真田丸完走お疲れちゃんでした

ワタクシ、大河クラスタなわけですが!
今年2016年大河ドラマ「真田丸」、大変面白かったです。

ツイッターで色んな見解、考察を見て、そこから色々とまた考えるのも楽しかった日々。
昨年の花燃ゆは反省会だったのに…

序盤は「これはドラマとして面白いけど、大河ではないなぁ」と思っていたりしました。
背景考証などはしっかりしていると思いましたが、どうにも三谷色が強くてね~
コミカルな場面が多すぎたのも正直馴染めなかったり。

とはいえ、こうして完走して「良かったなぁ」と思える作品でした。

ラストバトルでテーマ曲が流れた際には震えました。
ゲームでも多々ある演出でありますが、ドラマでも素晴らしい演出ですなぁ…
ラストバトルにメインテーマが使われている作品についてはもっとやっていいな

「築城」(だっただろうか?)で、
「決まっておる。真田丸よ」
のセリフの後にOPが差し込まれる演出も素晴らしかった。

こう…盛り上げポイントがちゃんと盛り上がるというのが、ドラマ制作として上手かったんだと思います。
そしてそのポイントで、多くの視聴者がアレコレ言いつつ、皆で楽しめる時間。その共有がドラマと一緒に楽しかったんですなぁ…
これからあの時間にツイッターでワイワイと色んな意見を見ることが出来なくなるのが寂しい。

どのキャラクターも大変魅力的でありました。
ラスボスである家康も敵ではありますが、大変憎めないキャラでありました。内野さんの演技素晴らしかったよ。
近藤さんの正信のクセ者っぷりも大変らしくて良かった。

個人的に直江は天地人の時よりも、今回の方が史実に近かったのではないかと思っております。
村上さんの読み上げる直江状最高すぎる。めっちゃ煽っている感がイイw

そして何より昌幸。草刈さんは当たり役でありました。

出てきた皆が生き生きとその時代を生き抜いてきた映像として、
ドラマとして歴史を俯瞰して楽しめた作品でした。

いや本当楽しかったよ。
直虎はどうなるかな…?



NHK大河ドラマ「真田丸」オリジナル・サウンドトラック 音楽:服部?之




にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2016年12月19日 日記 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する