ART OF FIGHTING 龍虎の拳 外伝/SNK 新世界楽曲雑技団

龍虎外伝のサントラです。ワタクシ、何とコレはネオジオCD版をプレイしまして! そのローディング時間に泣いた記憶が大変強く、ゲーム的にいい印象がありませんでした。ゲームも全然変わっちゃったしね。だが物凄い龍虎感。何故だろう…

音楽は主人公がロバやんになったからか、タイトルからしてオシャンティ。時代というのもありますが、あの重苦しいベースが印象的だった1から、ここまで華やかになるとはかなりビックリです。2でもロバやんはオシャンティだったので、彼のイメージで行くとこういう都会的サウンドに近くなっていくのかもしれません。
そんなロバやん曲「MOJO」はジャズ風味というか、ちょっと格ゲーらしからぬ雰囲気で、生演奏したらもの凄くキマる曲だと思います。割とそういう「生演奏」の良い感覚があるのがオシャンティさなのかもしれません。
一方リョウのテーマ的な「GET HIGH」には、若干重いベースも入っており、華やかではあるけど、どことなく泥臭い部分も感じられる部分が良いかなと思います。KOFシリーズに近いポップさなんだけど、こちらはもうちょっと大人向けな雰囲気。

「GET HIGH」、「MOJO」は、同じ曲なんだけどバージョン(アレンジ)でかなり変化がありますが、結局はメインが一番気に入るのは仕方ないというか、それがメイン曲だから当然なのかな。ゲームで続けて聞いていると物語進行の変化と伴って、割と効果的であったんだと思います。ストーリー合間のマップ移動画面の「TRAVELLER」もリズムだけなのに、それが移動らしさを出しているのか結構好きです。
「CIHCO DE MAYO」なんか完全に背景曲(シーンの喧騒を表現している)であって、音楽としては全く違うものなのに、これがゲームにはピッタリなんです。サムスピの空気感を出すサウンドに近いけど、演出部分ではRPGとかに近くて面白いですね。ストーリーがしっかりしているし、結構こだわっていたのかな。
色々龍虎ってそういう演出部分が面白く、新しいものを導入してた(超必殺とか)のに、どれもが荒くて惜しい! だがそれがいい。というのが龍虎なのかなぁ… ちょっと自分でも何言っているかワカラン。

そしてやっぱり効果音とボイスを聞くと安心するというか、一番馴染みがあるあたり、結構ローディングにイライラしながらも遊んでいたのかも知れない。

「すごい漢だ」


龍虎外伝
ART OF FIGHTING
龍虎の拳 外伝



ORIGINAL VERSION
1.BACK FIGHT AGAIN(Theme Of Art Of Fighting)
2.PLAYER SELECT
3.HERE COMES A NEW CHALLENGER
4.START DEMO(1day~8day)
5.GET HIGH PRELUDE
6.GET HIGH(Theme Of RYO)
7.GET HIGH(Rare Groove Mix)
8.GET HIGH(B-Mix)
9.GET HIGH(Goa Trance)
10.ULTIMATE K.O.
11.CLEAR
12.TRAVELER
13.MOJO PRELUDE
14.MOJO(Theme of ROBERT)
15.MOJO(MOJO BOOGIE)
16.MOJO(MOJO RAMBLE)
17.STONE IN SANTANA(A Boss Groover)
18.CIHCO DE MAYO
19.MUZIKA JUNGLE PRELUDE
20.MUZIKA JUNGLE(Theme of ??)[Edition 1]
21.MUZIKA JUNGLE(Theme of ??)[Edition 2]
22.LIBERATION HALLUCINATION(Piano ver)
23.LIBERATION HALLUCINATION(Theme of FREIA)
24.CON-TIN-UE
25.GAME Over Over Over

VOICE & S.E
26.ROBERT GARCIA
27.RYO SAKAZAKI
28.KARMAN COLE
29.KASUMI TODOH
30.RODY BIRTS
31.LENNY CRESTON
32.WANG KOH SAN
33.JIN FUHA
34.?
35.??
36.ETC.
37.S.E.


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2017年06月26日 CD紹介(SNK) トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する