同じ曲を聞き比べてみると面白い

そんなわけで、なんとなく突然「FFのプレリュードでカルタやってみたら」とか言い出したので、シリーズそれぞれのプレリュードを聴き比べてみたところ、意外と…違いがハッキリあるね。ということで、その違いをメモであります。



FF1(FC版)はタイトル画面というか、電源入れてプロローグ文章が出るとこ「この世界は暗黒につつまれている~」で流れるのですが、唯一フェードインしてくるので分かりやすいのではないかと!
2(FC版)はハッキリ入ってくるので同じファミコンでも違うしキーも違う、3はエコー強めのループ終了間際にテンポがゆっくりになる。で、ファミコン音源であってもかなり違うことがハッキリ。

FF4(SFC)も若干フェードイン。けど、音がSFCなので弦(ハープ)っぽいのと、中盤からの展開が入り曲として異なるカンジ。
5(SFC)は4とまた違った(同じハープなんだけど)音、展開の音色が笛でなく金管っぽい。
6(SFC)はテンポゆっくりめ。展開はまた変わってコーラスと笛で、メロディもまた違うものに。

FF7(PS)は楽器の音でない電子っぽさはあるよね。展開部はオルガンっぽい。思えばこの展開部の楽器はシリーズの印象付けもあるね。
8(PS)はお馴染のメロディからではないのはプレリュードとして使われてないから。ということで一番の変り種。
9(PS)は原点回帰な部分も感じるハープ。展開は笛と金管でわりとゆったり。

10(PS2)お馴染のメロディからではないけど、途中からはコレだよね。になる。最初これプレリュードとは思わなかった…というくらいのアレンジ(というか、イントロの軽快さとかバックが入って色々イメージ変わりすぎぃ~)
11(どれも同じかなぁ?)は生っぽいキレイめハープオンリー。展開がなく終盤の変化が怖い。
12(PS2)お馴染のメロをコーラスとハープで。ループデモなので単体プレリュードではなく、フレーズを入れた曲という位置かも。

13のプレリュードは別物。

ということで、同じ曲と思っていても、それぞれが割りと違いが分かりやすくなっているため、しっかり聞き比べてみると曲ごとに印象も違ったりして面白いよ。というハナシなだけです。
ナンバリング以外にも使用されているので、それを含めてカルタいけると思いました!(やらない)



FEテーマや、ゼルダ、チョコボ、ギースとか、DQ序曲などなど、シリーズで同じ曲でもそれぞれ変化しているというのは多いので、それを聞き比べるのも面白いよ。

という休日を過ごしていました。
「遊ぶゲーム展」で展示されていた、アウトランのマジカルの移植音源聞き比べも面白かったので(移植音源のムリさとか)、そういう聞き比べ音源集みたいなのあってもいいかもね。GetWildみたいにw

※アウトランやアフターバーナー、ドラキュラ、グラディウスのボックス紹介はいつか…いつかやります

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2017年04月10日 ゲーム音楽 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する