サガオケ2016東京公演に行ってきたよ


サガオケ! The Orchestral SaGa -Legend of Music-




サガオーケストラコンサート2016東京公演の昼の部へ行って来ました。
大阪公演待ちの方には演目ネタばれるゴメンね。

どうでもいい感想:
・イトケンは安定の黒
・そしてトーク調子にノリすぎ
・だから公式で注意されていたんだなw



実はワタクシ、サガオケサントラを購入してない原曲至上主義人間だったりします。
なので、実は行って楽しめるか不安だったりしてました!

が! 
結果行って良かったと思っております。

トップのサガメドレー、しょっぱなの「伝説は始まる」(魔界塔士だから「プロローグ」か)だけで、来て良かった…と思えるくらいでした。シリーズをなぞりつつ、振り返りつつのメドレーで、トップらしいセレクトだと思います。

そしてGBサガ3作から。2曲目の「世界への帰還」、「時空の旅人」は、CDに入ってないのでコンサートのための書き下ろしかと思われます。ちゃんとシリーズをしっかりやろう! ということでの1と3単独の楽曲を作ってくれたみたいで嬉しいですねコレ。ただ涙を拭いてが2回流れた(と思った。死闘の果てにもラストで流れた)ので、同じ曲ではないものを使用して欲しかったなと贅沢な注文。

それからロマサガは3作まとめてなんですね。全部イトケンだし、CDもそうなっているからそうするしか。か? ミンサガも一緒にまとめてドーン! なので、イトケン組曲的な考えなのかもしれません。
そしてココが凄く熱かった… プロなので、もちろん安定した演奏ではあったんだけど、それでも「頑張れ…!」と思ってしまうくらいの無茶な演奏。アレなの? ロマサガを演奏する際には「七英雄やったら四魔貴族だよね。1やったら2もだよね。そしたらラストバトルもだよね」byリトルジャックオーケストラ な流れなの!? 凄くうれしかったw 金管は本当にきつそうでした…
ただ思ったのは、ドラムが浮いているというか、サントラ試聴したらそっちもだからこういうモノなのかもですが、オーケストラと合わさってないように感じて、もうちょっと音が違う方が(ロックドラムじゃなかったんだろうか?)良かったんじゃないかなと。

昨年のリトルジャックでのドラムの融合が素晴らしかっただけに、そこが凄く気になりました。だけども曲としての迫力は十分に感じられ、好きな曲だけに気持ちも物凄く高ぶりました。イトケン曲ってクサいんですよ。それがオケになってもそのまま(アレンジとして原曲に近いからなのかもだけど)なのも面白いw

ここで1部終了、間に挟まれたトークも割りと軽く、進行の時間を気にしているようなのはちょっと残念かな。
植松さんと河津神のセットというのも珍しいんじゃないかしら? 植松さんが「FFは色々と演奏していますが、サガはこれが初」とコメントされて、もっとやってええんじゃよ…! と聞いていました。GB時代の開発風景のハナシなど、FFの時とは違うコメントで面白かったです。多分GBの開発って10人いるかいないかくらいだったんだと思うんですよ。だからこそのチームワークの良さってのはあると思いますね。
そしてサガ3での藤岡さん、笹井さん。このお二人の生は初めて! で、藤岡さんがほぼ指揮をしてたということで、なるほどだから河津色が薄いのか…と分かりました(というか、スクウェア大阪開発は元々のメンバーを考えたら当然か)。
イトケンは…いつもの調子でした!(安定の黒い服)

2部はサガフロから。「Battle #4」好きすぎるじゃろ…と自分でも思うくらい好きだったw イントロを聞いてガタッ! こういうティンパニがゴンゴン言わす曲が好き(暁の戦士が至高)なんじゃな…と聞いていました。
そしてサガフロ2。実はオーケストラには向いていないと思っていたんですよ! 思っていたけど演目の中では一番オケに映えてたんじゃないかと思います。「Vorspiel」のフレーズ懐かしい… 「Präludium」の鮮やかな幕開けも、オーケストラの演奏でより華やかに、浜渦曲の華やかさと可憐さをしっかり出していたと思います。サガフロ2そんなに好きだったか…(好きです)
続いてのシュラハトメドレィは、同じフレーズが様々に変化していくのをメドレーにすることで楽しめるのがいいですね。イントロが入るからそこで区切れるんですが、1のイントロパーカッションが心地よかった…! 
そして個人的にアンサガがちゃんと演目に入ってて嬉しいw いろいろと不遇な作品ですが、これまたオケ映えしてて、曲の良さ、華やかさを実感しました。浜渦曲ってあんまり取り上げられないので新鮮でもありました。
演奏後のトークで、浜渦さんはゲストにいらっしゃらなかったものの、コメントが読み上げられ、「ファンの方にぐいぐい押されて」というところで「ゆけさんかな?」と思うくらいに、私の中での彼女はそうです。(スマン)

ここで最新作、スカーレットグレイスから2曲。スカーレットだから「緋色」なんですな。
エンディングを発売前に披露しちゃうというのも凄い話ですが、ボーカルの野々村さんの歌声が素晴らしかった…! 曲としてはオケ風味の「心のたからばこ」っぽいな。という感想でしたが、野々村さんの圧倒的声量での訴えるような歌声が凄く心に響いて、まだ全然知らない曲なのに、ジーンときました。
野々村さん起用について、イトケンが甲子園で君が代を歌う彼女を動画でみて、それで「コレだー!!!」って来て押しまくったということです。この時のトークのイトケンの必死さが面白すぎたw

そしていよいよラスト! のバトルメドレー。…なんで最後までそんなダメージ受けるような選曲なの?と思ったものの、いきなり怒闘でガタッ! ロマサガ3のバトル2も嬉しかった。さらにはインサガ「全軍突撃!」で、本当にシリーズバトルをフルに演奏しきった気迫、金管死にそう…頑張れ!と、ここでも思わず応援を送ってしまいました。
オケ向きではないだろうし、演奏するにも厳しいと思われる楽曲たちを、本気で演奏してくれたことに感謝であります。

アンコールはロマサガ2オープニングタイトル。これは割りとサラっと終わってしまって、正直ちょっと物足りないカンジでありました。これだけで終わってしまったのも(他でたくさんやってくれるからなのかもだけど)残念でした。贅沢になったものよのぅ…(スイマセン) 曲自体、他のメドレーなどに組み込まれているので、同じ曲よりもどうせなら違う曲をと思ってしまいます。

他、基本的にメドレーであるためなんでしょうけど、割りと曲としてみるとまとまりがない曲も多かったように思うのです。アレンジが強くでていないため、私のような原曲至上主義が聞いても聞きやすい部分ではあると思いますが、それでも曲の繋がりがどうだろう?という(バトルメドレーとかならそれでもわかるけど)、なぜこの曲を選んだ?と疑問に思う部分もあったりしてまして、何でもオケにすればいいもんでもないと思うのでした。
トークもオシオシで短く、せっかくの公式なのだから、色々もっと開発時のハナシとか聞きたかったです。ゲストの人数の多さもあるだろうし、昼夜公演という時間の制約もあったとは思いますが、ファンとしてはやっぱ開発者さんのコメントを直接聞けるってのは楽しみの一つなんですよ… 

それでも是非またサガオケ! ではなくても、ファンイベントをやっていただけたらなぁと思います。
何だかんだで本当、楽しく、嬉しい公演でした。

FFCCシリーズコンサートも願う!!




第1部
1.魔界吟遊詩 -サガシリーズメドレー2016
2.世界への帰還 -エピローグ from 魔界塔士サ・ガ
3.父の背中を追って -バトルメドレー from サ・ガ2 秘宝伝説
4.時空の旅人 -フィールドメドレー from 時空の覇者サ・ガ3
5.試される決意 -最終試練 from ロマンシング サガ -ミンストレルソング~皇帝出陣 from ロマンシング サ・ガ2メドレー
6.最強の栄光 -バトル2~七英雄~四魔貴族バトルメドレー from ロマンシング サ・ガ1~3
7.戻れない道程 -ラストダンジョンメドレー from ロマンシング サ・ガ1~3
8.最終決戦! -ラストバトルメドレー from ロマンシング サ・ガ1~3

第2部
9.戦闘領域 -バトルメドレー from サガ フロンティア
10.妖魔の夢 -アセルスメドレー from サガ フロンティア
11.時代の幕開け -オープニングメドレー from サガ フロンティア2
12.戦いの日々 -ノーマルバトルメドレー from サガ フロンティア2
13.限界の向こうに -アンリミテッド:サガメドレー
14.緋色の邪星 from サガ スカーレットグレイス
15.胸に刻んで from サガ スカーレットグレイス
16.これがいきもののサガか -サガバトルメドレー

アンコール
オープニングタイトル from ロマンシング サ・ガ2


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2016年12月01日 イベント トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する