猪苗代~会津~米沢の旅その2

サクっと書くつもりだったんですが、写真見ていると色々書きたくなっちゃうのねん。

そんなわけで、長いので続きからでお願いします。




鶴が城

2日目のメインは、前回時間押しであまりじっくり見られなかった鶴が城!
来年の大河ドラマ「八重の桜」の舞台となるそうで、お城とその周りの商店街で盛り上げていました。
お城の中では、「八重の桜」の主人公の新島八重子の紙芝居があり、ざっとだけどその生涯を知りました。なるほど、ハンサムガールね。主演が綾瀬はるかちゃんということに納得が出来る物語でした。大河も楽しみね。

そして前回はいなかった修学旅行生たち! 期待を込めてまたしても3DSすれ違いセット!!

…ちょっと! 誰ともすれ違わないってどういうこと~!!! 小学生なら3DSくらい持って来なさいよ!(前回と同じことを言う) まぁ、真面目な子たちですね。ちぇ。

この後、七日町へ行ってご飯を食べたわけですが! 満田屋さんで田楽を頂きましたよ。ここが大変美味しかったのです。
旅行へ行く前に見た「王様のブランチ」の姫さまのコーナーで、ちょうど取り上げられていて、「せっかくだから」といってみたわけですが、どれも美味しい!
基本はお味噌屋さんだと思われるのですが、出される田楽みそとあわせる具のマッチングが素晴らしく、どれも大変美味しかったです。個人的にはサトイモね。あんなに美味しいの初めて食べたよ…
会津行ったら是非行かれることお勧めします。

その後ブラブラと散歩しつつ、ぐったりしたトコで喜多方経由で米沢へ向かいました。

2日目のリベンジは「芦ノ牧温泉」の駅にネコの駅長がいたのにスルーしてしまったこと… ここの温泉に泊まったのに… 前回もココに泊まったんですが、全く!知らなかったのです。次こそは!



3日目~
実は2日目の夜が大変寒くて、ストーブを入れてもらいましたww
山形なめてたwww まさか6月にストーブ入れるとは思わなかったですよ… まぁ山だったから市街地より寒かったというのもあるだろうけどね。
ちなみに、ペンションへ泊まったのですが、牛が食べられない私のような人でも安心な鳥&豚さんメニューでした! 米沢だとどこもかしこも牛なので、ご飯に苦労するんだ…(お昼も苦労した)

上杉神社

そんな3日目最終日。雪で全く見れなかったw 上杉神社へいきました。
観光客も結構多く、ここでも中学生らしき修学旅行生が! 期待を込めて3DSすれ違いをセット! ちょっと~!!(以下略)

うん、前回いかに無謀だったかわかるよ… 本来ならこんな素敵なトコだったんですね。は全部周り雪だったもん…

前は入れなかった博物館もじっくり堪能し、リベンジ果たした! といいたいトコだったんですが、稽照殿が震災の影響で立て直している部分もあって、全部は見られなかったのです… また来るかw

いちゃラブな2人

鷹山公

謙信公

左から、景勝さまと直江兼続。鷹山公、謙信公の像。景勝さまと直江がいちゃいちゃしてる。ようにしか見えない腐女子です…(いや、そういう目は全くなかったんだけど!)

博物館のシアターで、上杉鷹山公の戦いが上映されていたんですが、それが大変いい税金の使い方をしているな!と思いました。モニタ3面(ウィニングランとかあんな感じ)によるシアターなんですが、その3つの画面を効果的に使用して、臨場感や心情を描いた作品でした。博物館自体も面白かったよ。上杉家だけでなく、米沢の歴史というものを見せてくれるので、普通に地元小学生の遠足とかにも行く感じなんだろうね。

そんな感じで、今回はしっかりと「ココを絶対見る!」という目的があったので、それをしっかり見れて満足。そしてまぁアレね。やっぱ東北行くなら6月からにしろということね…(GWは場所によっては雪があるらしい…すごいな)
でも普段雪を見慣れていない自分にはそれはそれで楽しかったけどね。

震災の影響もまだ見えるけど、それでもよくなっていると思いたい…です。
みんなも行くといいよ! 

ちなみに、上杉神社へ行くときには歴史秘話ヒストリアのサントラを聞きながら、自分で「歴史、それは絶え間なく流れる大きな河。その中のキラキラとした一滴を“秘話”と呼びます」と、言って、キモい遊びをしていました!
関連記事

2012年06月28日 日記 トラックバック:1 コメント:0












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://nijiiroleina.blog49.fc2.com/tb.php/1634-cbeb2963

まとめtyaiました【猪苗代~会津~米沢の旅その2】

サクっと書くつもりだったんですが、写真見ていると色々書きたくなっちゃうのねん。そんなわけで、長いので続きからでお願いします。

2012年06月28日 まとめwoネタ速neo