DARIUSBURST ANOTHER CHRONICLE ORIGINAL SOUND TRACK ZUNTATA

アーケード版ダライアスバースト、「ダライアスバースト アナザークロニクル」のサウンドトラックです。AC(アーケード)と思わせての「アナザークロニクル」って読ますのいいよね。この後SP、CSと、ダブルネーミングも続いていきます。

PSP版ダラバーと異なり、主人公はリーガさんやTi2ちゃんと違う、エースパイロットではない「名も無きパイロット」。そう、プレイヤー自身が銀鷹のパイロットとなって進んでいく戦いになっています。
その戦いを導く女神の歌。それが「組曲光導」として、最初から最後まで通して流れるという演出になっています。ジャケットも多分その女神様と4機の「鷹」と、相変わらずゲーム以外でも深いよ…

鉄の化石ではゆっくりと囁くような声だったのが、 稲妻と剣では荒々しく時に鼓舞するように、合間のゾーン選択で一瞬の安らぎを与え、最後の暴君で破壊を印象付けるような重いギター、そこに戦う前の恐怖をやわらげるかのような声、そして最後の戦いは勇気をくれるような強さ、敵と自分の力がぶつかり合う! 宇宙の彼方、深淵の底で光となって戦う、そんな姿が見える(作曲者に言わせたらそんなことは無いのかもだけど)、シーンごとによって印象が変化していく「組曲光導」の完成度の高さが素晴らしい。
エンディングの「導き」は、全てが終わった後の安らぎ(休息ではない)を、音楽を聴くだけでも与えてくれるよ。

トラック分けこそされていますが、基本的に全部で1曲と自分は思っています。それこそ組曲だからなのかもね。ゲームで「光導ルート」として作られているからこその、続けて聞かせる、続けて流せることでのテーマ性の高さなのだと思います。

バリオンアレンジは割りと素直にバリオン。もちっと変化球にしても良かったんじゃないかなと思うけどね。
とにかく光導を聞こう。フロアアレンジ版も心地良いよ!


ダライアスバースト アナザークロニクル オリジナルサウンドトラック




1.組曲光導 第一曲 鉄の化石
2.組曲光導 第二曲 靄
3.組曲光導 第三曲 稲妻と剣
4.組曲光導 第四曲 霞
5.組曲光導 第五曲 暴君
6.組曲光導 第六曲 導き
7.Chronograph
8.Abyssal Dependence
9.Syvalion Arrange GOLD
10.DBAC Jingles
11.KOHDO Floor Version


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2016年11月16日 CD紹介(タイトー) トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する