アコースティック楽器によるコンサート「Nostalgia」へ行ってきた。

アコースティック楽器によるコンサートNostalgiaへ行って来ましたよ。

演奏者の皆さんのこと全然知らないで行ったんですが、ニコ動で有名な方ばかりだったんですねぇ…


イープラスさんから「チケットすぐ買えますよ?」とお知らせが来て、会場が(比較的)近所だったので申し込んでみた。という、ファンの皆さんにしてみれば「何コイツ」な感じだと思われます。スイマセン。

詳しい内容はヘレン酸が書かれると思うので、自分の思ったコトを。

会場がコンサートホールでなくフラットなためか奏者との距離が非常に近く、また、進行会話などもユルくてアットホームな雰囲気でした。
演奏は6人編成ですが、曲により2人~となる構成で、色んな曲を演奏されました。基本コンセプトが「ケルト音楽」として通っているので、色んな曲があっても全体として非常にまとまりがよかったです。こういう統一感があると分かりやすくていいね。
ゲーム音楽オンリーではなくオリジナル曲もあったりしましたが、どれも素敵な曲でした。元々ケルトスキーなこともありますが、全体のまとまりがしっかりしていたからかな~と思いました。それに奏者さんのレベルも高くて安定していたのも素晴らしい。バイオリンのhiyamaさんはサラリーマンなのね。驚きの上手さでした。

ゲーム音楽でも好き曲多かったのも嬉しかった! ロンフォール名曲だよね。アンコールのFF5ハーヴェストなんか「お祭りケルト!」って感じで楽しくてよかった。…さすがにあのハンドクラップは打てなかったけど。

観客参加もあったけど、アレは難しいよ…
FF3のボーカルアレンジのさらにアレンジ、ということで、元曲知っていても入りが難しいのでは無いかなと思いました。私はアルバムを持って聞いていたから分かったけど…敷居は高かったと思います。

ともあれ、全体的には本当に素敵な演奏会でした。横浜という近さもありがたかったです。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ
関連記事

2011年01月29日 イベント トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する