寒い日には家の中で「ファミリースキー」!!

ようやっと暖かくなりつつある今日この頃ですが、今年(この冬)は雪降ったねー!
南国と思ってた我が家も目の前が雪景色になっていくにつれて、若干だけどワクワクしてたw 普段雪見ないだけに、ちびっこさながら楽しんでいた部分もあります。

まぁ…実際は色々大変だったんだけど。水道管ェ…

さて、今日はそんな雪の中で楽しむんだったらコレ! な、Wiiソフトファミリースキー を紹介します。

ファミリースキー




まず起動したら、自分の分身ともなるキャラクターを作成。
ウェアや板なんかは、実際のメーカーさんとのコラボなデザイン…だったっけ? まぁそんな感じで色々ある中から好みのデザイン、カラーを選択していきます。
最初の頃は選べるアイテムも少なかったりしますが、ゲームをプレイしていく中で徐々に増えていきます。

そしてスタート!

…うん、滑り方がよくわからないね。
最初に「スクールで教えてくれるよ」って言ってくれるんだけど、スクールがどこにあるのか分からない!
とりあえず、リフトに乗って上に行って色々探してみるも、スクールの場所が分からないwwww ので、何となくの操作方法は、ポーズメニューで見ることが出来るので、それをちょこちょこ見ながら覚えていくカンジ。

と、別にたいしたストーリーもなく、素直に「スキー」を楽しむゲームです。

なんだけど、このゲレンデの雰囲気の再現が素晴らしくいいんですよ!
ロッジ付近では、たくさん人がいて談笑していたりして、ちょっとざわついた雰囲気もあるのですが、リフトにのって山の上の方へいくと、そんな喧騒もなく、吹く風の音だったりが際立ってくるんですね。
そっから勢いよく滑り出すと、自分自身も風になったかのような一体感! 風きり音と自分のエッジ音、シンプルにそれだけが聞こえて、ゲームなのにリアルなんですよ。Wiiコンとヌンチャクを使ったプレイなんですが、実際にストックを使う感覚で(コントローラーを漕ぐとゲーム中のスキーも漕ぐ)滑れるので、一つコースを終えるとかなりの充実感。

ところどころジャンプ台もあるので、そこでトリックを決めるのも楽しい! 実際はなかなか出来ないからね。
トリックは色々種類があるんだけど、最初は適当にやっていたら何か出た!くらい。どういう操作で出るかとかは、スキー場にいる人達から教えてもらったり、クエストをこなしたりして覚えることが出来ます。

基本的にはレースゲーだからね。黙々と自分のすべりを楽しんでいくだけなんだけど、これが楽しいwww
マップが広くて色々あるので、隅々まで滑りたいんだよww そしてバグ(ポリゴンの継ぎ目)にハマって落下するんだけどwww

山を滑り終えてくると、段々人の数が増えてきて、それに伴い場内アナウンスやゲレンデで流れている音楽が聞こえてきます。これが本当にまた雰囲気良くて、実際のスキー場でもこんなだよなぁ~って思える音を再現しているのが素晴らしい。
音楽はユーミンの曲が多いんですが、ナムコ楽曲も結構かかります。もじぴったんや太鼓の達人(スポーツダイジェスドンは名曲や…)など、ゲーム音楽というより雰囲気を出すための音楽が使用されています。
もちろん、ゲームっぽい音楽もありますよ。
ところどころにいるスキー名人との勝負や、オリエンテーリングとかイベントで流れる曲がそうなんですが、それが浮かない自然さなのがまた素晴らしい。

続編となるワールドスキーではスノボプレイも可。
さらにその後に出たGO VACATIONでは、スキー以外のリゾートもある(スキー部分はワールドスキーと同じ?)ので、どうせならゴーバケがオススメかな。

あんまり実際のスキーは好きじゃないんだけど、これなら手軽に楽しめるからね。家の中で暖かくして出来るのも魅力。
でもプレイ真剣にしていると、手だけ冷たくなってたりするww
4人までプレイすることが出来るけど、画面分割して見づらくなるから1人で黙々と遊んじゃうね。シンプルなんだけど、それがまた楽しいというゲームです。
とにかく、実際のゲレンデの雰囲気が味わえるのがいいよ!

あ、スクールは、一度ゲームを終えた後、メインメニューに戻ったときに「ここにあるじゃん…」と気づきました。
ゲームフィールド中にあると思うじゃんwww メニュー画面でのチュートリアルとは思わないよ~


ファミリースキー オリジナルサウンドトラック (ゲーム・サウンド・エフェクト) - NAMCO SOUNDS

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2014年03月14日 ゲーム紹介 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する