ゲームサウンドミュージアム~ナムコット編~ S4 ドラゴンスピリット 新たなる伝説

ファミコン20周年の際に食玩で販売された8cmCDシリーズ「ゲームサウンドミュージアム」ナムコ編。シークレット4はドラゴンスピリット。ファミコンミュージックDVD~ナムコット編~にも収録されています。

FCへの移植にあたり、「続編」として移植&作られたドラスピです。
基本的な部分はアーケード版と変わりませんが、ストーリーとしてアムルとアリーシャの子供たちのお話へとなっています。この為にアムルは殺されてしまったのか…とちょっと悔しい。
スタートはドラスピのラストシーン。ザウエルとの対決。そのプレイ結果によって難易度が変化する(ゴールドドラゴン編、ブルードラゴン編)システムになっています。
ステージをクリアするとキャラクターの会話シーンになるのもファミコンらしいのかも?

さて、そんなゲーム内容ですが、曲はアーケードと同じ曲が多く使用されています。
「スタート~AREA 0」は、コイン音~エリア9(ザウエルの宮殿)そして続けてザウエルとの戦いと、同じ曲が使用されています。…ゲームが「父親アムルがザウエルと戦うシーンを見る」という演出なので、曲も同じものを使用しているわけですね。これはうれしい演出です。
そして、息子レイスの出陣(妹がさらわれちゃったので助けに行くよ!)となるわけですが、ここがまたうれしい選曲で、ドラゴンに変身する際の「出発」、そして1面とこれまたアーケードと同じ曲、同じ流れで使用されています。とはいえ、本来ループが長い曲なので短くアレンジはされていますが、FC音源で上手くアレンジされています。
1面をクリアすると会話ステージになるわけですが、ここで使用される曲がネームエントリーのもの。可愛らしい曲なので妖精さん(ボスを倒して助けているという設定)との会話にマッチしていると思います。

こんな風に、かなり元の曲をアレンジして使われているので、アーケード版が好きな方には馴染みやすいと思います。FCだからと変わったアレンジでなく、元曲にかなり近づけるようにしてあると思うのです。
それゆえに、ファミコン版オリジナル曲がちょっと浮いちゃっているかなと思う部分もあったり。深海ステージ(エリア7)はイントロの可愛さが好きなのだけど、そこだけで終わっちゃうのが勿体ない。

続編というよりも、FCでならこうなる。という部分が強い作品に思います。
音楽も「移植」として聞いて、比べると面白いかな?


ゲームサウンドミュージアム ナムコット編 ドラゴンスピリット新たなる伝説




1.オープニングデモ
2.スタート~AREA 0
3.ザウエル
4.出発
5.AREA 1(THE PALEOZONIC ERA)
6.BOSS
7.巫女
8.AREA 2(VOLCANO)
9.AREA 3(JUNGLE)
10.AREA 4(GRAVE YARD)
11.AREA 5(CAVE ROAD)
12.AREA 6(GRACIER LAND)
13.AREA 7(DEEP SEA)
14.AREA 8(DARK QUARTERS)
15.AREA 9-1(DARK CASTLE前半)
16.AREA 9-2(DARK CASTLE後半)
17.ヒュドラー
18.ガルダ
19.ガルダ(真の姿)
20.エンディング
21.コンティニュー
22.ゲームプレイ


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2011年06月16日 CD紹介(ナムコ) トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する