VIDEO GAME MUSIC/NAMCO

全てはここから始まった… 
ゲームミュージック初のアルバムが、この「VIDEO GAME MUSIC」です。
当時は当然ながらLPで発売されまして、このCDはサイトロンさんから再販されたものになっています。多分当時もCD出てたのかもしれませんが、私が買ったのはLP後期盤(ジャケ写真で口の無い初期盤というのがあります)だったので、復刻ありがたや! と購入しました。
当時そのままに近いピンナップインナーと、復刻の際に改めて製作されたインナーが入っています。復刻版インナーには、各ゲームの説明や、プレイテクニックなどが記載されています。

ループ短めだったり、曲数が少なかったり、音として貧弱だったりするからか、昔のアルバムは大抵効果音を載せて、ゲームそのままをプレイしているかのようにして収録されているものが多いと思います。が、それがまたこうして後で聞くといい雰囲気なんですよ。
ゼビウスは、最初は「ゲームセンターの中でプレイしている」ような、周りの音が環境音としてかすかに聞こえるのがいいのですよ。続けて効果音をパーカッションとしてお馴染みのメロディに載せて、アグレッシブにプレイそのままなのに「アレンジ」として昇華している名曲であると思います。
もちろん「曲単体だけ聴きたい!」というのもあると思いますが、すでに「この曲」で聴き馴染んでしまった自分には、逆に曲だけだと「物足りないな」と感じてしまうのです。だって実際プレイしてたら、メロディ単品でずっと聞けることって無いからね。曲と音、周りの空気感があるからこそ、当時プレイしていたゲームセンターで実際に遊んでいる、そんなノスタルジックな思いすら蘇るところが良いのだと思います。

逆に若い子には本当にチープな音だと思う。ファミコン以前の機械的な音だけ、曲という曲らしいものも少ない時代の作品なので、SE集のように感じるかもしれない。それでも「ゲーム音楽の進化」というものを知る上では重要なアルバムなので、一度は是非聴いてみて欲しいなと思います。チップチューンとはまた違うんだけど、独特の音を感じ取ってくれれば!
マッピーやリブルラブル、ニューラリーとかはメロがしっかりしてるし、曲として聴きやすいので初心者オススメ。

年寄りには「あ~コレコレ」で、安心するハズw
あとTV番組「風雲たけし城」でよく使われていたよねコレw
NHKの「ゲーム音楽三昧」のラストで、このアルバムのギャラガネームエントリアレンジが流れた際には、皆が納得していたと思う!「わかっているな!」って。(上から)

このアルバム収録バージョンじゃないけど、曲としてトラック分けされているバージョンで、各ゲームが配信中です。
そっちもいいのよね。

ゼビウス (ゲーム・サウンド・エフェクト)
ボスコニアン(ゲーム・サウンド・エフェクト)
パックマン (ゲーム・サウンド・エフェクト)
マッピー (ゲーム・サウンド・エフェクト)
リブルラブル(ゲーム・サウンド・エフェクト)
ラリーX&ニューラリーX オリジナルサウンドトラック (ゲーム・サウンド・エフェクト)
ディグダグ (ゲーム・サウンド・エフェクト)
ギャラガ


ナムコ・ビデオ・ゲーム・ミュージック




1.XEVIOUS
2.BOSCONIAN
3.PAC-MAN
4.PHOZON
5.MAPPY
6.LIBBLE RABBLE
7.POSE POSITION
8.NEW RALLY-X
9.DIG DUG
10.GALAGA


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2015年06月17日 CD紹介(ナムコ) トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する