有名じゃないけど良いなと思うゲーム音楽 ジノーグの巻

今回はメガドライブソフト「ジノーグ」です。
9月30日より開催される、4Starオーケストラの2日目バンドステージ夜公演にて、岩垂徳行SPECIAL BANDとして岩垂さんが出演するので、「ひょっとしたら…」という期待をしつつ(ナイナイw)これを書いているワケです。

ファンタジー世界を舞台にした横シューティングゲーム。同系列にPCエンジンの「超兄貴」があったりしますが、こっちはまじめにヘンタイなことをやっているので違うのですよ。
…ボスがね。まぁ初めてプレイした際にはそんなにおかしいと思わなかったんですが、そんな自分がダメだということを後に知ったゲームです。

さて、サウンドは煌びやかな音だけど勇壮な趣で、メガドラFM音の重さを上手く使った、重厚かつドラマチックな曲たちだと思うのです。
1面はそんな特徴が分かりやすい曲だと思います。前半戦は出だしのスピード感と勢いをそのままにマーチっぽく。そして後半戦で不安げなメロディで世界の異様さを表現していると思います。
こんな風に、ゲームがシューティングということもあり、激しい曲かと思われがちなのですが、これがナカナカにゲーム世界観と共に不可思議な印象を与えていると思うのですよ。
怪しげな世界に合う、怪しくも華やかなメロディ(3面のバロック風サウンドが好きすぎる…! そしてボス曲がイイんだ…!)は、シューティングらしくないのに、画面としっくりくるのです。そのマッチングの上手さがこの「ジノーグ」の音楽の良さではないかと思います。

バーチャルコンソールでも配信しているので、是非プレイ! 難易度は…イージーならクリアできたへっぽこシューターの自分がいるので、そんなに難しくないのではないかと思われます。

EGG MUSICさんにて、「ジノーグ リマスタード・サウンドトラックス」が配信されていますが、ぜひともパッケ版もお願いしたいですわ…

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ
関連記事

2011年09月16日 ゲーム音楽 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する