龍虎の拳/SNK・NEO SOUND ORCHESTRA

「武器を持った奴が相手なら、覇王翔吼拳を使わざるを得ない」
というか、ついつい動画見ちゃうよね。定期的に見たくなるんだコレ。
そんなことは置いておいて、NEOGEOソフト「龍虎の拳」のサウンドトラックです。「NEO SOUND ORCHESTRA」とか着いているけど、「新世界楽曲雑技団」によるものです。

龍虎の曲ってヘヴィというかラウドというか、重いと思うんですよ。SNK全般そうなんだけど、とくに龍虎は重い。そこに和楽器を組み込んだメイン曲「ART OF FIGHT」。コレが一番わかりやすい龍虎の印象だと思います。
なんていうか、メジャー感が無いんですよ。龍虎のサウンドって。でもそこがイイというか、荒れたサウスタウンの印象なんだろうなと思わせる部分なのかなと思います。餓狼1もこんなだしね。この重々しいサウンドが味というか、雰囲気あるよね。という風に思うのは、散々プレイしてきたからかもしれません。

対戦形式ではなく、ステージクリア形式のゲームだからこそ、各ステージの曲のジャンルも変えていると思うんですが、それでもやっぱり重くて怪しい… パイロンの「中国老人」なんか、中華街の雰囲気を思わせる鳴り物と掛け声で賑やかだし、ジャックの「マメマメマーメ」はピアノがオサレ、キンちゃんの「みちゃいやっ」なんかジャズ風味すらあるのに…どれも重い。
それらは音色自体の重さでもあると思う(ドラムとギターかなぁ…?)のだけど、ここまで「明るい印象」が無いのも不思議です。ステージクリア時やイベント進行時などは、場面に合わせた分かりやすい曲なハズなのに、それらすら奇妙に重いw これがSNKの色というか「ああ、ネオジオだよね」と感じます。

しかし…一番面白いのがSEというか、ナレーションボイスというか、イベントボイスというか… 
「武器を持った奴が相手なら、覇王翔吼拳を使わざるを得ない」

これだよね。ロバやんバージョンはつまらない(スマナイ)


龍虎の拳
龍虎の拳


ARRANGE VERSION
1.ART OF FIGHT(Tribal Mix)

ORIGINAL VERSION
2.龍虎のテーマ
3.\200ありがとう
4.どの子が欲しい、あの子が欲しい
5.ようこそ藤堂の館へ
6.ART OF FIGHT
7.嗚呼、日本へ帰りたい
8.ユリちゃん待っといてや
9.マメマメマーメ
10.不良にもメンツがあるんだ
11.中国老人
12.やっぱり歳には勝てんのう
13.みちゃいやっ
14.普通に戻りたい
15.Bonus Game
16.超必殺技伝授
17.たたけ! たたけ!
18.ようこそダウンタウンへ
19.ごっつうええ感じ
20.ごっつう良かったぁぁ
21.航空ボカーン!
22.航空ドッカーン!
23.工場のブルームーン
24.戦ってけがなし
25.あとちょっと
26.ザ・天狗ショー
27.できぬわっ
28.その人は私たちの子供かな?
29.ネェもう1回しよ

VOICE & S.E. COLLECTION
30.Narration
31.リョウ・サカザキ Voice
32.ロバート・ガルシア Voice
33.藤堂 竜白 Voice
34.ジャック・ターナー Voice
35.リー・パイロン Voice
36.キング Voice
37.ミッキー・ロジャース Voice
38.ジョン・クローリー Voice
39.Mr.ビッグ Voice
40.Mr.KARATE Voice
41.etc. Voice
42.S.E. COLLECTION


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2015年10月21日 CD紹介(SNK) トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する