ファイナルファンタジーX-2 オリジナル・サウンドトラック

FF10の続編である、10-2のサウンドトラックです。曲は植松さんではなく、松枝賀子さん、江口貴勅さんのお二人となります。
CDが悪名高いCCCDでの発売となっており、何ていうかこう…そこもあってあんまり聞かれない曲というかサントラになったんじゃないかなと思う部分もあったりします。
個人的にCDプレイヤーが壊れた原因コレじゃね? って思っています… また、現在は普通のCD盤での販売となっています…クヤシス。

FF10の世界その後のお話ですが、曲の雰囲気も(ゲームも随分雰囲気変わったから…)変化しています。
OPの「久遠~光と波の記憶~」はピアノメインの曲でありつつも、歌えるようにメロがしっかりしたものであり(ボーカル想定の曲だったらしいし、その後アレンジとして歌われています)、優しいメロディが、前向きに進んでいくスピラの人々を描いているかのようです。

だがその後のギャップが激しいw 
FF10もそんなに「ファンタジー」では無かったですが、こっちは本当に現代風というか、ゲームらしくない曲たちなので、ゲーム内容も相まって「これは…FFじゃあないなぁ…」と思った自分ですゴメン。
とはいえ、多分に10-2サウンドが目指したのは、都市型サウンドというか、一般的な「ゲームではない」曲だと思うので、こういうアプローチが正解なのだろうね。
「ビサイド」、「キーリカ」などはキレイめなピアノサウンドで、オシャレなんだけど、その背景の雰囲気もあって心地いいよ! 
ゲーム音楽という、今までのFFのアプローチとは異なる、背景型(空気を表現するかのようなBGM)なサウンドへの移行時期だったのかも。

それでも「お熱いのをくれてやるよ」(三味線がカッコイイ)みたいな分かりやすい、ゲームらしい曲もあるし、植松FFとは違う、新しい「ゲーム音楽」を感じるサントラだと思います。割といい曲多いよ!


FINAL FANTASY X-2 Original Soundtrack (CCCD)




Disc 1
1.久遠~光と波の記憶~
2.real Emotion(FFX-2 Mix)
3.ユリパ ファイト No.1
4.ユウナのテーマ
5.ユリパ ファイト No.2
6.ミッションコンプリート
7.スフィアハンター・カモメ団
8.ミッションスタート
9.ガガゼト山
10.ユリパ ファイト No.3
11.ゲームオーバー
12.ルブラン様はなんでもアリ!
13.お熱いのをくれてやるよ
14.シューインのテーマ
15.ビサイド
16.キーリカ
17.ルカ
18.ミヘン街道
19.キノコ岩街道
20.青年同盟
21.マキナ派
22.グアドサラム
23.雷平原
24.マカラーニャの森
25.ビーカネル砂漠
26.新エボン党
27.ナギ平原
28.ザナルカンド遺跡
29.スフィアハンター
30.寺院
31.緊迫

Disc 2
1.カモメ団マーチ
2.大いなる存在
3.おやすみ
4.不安
5.潜入! ルブランのアジト
6.リュックのテーマ
7.チョコボ
8.パインのテーマ
9.ベベルの秘密
10.アンダーベベル
11.ユウナのバラード
12.お助け屋カモメ団
13.オラたちのデバンだなや
14.迷宮
15.混乱
16.召喚獣
17.異界の深淵
18.久遠~楽団員さんの演奏~
19.1000の言葉(FFX-2 Mix)
20.洞窟の悪夢
21.アカギ隊
22.ヴェグナガン起動
23.激突
24.死闘
25.破滅
26.終焉
27.1000の言葉 Piano Version~時を越えた想い~
28.エンディング~また会う日まで~
29.1000の言葉 Orchestra Version
30.エピローグ~再会~


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2016年03月28日 CD紹介(スクウェア) トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する