FEif白夜終えたった


ファイアーエムブレムif 白夜王国




そんなわけで、何とか1周終わりました。
結構前に終わっていたはいたんですが、感想書くのも悩んじゃって…なカンジの感想です。

文句だけで長いよw
これクソゲーオブザイヤー入りするレベルだと自分は思っていますw


そんなわけで…まぁ…あの…

これはないな!

と、思った次第でありました。

ちなみに、覚醒は大変楽しんで、課金も結構…結構してました。
FC版暗黒竜からのエムブレマーですが、過去作は基本的にどれも楽しんできました。
リメイクの新・暗黒竜も、新・紋章もそれはそれで。

烈火が一番好きで、何十周としています。

さて、そんなわけで、エンディングを見た私が出した言葉が、
「何ひとつ解決しちゃいねぇ…」
だったわけでありますが、これはアレですかね? いわゆる第3のシナリオを買わないとワカランってことですかね?

一応、完結しているはしているけど、すげぇモヤモヤ感…

まぁそこは仕方ないかなと思う部分なのですが…課金したくないでゴザル。
覚醒は楽しかったから課金もじゃんじゃんしちゃったわけですが、やっぱね。「続けたい!」って思わないとダメっすよ。
そんなわけで、しばらくは暗夜も第3も買わない方向です。



じゃあ、何かツマランかったのかというと、自分ユニットが自分に思えなかった…のが一番かな。
しゃべる主人公というのがどうにも苦手で、覚醒はしゃべらせないことも出来たのに、今回は絶対しゃべるじゃないですか…
アタシはそんなこと思ってない! のに、勝手にしゃべっていく能天気主人公に違和感を感じまくりです。

そういや覚醒もしゃべる主人公にしたら違和感バリバリで、男主人公版は投げたんだったわ…

何回も多分言っていると思いますが、ワタクシ、ゲームの中にどっぷり入り込むインサイダーであります。
インサイダーケンとまではいきませんが、好きなゲームには世界観までどっぷりと浸りたいんですよ。
だから、主人公=自分となるゲームは好きなんですが… まぁ過去作は主人公=自分じゃなかったしね。マルス王子を見守るつもりでプレイしていきました…

…あ~でもこの主人公がとにかく好きになれない。
昨日まで一緒だった兄弟を切り捨て、すぐに敵だった人を兄弟として仲良くしよう。とか出来ないわ…
そう自分で決めた道だから、そうするのだろうけど、何ていうかそこまでの葛藤も描かれず、即座に切り替える主人公に違和感。
とにかく考えがカルイ。そんな印象しかなかったです。

もうちょっと同意できる主人公であれば、自分ではなくても一緒に冒険しよう! 戦おう! という気持ちに持っていけるんですが、それすらも出来ず、本当にストーリーを進めるのが辛かったです。
正直会話スキップしたかった。(1周目なので一応見ようとしてた)



じゃあ周りのキャラを好きになればいいじゃん! と、思ったんですが… 多分これも何回か言っていると思いますが、ワタクシ、剣士ユニットが大変好きであります。なばやん(剣士ナバール)こそそうでもなかったですが、流星剣使いの皆さんの強さは惚れ惚れしますわ。覚醒でもロンクーさんがオレの嫁(旦那)でありました。

白夜は剣士いないのかよ… 
いや、一応それっぽい「侍」がいるんだけど、アレは剣士じゃないよ。
剣士っていうのは、なんというか救われていちゃダメなんだ。
独りで静かで…ナイフみたいにとがっては、触るものみな傷つけた。
くらいなw

しかも今まで以上に薄い。薄すぎる。
元々剣士は壁には出来ないけど、それにしても薄い…ので泣いた。
正直今回自分が基本壁だった。うん。アーマーもいないからね…

それはそれで、戦略的に楽しいと思えば…思えないしなw
ゴリゴリ押してなんぼなifだったと思います。

他に、キャラは本当に好きになれなかった。
唯一、暗夜から一緒だった執事、そして親友には心を開きましたが、その他にはどうしても心を許せなかったww

そのせいでスズカゼ死なしたけどね… イケメンだからと言って、そんなにホイホイついていけねぇよ! こいつも打たれ弱いしな…(それでも頑張ってくれた方) 
突然居なくなったスズカゼに代わり、メイドがやってきてくれましたけど…何ていうか…FF5のガラフからクルルへと入れ替わった時よりも納得がいかないっていうか、ふわっと異次元(マイキャッスルってそういう設定だよね?)にやってこれるのが納得いかない。
そもそも、親密度を特定まで上げておかないとユニットが死ぬとかありえない。ユニットが死ぬのはオレがミスった時だけでいい!!! クラシックモードとかいらねぇええええええ!!!! フェニックスとか関係ねぇえええええ!

とか絶叫していたあの時。
こういう風に納得のいかない演出っていうのは、ユーザーを冷えさすだけっすよ…



まぁ「キャラなんて飾りですよ!」 と、古参が言ったかどうかワカランですが、マップ戦略とか戦闘とかが楽しければ…

楽しくない。うん。
育ててきたキャラよりも途中でふわっと入ってくる強キャラが使えすぎ。
かつては、ストーリーが進んだけど何人か死なせてきちゃった。そんなあなたへの救済キャラ! という立ち居地で途中参戦だったハズ。最初から育ててきたキャラよりも救済キャラが強すぎる! というのは、プレイしてきた自分に「お前の育て方失敗だったな!」と言われたようでした…

これは暗夜なら楽しめたのかな…?

しかしさ、銀の武器を使った後のパラメータ変更とか必要だった? 鉄シリーズの命中度の低さとか必要だった?
杖だけ謎の回数制とかだったら、他の武器だってそれでいいんじゃない?
リスキーだけどここぞ! という時に使いたいというのがあったり、回数があるからこそ大事に使うとかあったじゃん。
敵が武器使い果たすまで壁キャラで耐えて、そのあとに弱いキャラでチマチマ200ターンくらいかけて育てるとか出来ないんだもんね。
レベル上げは無限に出来るというけど、遭遇戦も微妙すぎてイマイチでした。

覚醒の時は、すれ違いチームが遭遇戦だったけど、今回はマイキャッスルでの戦い。
…これまたイマイチ。すれ違いのよさが全く感じられなかったよ。
すれ違ったメンバーにいい武器やアイテムを持たせて行商人みたいにしてたのも面白かったのにね…



そんでもって結婚なんですが、「結婚なんて飾りですよ!」と、古参が言ったかどうかワカランですが、無くてもいいよねコレ。
覚醒は「自分の子供達が絶望の未来を変えるために」ということで登場だったわけで、子供がいる、出来ることにシナリオとして意味があったわけです。が、今回は別に居なくてもいいよね。子供できてもどっかに預けておいて、突然大きくなったときにトラブル発生とか何コレ。
それこそマイキャッスルでリリスが見てればいいじゃん…

そもそもリリスも一緒に行軍しているとは思わなかったよ。
突然身代わりになって死んだときには
「ハァ?」
としか思えなかった。「何、一緒にいたの?? マイキャッスルでお留守番してるんじゃなかったの???」と。

暗黒竜でもユニットにいないキャラが行軍していましたが(モロドフさんとか)一緒にいる感じの演出はありました。
が、リリスはそんなことも一切無く、本当に突然すぎて笑うくらいでした。
本来なら、一緒にいた仲間が死んで哀しみに包まれるであろう(そういうのを想定したのでしょうが)シーンを、笑うしかないというな… 

こういう部分でシナリオのクソさを痛感し、それゆえに「入り込めない」カンジを作り出しているのだと思います。

マイルームのポケパルレも、温泉も(水着着ているのに「見てないから!」とか笑わせる)も、もうちょっと上手くやればニヤニヤできただろうに… マイルームで自分と会話することで違う支援会話になるとかね。温泉だって体力アップとか、モンハンみたいに入った後に(ドリンク飲んだりしてもいい)パラメーターアップしたりとかさ。そんでたまに異性が居てちょっとドキっとするくらいだったら良かったのに… 
必要性のないものすぎて完全に自分はこの2つは何もしませんでした。正直キモイとすら思った。(腐女子だけど、与えられたホモほどキショイものはないです。ホモは自分で作るもの!)



覚醒がライトユーザーが楽しめるものであったために、ifもそうしたかったんだろうし、それを求めたユーザーが買ったと思いますが、これ次回作は売り上げ下がるくらいに「ファイアーエムブレム」というものを台無しにしてるんじゃないだろうか?と思っちゃいます。

発売前はあれほど楽しみだったのに、こんなにクリアするのが辛いゲームだと思わなかったデス…


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2015年07月22日 ゲーム紹介 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する