演奏会における内輪ノリが分からない人間がチラ裏してみる

「ゲーム音楽の演奏会に色々行ってみたけど、宴会、内輪ノリ、閉鎖的な空間」に疲れちゃって、遠慮しがちになっちゃう。

そんなツイートが回ってきました。
正直、ちょっとビックリしたのでチラ裏をば。

チラ裏です。


個人的な考えですが、演奏会ってプロアマ問わず「相性」というものがあると思っています。
無料のアマだからダメ、高額の公式プロオケだからイイ。そんなことは無いと思っています。

その相性は行ってみないと分からない部分もありますが、告知だけで十分「ココはアタシには向かねぇ」と感じるトコもあります。
行ってダメだった、というトコは次回以降(よっぽどの演目で無い限り)行かなくなります。
その告知でダマされた! と思う時は、アレよ、同人誌で表紙にダマされた!! くらいの気持ちです。

内輪ウケ的な盛り上がりについては、個人的には「仲いいなぁ」と思うだけで、自分が疎外されるような感覚は別にないです。ただ、捉え方の違いで、それが嫌だなと思われる方もいらっしゃるのでしょう。
閉演後に奏者さんたちがロビーに出て、お知り合いの方々とトークされている様子も別に気にしてないです。むしろ「あなたの演奏素晴らしかった!!!!」と言いに行きたいw(これ、初見の人間が言いに行っていいものかワカランので、その思いはだいたいアンケに記入してます)
閉鎖的空間というのがどういうのを指しているのか、イマイチ汲み取れないのですが、常連だけ盛り上がっていて、一見さんお断りな雰囲気みたいなのを指しているとしたら、その常連になろうと思わない時点で来るべきでないのかも。ライブ系なんかコール含めてそういう部分が強いし、それでもオレは行って聞きたい! くらいの熱意がないとダメなんじゃないでしょうか。一緒に楽しもう!という気持ちがないとドコへ行ってもダメなんじゃないかなと思っています。

何ていいますか、演奏会に対して「客」として行く感覚があるとダメなんじゃないかな…
前にもどっかで記載していいたと思いますが、「客」ではなく「同士」であるべきなのかと。
コミケがそうですが、来る人は皆、サークルも一般も参加者という立場であり、「コミケ」というものを楽しむ努力をしていると思うんですね。演奏会もそういうものであると自分は思っています。

アマオケなんかは基本的に「自分達が好きなものを演奏したい!」だと思うんですね。だからこそ、観客も同じに「その曲が好き」という気持ちを持っていけば楽しめるんじゃないかなぁ… 好きなものを共有するという気持ちは「客」ではなく「同士」なんですよ。「オレの代わりに演奏してくれた!」くらいに思っています。

いわゆる「ブラボー係」が嫌なので、ソレがあるディスタンス&BRABRAには行かなくなりました(正直今度のアーパパに悩んでいる)。これも相性だと思います。喜んで言っている方もいらっしゃるからね。それは「参加する」のが楽しいんだと思っています。
でもぶっちゃけ本当にコレこそが一番「内輪ウケ」していると感じるトコだなぁw 固定ファンが演奏をじっくり聞かせず、演奏終了した途端余韻も与えずに「ブラボー!」言っちゃうし、演奏中に色々話しているしなぁ…

その辺りは観客のマナーに対してなんですが、そういう観客が多いのが正直「公式の高額なコンサート」なんですよ。こういう演奏会自体に慣れていないのか、写真はバンバン撮るし、お喋りも多いし、注意したところで聞いてくれないし…(スタッフにお願いしてもダメだった時もあったくらい) むしろアマオケに来られる方が演奏会慣れしているからマナーに敏感な気がするw

コアな演目でもないFFで自分が感じるだもん。だから結局のトコ相性なんですよ。内容とかではなく、その演目、演奏、舞台への相性。
宴会に関しては、食べれない、飲めない人間なのでそもそも行かないからわかんない。会社の打ち上げとかは参加するけど普通に楽しんでるよ。ソフトドリンクだけどな! わざわざアタシの為に牛肉じゃないメニューを選んでくれてスマンと思うくらいよ。

色んな演奏会、ライブ、フェス、パーティなどなど、ぼっちで行っている人間ですが(相方が興味ある演奏会は一緒に行くけど)、あんまりそういう「閉鎖的」な感じを受けたことが無かったので、本当にこんな意見もあるんだなぁとビックリしたんですよ。

そして何一つ結論が出てないという、チラ裏的な利用でした。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2017年03月03日 日記 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する