EVE burst error "THE ORIGIN" RYU UMEMOTO RARE TRACKS SPECIAL

EVE burst error "THE PERFECT"を購入した際にボーナスディスクとして付いてきた特典CDです。
PC9801実機から収録したということで、これこそが本来の「オリジナル」という音だと思います。一番聞きなれている音楽だと、聴いて実感する心地よさです。

昔のマシンではあるけれど、音源の貧弱さというのは正直感じないと思います。…というのは、聞きなれてきた人間だからこそかもしれませんが、いわゆる「ピコピコ」とは違う、FM(プラスPCM)音源ですが、生と機械の間を丁度取ったような、ゲームらしい音なのかなと思います。
生音ほどに楽器そのままの音ではなく、それに近い、だからこそのゲームサウンドっていう感じがするんですよ。それは単に自分のノスタルジックな部分なのかもしれませんが、ゲームの音が進化していく中で、リアルすぎず「ゲームである」という感覚を残したものが、この時代のサウンドなのかも。

ふんわりとしたシーンには優しく、サスペンスシーンには緊迫感を持って、悲しみも、衝撃も、全てが分かりやすく、曲を聴いてシーンを想像できるかと思います。
ゲームの背景としてゲームに溶け込みつつ、ちゃんと「EVE」というサウンドを確立していると思うのが、繰り返し流れる「EVE」のメロディなんですね。こういうキーとなるフレーズを様々なシーンで多用することで、物語の芯というか、世界を実感できる演出になっているんじゃないかな…

毎回言っているけど日記は泣くね。本当に泣く。
ゲームをプレイしていると、音楽とシーンとの同期の素晴らしさを実感するね。

今まで繰り返し聞いてきたフレーズが、物語の終焉を告げるシーンで切なく、本当に音楽自体も語るように流れてくる。
シナリオも秀逸なんだけど、それと一緒に語ってきた音楽の素晴らしさ。
実機サウンドだからこそ、プレイしてきた人間には、聴いて思い描ける画面があるんだろうね。

98の音ならではの懐かしい音、プレイの記憶。そういうのを楽しめるアルバムだと思います。
実機サウンドってそういうものなんだろうね。


EVE ORIGIN

1.Dailyopening
2.COMMON
3.Office(Kojiroh)
4.Day(Kojiroh)
5.Bar
6.Yayoi
7.School
8.Critical
9.Night(Kojiroh)
10.Speculation I
11.Opening
12.Pudding-jelly-bavarois
13.Speculation II
14.Office(Marina)
15.Day(Marina)
16.Investigation(Marina)
17.Room(Marina)
18.Shopping
19.School(Night)
20.Disbelief
21.Envy
22.Relate
23.Hacking
24.Crisis
25.Breakout
26.Death
27.Craze
28.Trust
29.Resolve
30.Tristan
31.Driftage
32.Mayako
33.Climax
34.Dialy I
35.Dialy II
36.Dialy III
37.μ-101
38.Empress II
39.Ending


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2015年11月20日 CD紹介(その他) トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する