目蒲線の女についてちょっと語ってみた。

ゲーム「リブルラブル」の曲。を聞いてみてください。



次に、目蒲線の女を聞いてみてください。



全く同じ曲。ではないのだけど、フレーズはそのまま(だと思う)なアレンジです。
目蒲線の女の前奏部分は、ゲームの「メインテーマ」をコードとリズムを変えて使用しています。また、前奏のラストには(上記動画には挿入されていませんが)効果音もメロディに取り入れています。

ボーカルのメロが終わった後サビに入りますが、これはゲームの「奇跡」のアレンジとなっています。

音楽だけでも良いアレンジなのですが、この曲が好きな理由は「歌詞」にもあります。
メロの終わりの歌詞が「奇跡を信じるがんこもの」で、奇跡メロディへ入るというのが憎い!

「ルビーの指輪(リング)に想いは ますますつのるだけ」
この歌詞の「ルビーの指輪」は、ゲーム中に出てくる得点アイテムでもあります。

「花束もらって夢を見た 虹のかなたのブライダル」
これは「奇跡」のシーンを表現しています。
「奇跡」の「フラワー(花束)」、「虹(レインボー)」、「ブライダル」をまとめているのでしょう。(夢はファンタジーか?)



そして「悲しい未練はバシシ」と、「バシシ」というこのゲーム特有の言葉を使用しているのが愉快なのです。
そんな風に、しっかりゲームを表現しつつ、音楽もゲーム曲と同じ(しっかりメロを残してアレンジしてある)という作りになっているため、アレンジとしても表現が変わっているのにすんなり入っていけるものになっているのだと思います。

カッコつけずに、ゲームの面白さを異なるテーマで表現しているのが良いのです。

タイトルの「目蒲線」は現在無くなってしまいました(今は多摩川線?)が、ナムコ本社があった「矢口渡」駅が、この目蒲線沿線なのです。その沿線駅名を上手く入れているのも面白さをアップしていると思います。

まぁとにかく、名曲!なので、カラオケに入れてください。(結論はいつもコレ)

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ
関連記事

2011年01月09日 ゲーム音楽 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する