NHKアニメーション「ツバサ・クロニクル」オリジナルサウンドトラック フューチャー・サウンドスケープI

CLAMP原作のコミック「ツバサ」のアニメ「ツバサ・クロニクル」のサウンドトラックです。音楽は梶浦由紀さんが担当しており、どれもが「らしい」作りとなっています。
私が梶浦さんの楽曲をスゲェな!と思ったのは、「Hime」シリーズでありますが、このツバサもその魅力をいかんなく発揮しているものだと思います。ゲームファンでも多分に彼女のらしさは分かると思いますが、全編あんな感じです。(ひどい説明)

原作の舞台が最初こそ中世アラビア風(でもないか)ですが、様々な時代、風景を移動していくためにか、異世界、異次元という部分を強く感じさせるように不思議なメロディが主体となっています。これこそが梶浦節でもありますが、不安定かつ異色な音楽が、何故か不思議とマッチする魅力に溢れています。
多重コーラスによる神秘的な音使いはいつもながらに、ツバサでは和楽器の使用が多用されています。ただそれも「和」の音の演出であって、メロディとしてはアグレッシブ。太鼓と笙と筝をギターエフェクトバリバリなノイジーな曲に載せるとか、なかなか普通じゃないように思えます。そしてまたこれが、ツバサの世界に合っているわけです。カオスな音楽こそが、ツバサ世界の曲であり、それを出せるのが梶浦さんだったのかも。

多分、多くの人は「a song of storm and fire」の盛り上がりにグっとくるハズ。イントロからの流れからのクライマックス感は初めて聞いた際に鳥肌が立つほどでした。
…まぁHimeっぽいけどね。

サントラとしては4枚出ていますが、とりあえず今回はその1枚目の紹介だけで。
梶浦節満喫なのは間違いないです。

あと、自分が買ったのは初回限定版ですが、付録のサクラの羽根ペンが安すぎww なので、通常版で十分だと思います。


NHKアニメーション 「ツバサ・クロニクル」 オリジナルサウンドトラック Future Soundscape I (初回限定盤)




1.ship of fools
2.BLAZE(TVサイズ)
3.believe
4.black sword
5.strange games
6.break the sword of justice
7.you are my love
8.dewdrops
9.tsubasa
10.a tiny sunshine
11.through the gate
12.hear our prayer
13.I talk to the rain
14.ruthless
15.guess how much I love you
16.morning moon
17.witch
18.a song of storm and fire
19.best years in our lives
20.ループ(TVサイズ)



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2014年04月08日 アニメサントラ トラックバック:0 コメント:2

「魔法少女まどか☆マギカ」「ソードアート・オンライン」もお勧めですよ!

2014年04月09日 megaxtusa URL 編集

>megaxtusaさん
まどかはあまりにも辛くて、あんまり見てなかったんですが、音楽は分かりやすい梶浦さんの曲ですね!
やっぱHimeっぽいとか思っていましたがw

SAOは全く見てないんですが、梶浦さんなんですか!
じゃあちょっと見てみようかな…
なんていうか、独特の雰囲気を持ったメロディがツボですよね~

2014年04月09日 くつした URL 編集












管理者にだけ公開する