ライブの巻

私の持っているゲームのチラシを紹介しつつ、思い出話をしていきます。
今回はSFCゲームの「ライブ・ア・ライブ」です。
画像をクリックすると、もう少し大きい画像が表示されます。


ライブアライブ

パッケージイラストに、スクウェアがはなつ、超RPG。というあおり、そしてゲーム画面がちりばめられています。
小学館作家さんたちのキャラデザインなので、当時はサンデーとかでコラボがあったりしたのでしょうか?(ジャンプとマガジンは読んでいたけどサンデーは読んでいなかったのです…)人気漫画家さんを使用するという豪華っぷりが話題でした。
舞台となる「世界」が主人公ごと、システムもそれぞれ違い、そして全てがひとつのエンディング(ラストは4パターンありますが)へつながるという、結構無茶なゲームです。が、このそれぞれ違う世界が一つにつながるときの興奮はたまりませんでした。…まぁ一番は中世編のストレイボウとお姫様へのアレですが。

裏は、各主人公のドット絵へ落とすSDキャラが書かれています。うん、FFチック。
個人的に大好きだったのは西部編。時間以内にワナを掛けて、そのワナの成功によって敵バトル人数が変わるというものでした。私、こういうワナかけゲーム大好きなんですね。うっしっし。(でも自分が掛かると泣く)
幕末編もどうやって100人斬り達成するのかと、色々悩みながらプレイしていました。0人斬りは性格にあっていないようで、1度しかプレイしていませんでした。(性格悪すぎる)原始編ののんびりしたトコも好きですよ。とフォローしておきます。

ライブアライブ裏




ライブ ア ライブ




にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2007年11月04日 ゲームチラシ トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する