ザ・ゲームメーカー ナムコ編&テクモ編


icon
icon
ザ・ゲームメーカー ~ナムコ(現バンダイナムコゲームス)編~
icon

icon
icon
ザ・ゲームメーカー ~テクモ編~
icon

ゲームセンターCXの制作スタッフが総力をあげて贈るDVD-BOOKシリーズの5、6弾目かな。
今回は、ナムコとテクモにスポットを当てて作られています。

DVDの内容は代表的なファミコンソフトの紹介と、製作者インタビュー(トーク)がメイン。それに課長とアメザリ平井さんがミシェラン風に思い出のソフトに三ツ星評価をしたりな感じです。
DVD-BOOKということで、一緒に封入されている本にも同様にゲームの紹介、製作者インタビューが記載されています。

ナムコはゲームの本数が多すぎるし、自社ソフトでない作品も多数あるためか本当に代表的…というソフトの紹介。チラシ(チラシは本にも掲載されてる)や付属品の説明とかもあります。
まだナムコは本数多めに紹介されていますが、テクモは本当に、本当に代表的なのだけ。まぁC翼(この略し方だとアレやな…)は版権とかで難しいのでしょうけど。その代わり、アーケードゲームが何作か収録されていました。…ボンジャックの曲は普通のだったけど(これも版権…?)



ナムコはbookの方にUGSF-WESTさんのギャラクシアン3シアター6のコトとかもあったりしたのですが、DVDには収録されず…うう、仕方ないか、ファミコンじゃないから…
ちょっとゲームカタログには足りないし、ライト層向けなのかなぁ~?という気もします。なんというかちょっと物足りないのですよ。全体的に悪くはないのだけど、もうちょっとエンタ寄りかカタログ寄りか、どちらかにした方がよかったんじゃないかなぁと思います。ちょっと中途半端なのね。

ただ、「Bar 8bit」が素晴らしく良いのです。
これは課長がフラッと寄ったバーで、お勧めのファミコン曲をピアノで奏でてくれるというもので、ナムコ編では「スカイキッド」、「マッピー」、「ドルアーガの塔」、テクモ編では「マイティボンジャック」、「ソロモンの鍵」、「忍者龍剣伝」を松澤健さんが弾いているのです。



素晴らしいね! こんなバーがあったら通っちゃうね!!
というか、自分のやりたい「ゲーム音楽喫茶」がこんな感じなんですよw

音楽を聞いて、課長が一言言うんですが、それもまたオモロイ。
とにかくピアノが素晴らしいね! アレンジでなく元曲とほぼ同じ(ドルアーガはうっかり下のパート歌ってしまうよ)で、ステージ曲だけでなくハリアップやゲームオーバーなどもしっかり入っているのが嬉しい!
本当にこんなバーがあったら良いのになぁ~としみじみ思いました。

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ
関連記事

2011年02月04日 DVD紹介 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する