ハコボーイ! 音楽全集

ハコボーイ! ハコづめBOXの封入特典CDです。
ハコボーイ3作まとめてのソフトとアミーボ、そしてこのサントラがセットになっています。ハコボーイ自体気になっててDLしてなかったので、コレ幸いとまとめて買えるしCDついているしで買いました!

ピアノが印象的なんだけど、不安げかつ宇宙の神秘をカンジさせる「しょうねんのきせき」。全くもって世界観とか知らなかったので、ちょっとビックリしました。画面に流れる風景もシンプル(白と黒の世界)なんですが、そこにちょこっとカラーが見えて、流れる曲と一緒にゆったり見ていると「この先はどうなるんだろう?」と、気になる曲です。コレがメインテーマ的なフレーズなんですかね。ところどころにモチーフとして使用されています。(それとも逆かな?)

そして本編に入ったトコで、ピコっとした音のタイトルが流れます。ハコボーイのシンプルなグラフィックらしい部分からの、こういうちょっと懐かしくも心地いい音使いは、分かりやすいといいますか、HALっぽい感覚がありますね。
その感覚のまま、ステージ1。シンプルに軽快なリズムと、伸びやかなメロ。思考型アクションゲームなので、手法を考えている邪魔にならず、聞き流せるサウンドなんですが、聞いているうちにその音が心地よくなってくる、トランス風味もあります。クリア時のファンファーレなんか凄い分かりやすい! けど、聞き続けていたらそんな展開が!? と、思う不安げなメロが入ったり、チャレンジステージは曲も難解に、考えそのままを表現した! という不思議な音とメロディ。

全体的にファミコンとは違うんですが、そんな感覚を思い起こさせるシンプルな音色と音数で、古くないのに懐かしさを思いおこさせるような曲たちです。じっくり考えながら(慌しいステージもあるけど)、進めるゲームなだけに、音自体はうるさくない、むしろ静かなんだけど、ピコっとした音が割りとインパクトをもって鳴るので、プレイ中はそんなに印象に残らなかったように感じた曲も、CD単独で聞いてみると意外と音楽を覚えているんですよ。この音を聞けばああ、みたいな。
クセになる音楽ってそういうものなのかもしれませんね。

ゲーム自体もじっくりと脳みそコネコネ系で楽しいよ! 王冠取れずにクリアしちゃうの悔しいww


ハコボーイ! ハコづめBOX



ハコボーイ!音楽全集

ハコボーイ! ハコづめBOX
1.しょうねんのきせき

ハコボーイ!
2.サウンドロゴ
3.タイトル
4.ステージその1
5.ワールドマップ
6.たびのはじまり
7.ステージその2
8.クリアー!
9.わくわくショッピング
10.ザ・チャレンジ!
11.チャレンジ失敗…
12.ステージその3
13.エクストラステージ
14.たびのおわり
15.スタッフクレジット

ハコボーイ! もうひとハコ
16.サウンドロゴ
17.プラネトロンの力
18.ワールドマップ
19.ステージその1
20.ステージその2
21.めざめのとき

さよなら! ハコボーイ!
22.サウンドロゴ
23.タイトル
24.ぼくらのハコシップ
25.あの星をめざして
26.ワールドマップ
27.ステージその1
28.その名はハコパワー
29.ハコビトの力
30.ステージその2
31.モヤモヤのなかへ
32.ステージその3
33.さよならキュービィ

ハコボーイ! ハコづめBOX
34.サウンドロゴ


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2017年03月08日 CD紹介(任天堂) トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する