カービィ25周年コンサート追加公演行ってきたよ(前編)


カービィコンサート

4月公演に外れて泣き崩れていたトコロの追加公演! 
せっかくだから! と、ドリームシートを再度申し込んだトコロ無事当選しまして! いやっほいと浮かれて参戦して来ました。
事前物販もキメて、終電にも間に合う時間に帰れて大安心。

千秋楽の公演は、ニコ生中継もあり、多くのファンが楽しめたんじゃないかなと思われます。コチラの放送は8月13日までチケット購入できるそうなので、今からでも買っておくといいと思います。
「2500円出せば実質無料(ドグ兄)」
1曲目のグランドオープニングと事前番組は無料で楽しめるよ。(ブルボン刺しとけに吹いたw)



ワクテカして席について開演を待っていたところ、1ベルが鳴ったんですが…これ、クリアダンスのアレンジ?(違う曲かな?)
マリオゼルダのコンサートの際にも、それぞれの作品の曲を使用したベルになっていまして、こういう細かいトコからの拘りって大変嬉しいモンです。

1曲目は初代から、「タイトル」と「グリーングリーンズ」。
シリーズ作品が色々と出る中、この2曲はシリーズお馴染というか、グリングリンは本当に色んなアレンジされているからね。分かりやすくも入りやすいトップであると思います。
ファンファーレ風のアレンジなので、原曲そのまま! ではないので、こういう方向性か~というのを納得しながら聞いていました。アレンジはほぼ酒井さんが行ったそうで(コンサートをやろうと言い出した責任も含めてらしい)、ピコっとして印象の強い楽曲たちをしっかりオケに落とし込んでと、原曲の良さを残しつつ、オーケストラならではなアレンジだと思います。
ほっすぃも凄かったんだけど、アレとはまた違う良さというか、公式としてのHAL研の本気を見た聞いた。

2曲目は夢の泉メドレー。レベル8から始まったから、こっからエンディングに行くのかな?と思わせて、途中に雲と海中ステージを挟んでエンディングという構成でした。全体的にふんわりとまとめて優しい1曲。夢の泉のパステルっぽい風景にこの優しさがピッタリなのかも。…プレイは割りと辛かったデス。

3曲目のデデデ&メタナイトがまたカッコよす! 演奏後にMCのみりんちゃんがデデデのフレーズを歌って「このフレーズのかっこよさよ…」と言ってたけど、それを聞いた私も「ワカル…」と勝手に頷いていました。「友と夕日と…」でシメる構成にちょっとウケつつ、渋くまとめてありました。
続けてのカービィ2仲間メドレィは、個人的にクーのテーマがカッコよかった! カスタネットの疾走感タマラン。原曲こんなだったっけ?と確認しなおしたら、メロそのままにオケで演奏するなら! というアレンジになっていたんですね… 実際のメロと変化ないのに、楽器を置き換えて雰囲気は同じというのは凄いことなんでしょうね。その分演奏が厳しそうだし。

カービィ3と64を繋げたのは、ゼロツーに繋げるためというのをパンフで見て、ああなるほど。そのゼロツー戦が静かに、段々と盛り上がってくる演奏になってて、再生される映像と共に鳥肌ものでした。(スクリーン上のプレイ映像がどれもまた良かったんですよ…) ボスらしい威厳と恐怖を持っての迫力素晴らしかった! 

1部ラストはスパデラ。スクリーン上の0%0%0%にちょっと笑いが起きる会場w 皆同じなw
皆大好きグルメレースはちょっと落ち着いた演奏ですが、あの低音の良さはそのまま、洞窟の雄大さへ、そして戦艦マップを挟んでVSマルクにエンディングと、短いながらもおいしいトコ満載であったと思います。マルクなんか、あの変拍子で激しい曲がゆったりしたリズムになることで、より一層オケ映えるアレンジされてて素晴らしかったです。全体的にアップテンポな曲ばかりだと思うんですけど、こうしてリズムを落としても良さそのままって凄いなぁ。それはゲームと元の音楽をしっかり分かっている酒井さんだからこそなのかもですけど。
今回どのボス曲も(基本人気曲だし)オケならでは!なアレンジで、原曲そのままではないのに、どれもがしっくりくるし、最高じゃね?という仕上がりだったと思います。本当良かった…



書いていたらすげぇ長くなったので一旦切ります。
後編に続く。(キートンボイス)

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2017年07月26日 イベント トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する