II魂リサイクル演奏会2に行ってきたよ(前編)


II魂 リサイクル演奏会2

2016年のクリスマスに行われた「II魂 リサイクル演奏会2」に行って来ました。
II魂さんは毎回天候が荒れる傾向だったので、今回は正直雪になると思ってた。(スマナイ)
だけど予想に反しての素晴らしい天気! いや~良かった。本当に良かった…(さらにスマナイ)

2016年内に仕上げる予定だったのに、オシオシで正月も終わってのタイミングでスイマセン。
さらに前後編と分けることに…


今回のリサイクル演奏会2では、パンフ記載の曲目があいうえお順となっており、プログラム順ではなかったのですが、ラストに魂長さんが「曲順プログラムあげるよ~」とおっしゃってくださり! これ幸いと頂いてきました。ありがとうございます。
コレ曲順プログラムというか、きちっとタイムスケジュールが記載されているもので、だいたいの時間が把握できるようになっているものでした。今回なんとびっくりの演奏時間3時間越え! いつもは2部構成だったのも3部構成で、リサイクル感満載の演奏会でありました。

最初はファイナルファンタジータクティクスアドバンスの「雪舞う校庭」。
ゲームの1面というか最初のステージにあたる曲で、学校での雪合戦でチュートリアルっぽくしているシーンであります。「雪」のキーワードとなるシャンシャンという鈴の音に、冷たい風のフルート。クリスマスだからということでのトップ演目であったそうですが、なるほどその雰囲気ありますよね。
前にも聞いたこの曲ですが、すげぇ上手くなってる!!! と驚き。ループ終盤に入るホルンもキマってて、以前よりも数段上手になっていたと思います。休憩入った際に相方も「全然披露宴の出し物レベルじゃなくなった」と絶賛しておりました。

2曲目は暴れん坊天狗。あのカルトなゲームです。あんなイカれたゲームのあのイカれた曲を演奏するなんて…というトコがII魂さんなんでしょうな。(これ以上にイカれたゲームも演奏しておりますが) 「Tengurila」のあの無茶さを演奏するのがビビるよ…
クリスマスで繋ごうと、真っ赤なお鼻の天狗の曲という説明で思わず吹いてしまったw 

シューティング繋がりということで「ダライアス」。プレスタでは「オーケストラ風」にアレンジされたものでしたが、ココでは本気のそのまま再現演奏に驚き! コイン投入音大事(ばび~さんも言ってたし)よね。からのCaptain NEOのエコー(ディレイ)を物理的にやる力技にビビり、 WARNINGのあの不協和音からのBOSS1に圧倒。座席にボディソニックが入っているかと思うくらいにケツがむずむずしました! まずコントラバスで緊張感ある重厚な低音がズンズンと来てからパーカッションが入り、フルート単独でメロを吹いてと、余計な音一切ナシの再現素晴らしかった… BOSS7の低音にもケツがむずむず。これ絶対プレイしたことある人は「なんかケツがむずむずする」って思ったハズ。今まで見る、聞くでゲームを再現するというのはあったけど、感覚まで再現するのは初めての体験でした…凄かった。

ラスマゲバトルは前回もそうでしたが、ハンドクラップをちゃんとハンドクラップしているのにビビる。打つには難しいと思うんですが、パーカッショニストにはチョロいんでしょうか…?(パーカス以外の方も打ってたけど) これをちゃんと打つということは、きっとスキームとか演奏するときにも打ってくれるハズ!(こっそりリクエスト。X68ボスコでもいい。こしろん率高いからきっといつか…!)
戦闘曲らしくスピーディな展開に、三味線が入ることでちょっとアジアンテイストなのが面白い。

鬼太郎はとにかくシュールw アニメOPをアレンジした曲なんだけど、それぞれちょこっと雰囲気を変えて使われています。OP~三味線ソロによるマップ、弦の突入ジングル、そして延々続く短いアクション面w 完全再現な演奏なだけに物凄くシュールwww ジングルがマップ曲をぶった切るように入る再現がまた上手すぎる! そしてだからこそ生まれるこのシュールさ。 見事としか言えません。

FFCCでは構成を代えての演奏。疾走感あるカホン良かったなぁ~ そしてリコーダーコーラスの心地良さ! FFCCってアコースティックな曲が多いので、あんまりオーケストラで演奏するのも難しいんだろうなぁと思うトコなので、II魂さんならではの編成での演目であったように思います。FFTAの時も思うんだけど、FFCCって他で演奏したの聴かないよね…(GAMEバンドさんがプレコンでやってくれたくらい…?) 人気ある作品だと思っていたんですが、相方曰く「いや全然人気ない」と。アレ…?

かこむん蛇は以前も聞いたけど、ループ長いからこその色んなメロディが繋がっている部分が変わってて不思議な曲だと思います。和風なようでそうでもなかったりな。あのおちゃらかなフレーズが耳に残りすぎる。ループ直前の音が途切れる再現は、「細かすぎて伝わらない」選手権だと思います… 

1部ラストは「カエルの為に鐘は鳴る」。組曲仕上げでほぼ全曲とりあげていると思われます。プロジェクターに映し出されたパスワード画面で「ニシハ」王子なのも前回と同じくw カエルには2種のモチーフフレーズが使用されているということで、パンフにその楽譜が記載されています。前回もそうだけど、こうして記載されていると説明として分かりやすくていいね。
散々プレイしたゲームなので、「そうコレコレ」と聞いていました。港でのオーシャンドラムの海感素晴らしいね。デラーリン戦前の緊張感からのエンディングのハッピーさが開放感あってよかったです。割とゲームらしい音使いな曲たちなんだけど、それを完全に楽器で再現できているのは音の割り振りが良かったのかな? アレンジの上手さもあると思うんですが、基本的にゲームの音を崩さずに演奏している姿が素晴らしいと思うのです。

休憩入っての2部。
火の鳥は三味線も入って和の雰囲気を醸し出しているんだけど、改めて聞くとすげぇコナミ。というかドラキュラ。絹代さんらしい曲だよなぁ…(マイケルさん曲かもしれない) ほぼ全曲を演奏してたと思いますが、2周目からのゲームオーバーで終わるカンジがII魂さんらしい。

コナミ繋がりのグラディウス2。「グラつ~」じゃなく、「グラに」といわないとMSX警察出ます。正直最初の空中戦聞いて「はああああああ!」と感激のあまりに伏せった。嬉しかった。他では絶対聞けない演目であると思っていますが(これ以外の曲も大概そうだけど)、要塞シーンからのラストシーンまでの重くも切ないメロディがキレイすぎて素晴らしかったです。

その後が「コナミに吸収されたハドソン」追悼ということでのメドレー。色んな曲をちょこちょこっと演奏していたんですが、スターフォースの演奏を聴いて「こんなに増子感あったんだ…」と、実感できました。演奏で改めて実感するって火の鳥の時もそうですが、音楽に集中できるからこそなのかもですね。あとはロードランナーとナッツ&ミルクが嬉しかったかな。FCBさんでもメドレイやってくれましたが、そっちとはかぶってたりかぶってなかったりの選曲でお得?

ハドソン繋がりでの「ドラえもん 迷宮大作戦」。未プレイなのでステージ横に映し出されているプロジェクターが凄く参考になりました。ゲーム的には平安京エイリアンですかね。お馴染のアニメ曲のアレンジではありますが、「とっても大好き~」の部分のリフレインのインパクト。なんでこういうクセのある曲を好むんですかねII魂さんは! さすが選曲を選んでいないだけのことはあります。
そういえば、今回のリサイクルにあたっての選曲はさすがに選んだと思うんですが、皆がやりたい曲を挙げたからのボリュームなんでしょうか…?

2部ラストは世界樹II。4層桜の三味線合わせての演奏がとても可憐で素敵でした。IIはまだFMでの音だったから、アンサンブル形式の方がしっくりくるのかもですね。1層はシリーズ定番に近い静かな緑の森、4層の花吹雪、5層の煌きに満ちた不思議に懐かしいメロディと、大好きゲーム(でもIIは本当に辛かった)なだけにコレコレと画面を思い描ける曲達です。ラストバトルからのエンディングの爽快感! 青空を見上げるかのような気持ちよさそのままに、心地いい開放感を持っての演奏素晴らしかったです。ラストバトルが重かっただけに、ココでのハッピー感が全ての救済になる感覚がよかったんですよ。

3部とクリア後は後編にて。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2017年01月10日 イベント トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する