THUNDER ZONE/DATA EAST GAMADELIC

データーイーストの全方位シューティング。自機がプレイヤー(人間)で、色んな方向から来る敵をガンガン撃って撃って撃ちまくれ! っていうゲームです。怒とか、戦場の狼とかあんなカンジ。(たとえも古くてゴメン)

男くさくも派手な演出と脱力ギャグという、いかにもなDECOな「アツクテシヌゼ」を地で行くゲーム、そのゲーム(ブラッディウルフ)の続編だから当然ですか。
そして曲もまたアツイ! アツクテシヌゼ! なのです。
もうとにかくメイン曲である「オペレーションサンダーゾーン」の熱さ、カッコよさ。唸るギターに誰もがシビレるハズ! それ以外の曲ももちろん良いんですよ! 「熱き友情」は爽やかなメロが気持ちいい! 「アイ・アム・ナンバーワン」のHIPHOPなリズムも心地いい。「真夜中のダンサー」のちょっとファンタジックなメロの不思議さ。と、アツイだけじゃないのに盛り上がる! 
なんていうか、爽快感が凄くあるんですね。一般的なシューティングらしい爽快感とは(風は全く感じないw)違うけど、シャキっとした心地よさがあるんです。曲の勢いの良さ、スピード感がそう思わせるのかも。
アツくてもただ「アツイ」だけでない、キメがしっかりしてて聞きやすい。そして、どの曲も思わず縦振りでガンガンとノレる曲で、聞いて元気になってくるトコがお気に入りです。

アレンジは打ち込みナシのバンド生演奏バージョン。原曲の熱さそのままに、よりカッコよく派手に、かつ分かりやすいパワーアップ型なので、ゲームが好きならスンナリ聞けるハズ。アレンジならではの聞かせどころもキマってて、ゲーデリの美味しいトコをしっかり堪能できると思います。
アルバム全体としては、収録時間が短いけど(ちゃんと2ループ収録)、アツイ曲たちだからこれくらいでいいのかも。


サンダーゾーン
THUNDER ZONE


ARRANGE VERSION
1.OPERATIONS THUNDER ZONE

ORIGINAL VERSION
2.ショータイム お楽しみは、これからだ!
  ~オペレーションサンダーゾーン~俺にまかせろ!
  ~ざっと、こんなもんよ!
3.熱き友情~アイ・アム・ナンバーワン
4.真夜中のダンサー~こいつは、やばいぜ!!
5.撃って、撃って、撃ちまくれ!~デンジャラスな午後
6.前進あるのみ!~地獄で泣きな!
7.そして男達は、魚になった…~ショータイム お楽しみは、終わりだ!
8.VOICE COLLECTION


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2016年07月08日 CD紹介(DECO) トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する