プレススタート2014へ行ってきたよ


プレスタ2014

プレスタ2014昼の部へ行ってきました。
が、プレスタ後に色々あって色々したので感想遅くなりました。

ちょこっとメモはしてたんですが、もう記憶もうっすら…
大まかな感想はプレスタ2014へ行ってきた(未完)で書いたので、これでもいいかと思っていましたが、もうちょっとだけ記憶を思い起こして書いてみました。



そんなワケで改修後の芸劇! ホール自体は変わってないのね。なんかもうちっと色々変わっているのかと思っていました。

スマブラメイン、マリオが演奏(パンフの記載は曲順じゃないということだったけど、これは同じだった)されて、会場がワクワク感に溢れまくってきた! で、オープニングトークということでいつものメンバーが登場。
今回植松さんはオーストリアで開催のディスタンスワールドへ行っているためビデオレターでの登場となりました。
…うん、ごめん。正直「そっちのが大切なんだな…」って思っちゃったよ。
コメントで「野島くんが代わりに頑張ります!」って言ってたけど、野島さんは相変わらずでしたw

そしてドラマチックなサムスとフォックス! この2曲って本当にオケ映えするなぁと思います。
大乱闘スマッシュブラザーズDX オーケストラコンサートで演奏されたのと同じ構成だそうです。サントラ聞きなおして「やっぱオケに合うよなあ!」と再確認。映画的な曲なので、それが凄く合うのだと思います。

そうそう、演奏中はステージ上部のスクリーンにタイトルが表示されているんですが、スマブラの時はタイトルじゃなくて作品ロゴ(マリオの時はキノコ、ドンキーはDK、カービィちゃんなら★という、スマブラ中でも表示されるアイツ)なんですね。分かりやすくてシンプルな表示だし、ゲーム中でも見れるわけなので、割とプレイ感覚を持ちつつ曲に集中できたと思います。
スクリーンって演出の一つでもあると思うんですが、プレスタはあんまり作品映像は出さずにイメージで!というのが強い(桜井さんの意向らしいですが)わけで、シンプルでもちゃんと作品を意識した演出という部分で上手いなと思います。
今回は特に感じたんですよ。スマブラメインだからこそのロゴなのかもですけどね。

ドンキーの演奏で聞こえてきたコンガが凄くカッコ良かった! やっぱドンキーと言えば南国風だよな~と納得しつつのどぶ森でビックリ! ハワイアンだった島の曲がアグレッシブに! チャレンジ中の曲は元々ハリアップ要素もあるのでアグレッシブなんですが、オケで演奏してもハラハラするというw ゆったりな元曲がアレンジ、そして演奏でこうも変化する楽しさを実感しました。

カービィちゃんはお馴染のグリングリンなので、それはもうスンナリと。吹く風の心地よさすら感じる曲だと思います。
ゲストで登場したカービィちゃんの声優を担当してる大本眞基子さんと、デデデの声を当てたという桜井さんとの掛け合いが大変面白かったですw ここだけ一瞬ゲーム中再現してたよw

そしてちょっと哀愁漂う2曲。これまたカッコよかったですわ… 
お昼一緒したTOKA氏が「ブラックピットのテーマじゃないですか! もうこれだけで来て良かったですよ!!!」と大興奮で話していました。演奏も凄く良かったね。キメがしっかりしている曲って、それだけでカッコいいなぁと思っちゃうわけですよ。ロックマンもそういう曲かも。でも心の中では歌っていましたw エムブレムも聞き馴染んだ曲なだけに、心の中で一緒にフンフン言ってたw エムブレムって結構プログレっぽくオケに向いてないなと思っていたんですが、こうして演奏で聞くとキマってて、アレンジもなんでしょうけどオケでなら!という力を見せ付けられました。

ポケモントレーナーバトルもオケにするには難しいと思う曲なんですけど、それをきっちりキメてバトルの勢いそのままに熱く1部のラストを飾りました。

ここまでスマブラ三昧なんですけど、単独でスマブラコンサートやってもいいのになぁ… と思うのでした。
プレスタは色んなジャンル、メーカーの垣根を越えての演奏ということなので、ちょっとスマブラ尽くしすぎて「プレスタって何だろう」ってちょっと思っちゃったのです。毎年選曲会議に悩まれていると思うし、スマブラなら桜井さん関連で何とかなる部分もあったのかもだけど、スマブラ独自の曲じゃない部分(元作品がそれぞれあるからね)なので、余計そう思うのかも。曲だけならニンテンドースーパーメドレィ的で豪華だったと思います。

あ、長くなったので2部は別にします…

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2014年09月26日 イベント トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する