GAMEバンドEXコンサート「勇者も魔王もおねーさんも。」に行ってきた


GAMEバンドEXステージ

Game Addict's Music Ensemble。通称GAMEバンドさんのEXコンサート「勇者も魔王もおねーさんも。」へ、行ってきました。
鶴見という比較的近い開催会場で大変ありがたかったです。
今回は、いつもと違って「いたってまとも」な演奏会。衣装もシックにクラシックスタイルでした…が。



GAMEバンドさんと言えば、全身タイツ。という代名詞が付くぐらい?な演奏会なのですが、開幕してみても驚くほどに普通でした。(スマナイ)

開場前の有志によるアンサンブルでも衣装はシックに。
そして開場後、入ってきたみんなも…シックでした。「これは本気か!?」と自分の目を疑いつつの演奏開始となりました。(さらにスマナイ…)
しかし、ゲームはもちろんオッケイです。のアナウンスでちょっと安心するのでした。
2次元の彼女も隣の席へ、でも混んできたら膝にかかえてあげてね。というクリスマスwなアナウンスに吹いたww

1曲目はカブキ伝より。
それなりに有名タイトルだと思う(天外2のスピンオフということで、今考えるとFF7なんかより先に行っていたんだなぁ…)のに、こういう演奏会では取り上げられない曲目だと思います。ブラスの勢いのよさに、和の音が組み合わさって開幕に良い演奏だったと思います。
DQ4は公式楽譜も出ているし、他でも演奏されていますが、それでも団体の味っていうのは出ますね。と聞いていて思いました。トルネコの低音パートの響きがいいね!
マザーメドレーは1~3のエイトメロディーズを組み合わせてのものでした。それぞれの曲をメドレーにするだけでなく、フレーズを重ねてみたり組み合わせを替えてみたりしてたりと、独自の編曲のものでした。しんみりとした雰囲気がちょっとクリスマスっぽいなとも思いました。
1部ラストはクロノ。忙しい人のクロノでしたが、沢山の曲を詰め込んでの演奏でした。
オープニング曲をエンディングの後のラストに持っていくという構成でしたが、これは勢いのあるままに終わるので、しめの演奏に向いているかも。とか思っちゃいました。最近は定番になりつつある魔王決戦ですが、やっぱええね!

2部はアンサンブルから。
このアンサンブルチームの名前が曲にあわせたネーミングで楽しいw
最初は「そのいそ ててのふ」さんの「レッドアリーマー」。ネーミングはパスワードから。
ユーフォニアムとチューバによるアンサンブルは組み合わせが新鮮でした。そして曲に合いすぎている!! 曲にあわせての編成なのか、この曲だからこその編成なのかは分からないですが、曲とチームともに普段では味わえない演奏で大変良かったです。
続いては「ムーンライト伝説」さんの「月の明り」。
愛のテーマのボーカルアレンジ曲ですね。ネーミングは…まぁ月だからね。(色々と)…奏者がコスプレで登場してきたことにざわめく場内。しかし演奏自体は演出ナシのしっとりとした演奏でした。
ラストは「インド人を右に」さんの「ダブルラリアット」。動画がザンギっぽくグルグルしているからということでの伝説の誤植かな?
サックスがエロいだけじゃない! という音を聞いて! と、いう演奏。これカッコよかった! 編曲も良かったと思います。ムーディにかつオシャレなサックスでした。が、やっぱり若干エロいと思います…(スマナイ)

2部ラストは「勇者のくせになまいきだ:3D」
この前に、他の団体さんからの祝電を読み上げていたんですが、LEWOさんの「演出…ありませんよ…ね…?」に、ステージ上を見渡すと…

これ、完全にフリでしたね。
だまされたわ~ マジ、だまされたわ~(ウソ)

演奏のために入ってきたみんなの姿に場内がざわめきます。
…うん、みんなコスプレしてた。
「普通の演奏会だから!」は、本当に完全にフリでしたな!

そして揃ったところで勇なまの演奏がはじまりました。
…手前に魔王さまと、コケをつまみに酒を飲むモンスターたち。あれあれ…? 勇者さんが攻めてきましたよ?
な、コント(演出)が、演奏にあわせて行われます。
GAMEバンドさんの持ち味を存分に発揮してきました!

演奏自体も大変良かったですが、こうして「画面再生」に近いものを分かりやすく表現すると、より演奏が分かりやすくなると思うのです。実際、ゲームを知らない相方が大変分かりやすい!と喜んでいました。
元ゲームが色んなゲーム、アニメなどからネタを拾っているので、出てくる勇者たちもネタ満載でよかったですw
楽しんだ後のアンコールが、「塊オンザスィング」と、何コレ自分向けのサービス!? とか思っちゃいました。

さすがに数回演奏会をしているだけあって、団体としてまとまっているし、こなれているなという印象でした。
ブラスらしい曲から、ちょっと変わった曲に、シンフォニック、アンサンブルと、色々取り混ぜてあるのも面白い部分だと思います。
原点回帰ということでしたが、それがよく出ていたのがアンサンブルだと思います。好きなものを好きな人が好きに演奏する。ということで、一番それが分かりやすい演奏だったと思います。

なんだかんだで演出もありw
基本に戻った演奏ありで、非常に楽しい演奏会でした。

次回は2012年度冬期開催。
LIVE A LIVE、桃太郎電鉄、アクトレイザー、ファイアーエムブレム、ICO他とのこと。
ゲーム音楽をコーラスで演奏するChor Crystal Manaさんが賛助出演ということで、FEとICOはボーカル付きだな、ニヤニヤ。ライブアライブやアクトレイザーも…?とか非常に楽しみです。

GAMEバンドの皆さん、ありがとう!&お疲れさまでした。



第一部
・「天外魔境 風雲カブキ伝」より「カブキ団十郎のテーマ~京を行く!~敵を絶つ!!」
・交響組曲「ドラゴンクエストⅣ」より「勇者の仲間たち」
・Melodies Medley~from Mother Series~
・「クロノ・トリガー」より

第二部
アンサンブルステージ
・バリチュー三重奏「レッドアリイーマー 魔界村外伝」よりメドレー
・クラリネット六重奏 月の明り-ファイナルファンタジーⅣ 愛のテーマ-
・サックス四重奏「初音ミク-Project DIVA-2nd」より「ダブルラリアット」

吹奏楽ステージ
「勇者のくせになまいきだ:3D」より

アンコール
「みんな大好き塊魂」より「塊オンザスィング」


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ
関連記事

2011年12月25日 イベント トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する