RAYSTORM ZUNTATA

ゲームも大人気でしたが、サウンドもまた大人気のレイシリーズ2作目「レイストーム」
サウンドはレイフォースと同じくTAMAYOさん。

レイフォースを進化させた透明感あふれるサウンドで、TAMAYOさんの目指す方向がしっかりと確立してきた頃でしょうか?
どこかふわふわとした浮遊感を感じるキレイめテクノサウンドで、ゲームを知らなくても聞きやすいかと思います。
レイフォースと比べて、ちょっぴりインカなどの古代文明風な音使いが印象的でした。テクノサウンドに、どこか古いのだけど民族的な郷愁とでも言うんでしょうか?そんなメロディが不思議に懐かしい思いになるのです。

ステージ1のGEOMETRIC CITYは、レイフォースのPENETRATIONとメロディの流れが同じでバックもほぼ同じなのは、続編らしい演出かなと思いました。でも、鼻唄でGEOMETRIC CITYをフンフン歌っていると、いつの間にかPENETRATIONに混ざってしまうのでした…(それは自分がへっぽこなだけ)

インナーはレイフォースと同じように、曲ごとのストーリーが書かれているので、これを読みながら曲を聴くとゲーム中とはまた違った見方になるかもしれません。また、ゲーム中資料も載っていて充実しています。

個人的お気に入りはやっぱりラストステージ~ラスボスの「HEART LAND~INTOLERANCE」深淵の中から響く「Theis is where you shell sleep~」のメッセージと荘厳なメロディにしびれました。
普通ラスボスのBGMって、敵の強さを前面に出す曲だと思うんですが、この曲は強さよりも絶望や自分の決心を感じるのです。そういったトコが気に入っているんですよね。

現在CDは廃盤になっていますがiTunesで配信しています。
Raystorm - ZUNTATA


レイストーム
レイストーム

1.CYCLOID (ATRACT DEMO)
2.ORIGIN (TROW A COIN)
3.OOPARTS (PLAYER SELECT)-full take
4.GEOMETRIC CITY (AREA1)
5. AQUARIUM(AREA2)
6. MUDDLING THROUGH (AREA3)
7. JUGGLER (BOSS1)
8. CATHARSIS (AREA4)
9. LUMINESCENCE (AREA5)-full take
10. METAPHAR (BOSS2)-full take
11. TOXOPLASMA (AREA6)
12. SLAUGHTER HOUR (AREA7)
13. MOLECULAR CLOCK (BOSS3)
14. HARD NUMBER (STAGE CLEAR)
15. HEART LAND (AREA8)
16. INTOLERANCE (LAST BOSS)
17. CERAMIC HEART (ENDING STAFF ROLL)
18. ENDLESS STAIRS (NAME ENTRY)
19. DEAD AIR (GAME OVER)

20. AQUARIUM (HAISHIMA ARANGE)
21. TOXOPLASMA (HAISHIMA ARRANGE)
22. Coeur de Ceramique
  (PIANO & QUARTET ARRANGE)
23. INTOLERANCE (ORCHESTRA ARRANGE)


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2007年07月28日 CD紹介(タイトー) トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する