マルサの女 アルフ ライラ ワ ライラ

映画「マルサの女」をファミコンでゲーム化、その曲をアレンジしてアルバムにしたという若干面倒なサントラです。実はこれも原曲欲しくて買ったらアレンジだった~!なパターンの一枚です。

元々が映画作品なので、サウンドも映画音楽っぽく雰囲気重視なアレンジになっています。とは言っても、それぞれ結構原曲に近いので、元のファミコン音源の時点で映画音楽っぽいサウンドを意識していたのかもしれません。

それでも結構「アルフライラ」っぽいサウンドになっているのが面白いw
OPは映画の曲に似せて作ったそうなんですが、ああ納得。そしてそのアレンジも納得なのでした。オサレにサックスが歌っていますが、映画音楽らしいTAMAYOアレンジとなっていると思います。
税務署内は原曲よりゆったりした感じ(多分そんなにテンポの変化はないんだけど)で、ゲームの曲らしいメロなんだけど、昭和歌謡の趣も感じる不思議さ。マップ曲はタイトル通りに、ちょっとやかましいくらいに忙しい。やってられっか!という印象を感じるのが不思議。原曲もこんなだけど、アレンジというか演奏する楽器でこうなるんだなぁ~と思うのでした。多分最初に目指した方向がこのアルバムに収録されている雰囲気なんだろうなと思われます。(どうなんだろ?)

ファミコン音源サウンドを知っていれば、割と納得のアレンジ。というかパワーアップ版と感じられると思います。最初は「え~アレンジか~」と思っていた一枚なのですが、聞いてみて「これはアリ」と思ったサントラなのでした。


マルサの女
「マルサの女」


1.OPENING THEME「犯罪の影に脱税あり」
2.税務署内BGM「LOW TENTION~HI POSITION」
3.MAP MODE BGM「忙しすぎる週末」
4.PASS WORDS「DRUG ILLUSION」
5.パチンコ屋BGM「GON-CHAN MARCH」
6.板倉亮子のテーマ「MELLOW LANDSCAPE」
7.査察部内BGM「MISBELIEF LAND」
8.ENDING THEME「DON'T YOU SAY GOOD-BYE」


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2012年07月27日 CD紹介(カプコン) トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する