見事「Baba Yetu」がゲーム音楽としては初のグラミー賞に輝く!

昨年グラミー賞にノミネートされた、シヴィライゼーション4の「Baba Yetu」が、見事「Best Instrumental Arrangement Accompanying Vocalist(s)」部門にて受賞しました!

ソース Grammy.com(英語のサイトです)
Nominees And Winners(ノミネート&受賞作)


作曲者のChristopher Tinさんの受賞式映像


ビデオ・ゲーム・ライヴ




これ、ゲーム音楽の歴史として、ものすごい快挙なんじゃないですか…?
影響の1つとして、VGLによる演奏ツアーもあるのではないかと思います。昨年は6月のニューオリンズ公演の様子がTVにて放送されたこともあり、「ゲーム音楽」の盛り上がりが非常に高かったのだと思われます。


国内でも、昨年は「題名のない音楽会」での演奏、ラジオ「今日は1日ゲーム音楽三昧」と、メディアでも取り上げられ、またプロ、アマチュアの演奏団体にて「ゲーム音楽」を取り上げられることも多くなってきています。

確実に「ゲーム音楽」の人気というか知名度というか… 認知、かな?
今までの「ゲーム音楽? あ~ピコピコしてるの?」というイメージ(まぁ、ゲームやらない人は今でも結構そう思っているけどね)からの脱却が出来ると思いますし、1つの音楽ジャンルとして確立してくると思います。

つか、このニュース、各ゲームニュースサイトさん書いてないんだけど… orz
ずっと結果が気になっていた自分としては、注目度が低いのかなぁとションボリ気味。

だからこそ、もっと色んなゲーム音楽を知ってもらうキッカケとして、自分も色々とやっていきたいものです。もちろん、皆さんのお勧め曲やゲームを色々教えていただきたい! そして名曲たちを広めていきたいと思います。


コンサートの映像。日本にまた来てください…

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2011年02月14日 ゲーム音楽 トラックバック:0 コメント:2

シヴィライゼーションシリーズは有名ですけど、洋ゲーだから、あまり興味ない人が多いから、取り上げないだけだと個人的には思うのですが(これが日本の作品だったら、もっと注目されていたと思う)。まだ書いてないだけだけだったらいいかもしれませんが。曲自体はすごくいいですね。まるでNHKの番組で流れそうです。

>もっと色んなゲーム音楽を知ってもらうキッカケとして、自分も色々とやっていきたいものです

ゲームもファミコンから換算すると1万本以上は出てますから、名曲探すのって結構大変だと思います。最新作なんて値段の都合もあって余計大変ですが。そんな私も最新作のゲームだけでいったら、「ゴーストトリック」と「ダンガンロンパ」ぐらいですが、ちょっとずつちょっとずつ探してみたいと思います。ちなみにダンガンロンパはゲームクリアしてから聞かないと曲の良さがわからないと思います。そこがゲームミュージックのジレンマなんですが。

2011年02月14日 グリッサンド URL 編集

>グリッサンドさん
ようやく15日になって4Gamer.netさんが取り上げてくれましたが、やっぱり所詮は「洋ゲー」ってことなんですかね。国内版もあるけど…
知名度が低いのかもしれませんが、だからこそ国内サイトさんで取り上げてほしいと思うのですよ。

結局はゲーム音楽って、ゲームをプレイしてナンボであると思うので、なかなか難しいですよね~

2011年02月15日 くつ下 URL 編集












管理者にだけ公開する