ゼルダサウンドコレクション

風タクが出た後に発売されたファンブックZELDA BOXの付録CDです。
コレクション化するにあたって、新録されたというものはなく、今まで発売された中からのセレクトとなっています。他に付録として、リンクとモリブリンのフィギュアが付いています。

え~そんなわけで、CD自体は大して面白みが無いんですよ。多分、今までのファンなら持っている音源だと思うし(風タクのサントラは発売前だったかも?)、せめて歴代シリーズからのセレクトであればなぁ…と思うトコロ。夢を見る島のサントラずっと待っています…

1、2曲目は初代ゼルダ。タイトルと地上テーマは似ている曲(というか、テーマだからね)なので、違う曲をセレクトして欲しかったかなぁ このセレクトが任天堂スタッフによるもの。という時点で従うしかない下僕なのですが。
続いてSFCの神々のトライフォース。このちょっとこもった弦の感じがSFCらしいね。初代ゼルダと聞き比べして、「SFCではこうなった」と思える部分がいいのかも。自分の中では裏の地上が一番なんですけど! 

そして64時のオカリナ。
よりリアルになった音色、表現としてもプレイヤーの状況に合わせて変化していく(パターンは無限にある)というフィールド曲。これにも初代のフレーズが使用されているわけで、そこの部分がちょっと歴代のファンには嬉しかったんじゃないかな。迷いの森は本気で散々迷った思い出…このフレーズが頭に残るくらいに、散々迷った思い出…

続いてのムジュラ。3DS発売おめでとう! 
タルミナ平原もシリーズメインのアレンジでありますが、そこはムジュラの怖い成分追加で、勢い良く!爽やかに!! という今までのフレーズとは違うアプローチであると思います。ムジュラのテーマも怖いよね… ちょっと変わった鳴り物を取り入れているのが、ムジュラのサウンドの味わいだと思っています。

ラストは風タク4曲。名曲と言われるものばかりだと思います。大海原とか人気だよね。そんな私のイチオシは竜の島なんですが…
タイトルは聞いた途端に「これは買わねば」と思うくらいなインパクトがありました… 風タクはどれも爽やかに、優しくふんわりと、トゥーンリンクのキャラもあって、曲もどことなくかわいらしいものが多いかと思います。タイトル曲がまさにそうで、ゲームのイメージをそのままに出しているのではないかなと思います。

CD単独だと面白みは無いけれど、ファンブックの付録だし、まとめて色々味わうという部分であれば「シリーズテーマ曲の変化を知る」正解なチョイスなのかもね。


週刊ファミ通5/9号増刊 ZELDA BOX-ゼルダの伝説 風のタクト ファンブック



ゼルダコレクション

ゼルダの伝説
1.タイトル
2.地上

ゼルダの伝説 神々のトライフォース
3.表の地上
4.ハイラル城

ゼルダの伝説 時のオカリナ
5.ハイラル平原メインテーマ
6.迷いの森

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面
7.タルミナ平原
8.ムジュラのテーマ

ゼルダの伝説 風のタクト
9.大海原
10.タイトル
11.勇者伝説
12.中ボス


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2014年12月18日 CD紹介(任天堂) トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する