レイクライシス ZUNTATA

レイシリーズ3作目、レイクライシスのオリジナルサントラです。サウンド担当はシリーズ続けてTAMAYOさんです。
ゲーム中サウンドはステージ全て共通に流れるため、1曲が長く作られています。そのためちょっと間延びしている感じもあったりします。

ストーリーの性か、曲タイトルもそうですが、より女性的なサウンドではないでしょうか? 女性の内面というか、心理的な動きを感じる曲たちだと思います。
「生命の風が吹く場所」では、ストームの時に感じた、浮遊感と古代文明風サウンドがより強くなっているかなと思います。サビ部分のちょっとした寂しさを感じるフレーズと、爽快感ある流れが気に入っています。

インナーには、レイクライシスをモチーフにしたZTTオリジナルストーリーが掲載されています。短編小説的なこのストーリー、読み終えた後は体が震えるほどの衝撃を受けました。ギャラストのストーリーもショックでしたが、このストーリーもかなり衝撃的でした。
でもゲームはいつもバッドエンドだったので(へっぽこシューターには侵食率を抑えるの無理~)このストーリーがどうなのかよく分からなかったりするのです。グッドエンドを見てみたいです…(PS版でもダメなへっぽこさですよ)

どことなく薄暗い感じのするBGMたちですが、エンディング「童話の消えた森」は、物語の終わりを切々と語るように流れます。レイシリーズのエンディングはどれも名曲ですね。

iTunesにて配信中です。
Raycrisis - ZUNTATA


RAYCRISIS (レイクライシス)




1.少女の行為はもう終わったのか
2.自分で撰んだ拷問
3.99%じゃ駄目だ、100%じゃなきゃ駄目なんだ
4.ラベンダーの咲く庭
5.生命の風が吹く場所
6.女の子にはセンチメンタルなんて感情はない
7.彼女の目的
8.ふたつの液体
9.司教は言った「それは奇跡じゃない」
10.聖母マリアよ、二人を何故別々に?
11.童話の消えた森
12.愛がたりない
13.童話の消えた森(complete version)


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2007年08月05日 CD紹介(タイトー) トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する