新大陸-G.S.M. TAITO 6-/ZUNTATA

ZUNTATAが厳選した新旧おりまぜ6曲を、各コンポーザー個人が「自分の音楽の方向性の延長上にいる」または「全く自分と異なる方向性」の方をアレンジアーティストとしてお願いし、その比較としてオリジナル曲を収録しています。

ラスタンは上野耕路さんのアレンジ。
クラシカルな雰囲気を出しつつ、妖しさはそのままに。元曲のメロディがそのままなので、聴きやすいアレンジだと思います。
ナイストはOTOさん。これは不思議! アフリカ民族曲を思わせるようなボイスで、リズムも軽快にアレンジされています。メロディこそ同じなんだけど見せる風景は全く異なっており、自然の中の人々の息吹を感じさせるような…ナイストが夜のゲームなのに、この曲ではまぶしい太陽を感じさせ、アレンジでこうも変化するという楽しさがある曲だと思います。お気に入りです。
サイドエフェクトは近田春夫さん、岡田陽助さん。元曲の一風変わったテクノ風サウンドを、ポップに聴きやすくノリ良くパワーアップ。テクノサウンドからディスコ風?になっているかなと思います。
ルナークは西脇辰弥さん。これまたちょっとイメージを変えたアレンジ。元曲プラスオリジナルパートといった方向。荒野でもなく、爽やか…でもなく、ちょっと謎。(フュージョンかなぁとも思うけどちょっと違う感じもする…)
ミズバクは福田裕彦さん。メインメロディをリコーダーで奏でて可愛くも優しいアレンジ。元曲が大変に天気の良い曲なのでそれ以上に天気にするのは難しい。そういうことでこういうアレンジになったそうです。何となく「雨上がりの青空」を思わせる爽やかに軽やかなアレンジですね。
ダラⅡはラスタンと同じく上野さん。こちらもピアノと弦とでクラシカルな趣のアレンジです。

元曲はすでに聴き馴染んだものなだけに、それはもうスンナリと。サイドエフェクトだけ他にアルバムになっていない(つか、出回ってたの?)ので、ココでしか!なトコはアリ? 曲はいかにもTAMAYOさんらしいリズムにクセのあるメロディだと思います。

インナーには各曲のイメージ写真がアルバムのように掲載されており、曲イメージ(アレンジの方向性)が感じ取れるようになっていると思います。こういうインナー上の演出もZTTらしく(レイフォースのアレとかを思わせる)企画性の高いアルバムになっています。


新大陸
新大陸~G.S.M.タイトー6/ZUNTATA


<Arrange Version>
1.~I~ The Story
2.Aquarius
3.Notification
4.Rune & Ark
5.仲よくしようよ! みんな友達さ!!
6.Muse Valley

<Original Version>
7.~I~ The Story(Rastan Saga Ⅱ)
8.Aquarius(Night Striker)
9.Notification(Side Effect)
10.Rune & Ark(Runark)
11.Theme of Kain(Runark)
12.仲よくしようよ! みんな友達さ!!
  (ミズバク大冒険)
13.Toy Panic(ミズバク大冒険)
14.Muse Valley(DariusⅡ)


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2010年08月03日 CD紹介(タイトー) トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する