ジブリサウンドを演奏する「Orchestra Valse Vol.5」に行ってきたよ


オーケストラバルス5

3月20日に開催された、Orchestra Valse Vol.5に行ってきました。
バルスは第1回からずっと行きたくてタマランかったのですが、今まで日程がダメだったりチケット取れなかったりで、今回初めて行くことができました! 
渋谷オーチャードと行きなれた会場だったのも個人的にうれしい!
あと、渋谷の食事はココを使っています。オススメなので行ってみてね。

サクっと書くハズだったのに、意外と長くなってしまったので続きからで…
これでも実はまだ書き足りないくらいの充実でした。


そんなわけで初バルス。
どんなカンジなのかな~とワクテカしての第一部は、井上あずみさん登場からの「さんぽ」。そしてその後、井上さんが椅子に座られてのナレーションと、曲を演奏しながら、ナレーションでお話を語り、物語を繋いでいく。そういう形なのですね。
じ、実はトトロはあまり好きな作品ではなく(何回も見ているけど)、引っ越してきたのが5月だとは全く知らなかったりしまして! あずみさんのナレーションで「そうだったのか!」と知るというな… 本当にスイマセン…

駆け足で、「忙しい人のためのトトロ」といった風に終わってしまったけど、あずみさんの優しい語りと、印象的なシーンの音楽が合わさって、すごく分かりやすい内容でした。
ねこバスのシーンは、ヒューっと駆け抜けていくあのシーンが目に浮かんで、曲を聴きながらもシーンが目に浮かんできたのです。
だが、この時感じた感覚が、その後ラピュタでは物凄いことに…

そう、2部です。ビックリしたのが2部です。
ツイッターで

「ラピュタを聴きに行ったと思ったら、ラピュタを観に行っていた」

と、感想を述べたのですが、本当にこのままです。
サントラを再生するかのように演奏するわけではなく、「映画」を完全再現してました…!
ゲーム音楽の演奏会も、演奏を聴くことで「ゲーム画面を思い出す」っていうのがありますが、今回のバルスがまさにコレ! っていうかそれ以上! 音楽を演奏するだけでなく、「物語」を「映画そのままに」再生しておりました…

もちろん、ゲストのよこざわさん、寺田さんによるセリフが入ることにより、より一層そのシーンの再現をしているんだけど、だって本当に映画の最初から再現すると思わなかったんだよ!!!
シータが乗っている飛行船、そこにドーラ一家の襲来、落下するシータ。
そこでオープニングに切り替わって…と、私の目にはラピュタの映像が見えていましたよ…!

効果音とかもちゃんと演奏というか、再現していて、色んなモノを使用して音を再現していました。そのこだわりっぷりも素晴らしい! 
パズーのラッパは2階バルコニー席よりソリストさんが演奏されていて、その響き方が実際にシータの聞いた響きだったのかも? と思えるくらい高らかに聞こえ、そして鳩の羽音(楽譜をペラペラして音出してた?)のざわつきも、映画で見ていたその場にいるかのように感じられました。こういう風に音楽だけでなく、音ひとつひとつがラピュタの音世界にとっては必要だからなのかもしれません。演奏によって物語に入り込む、そういう感覚がものすごかったです。

そして目には見えない画像がありありと再現されていました… 
要塞戦でシータが「パズー!!!」と叫んだ後、私には真弓ちゃんの声で「シーターァア!」と叫ぶ声が脳内再生されていましたし、あの救出劇がしっかりと目に浮かび、ほんのりと涙していました(あのシーン好きなんよ)。

竜の巣を抜けて、その姿をあらわにした「天空の城ラピュタ」
そしてインドラの矢が放たれ「見ろ! まるで人がゴミのようだ!」とご本人による完全再現。
クライマックスでは、女声コーラス(コーラス隊がいなかったから、男性含めてコーラスは演奏兼ねてやってた?)が流れて、滅びの言葉「バルス!」 崩壊していくラピュタ、「目が、目がぁ~!」と叫び落ちていくムスカ… 
もうね、本当に目に見えてた。最後のドーラおばさんとのやりとりすら、音楽を聴きながら心の中で再生されていたよ…

そして「君をのせて」
こんなに効果的なエンディングは無いよ… 
本当に最初から最後までそのまま完全再現。音楽を聴いただけじゃなく、映画を見てきた充足感がありました。



この後、ゲストの皆さんのお話があったのですが、寺田さんが教えている学生さんにリクエストされてやった「人がゴミのようだ」が全く似てないとリテイク出される話とか爆笑モノでしたw パンフの対談インタビューにも記載がありますが、今まで完成品を見たことがなかったというのも驚き。
トークは色々知らなかったことというか、ぶっちゃけ話多すぎて笑いまくりでした。

アンコール1曲目は、あずみさん、ゆーゆちゃんによる「みっつおしえて」

難病と闘う子どもたちへの応援ソングということです。
歌は勇気になるもんね… 物販見なかったけど、CD置いてあったのかなぁ…(しくった)

そしてラストアンコールがナウシカの「鳥の人」が物凄く! 物凄く嬉しかったであります! 大好きなのよねこの曲。
ナウシカは毎回ラストの「その者蒼き衣を纏いて金色の野に降りたつべし~」のくだりで泣いてしまうわけで、ここでもまた泣かされたw 最後にはナウシカの手袋と新芽が見えたよ…! 

本当に音楽を聴くだけと思っていたのに、まるまる映画一本観に行った感覚です。
これが無料! 無料とは恐ろしい…
一緒に行った相方が(私がチケット取ったので値段知らなかった)、「え? これ無料なの?? てっきり5千円くらいしているんだと思ってた…」と驚いていました。まぁそうだよね。私も8千円くらい出していいと思うモン。

是非また行きたい! と思う素晴らしい演奏会でした。
ありがとうございました!




第一部 映画「となりのトトロ」より
さんぽ
五月の村
風のとおり道
おかあさん
まいご
ねこバス
となりのトトロ

第二部 交響詩「天空の城ラピュタ」
Act1.空から降ってきた少女
 空中海賊の奇襲/ムスカの無線機/シータ転落/オープニング/空から降ってきた少女/スラッグ渓谷の朝/鳩とパズー
Act2.スラッグ渓谷にて
 愉快なケンカ/軽便鉄道とオートモービルの追跡劇/飛行石の力/飛行石の謎/あの雲の峰の向こうに…/ロケット艇襲来
Act3.シータ奪還
 リュシータ王女/失意の二人/40秒で支度しな!/鳩との別れ/フラプッター発進!/蘇る飛行石の力/ロボット兵復活/ティディス要塞の死闘/シータ救出
Act4.竜の巣へ
 ドーラ一家に仲間入り/スラッグ渓谷との別離/タイガーモス号出航/あの子もママみたいになるの?/月光の雲海/竜の巣
Act5.天空の城ラピュタ
 天空の城ラピュタ/園丁ロボットとの交流
Act6.ラピュタの崩壊~君をのせて
 ラピュタ中枢にて/インドラの矢/解き放たれたロボット兵~破滅への予兆/玉座の間/シータの決意/滅びの言葉~ラピュタの崩壊/エンディング~君をのせて

アンコール
みっつおしえて
鳥の人


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2016年03月22日 イベント トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する