夢がピコピコ膨らんで~

え~、演奏会についての自分妄想です。ピコピコポン関係無いです…

文章上手くまとめられる自信が無いんですが、言いたいことを書いていきます。

演奏会が各地で行われていますが、その際の演奏曲は家庭用ゲームの曲が多く、アーケードはほとんど取り上げられないなと感じています。
その仮定として、アーケードの曲は家庭用ほど有名じゃない、または、演奏する人があまりプレイしていない作品が多いというのかなと考えました。演奏するにも「好きなゲーム」が第一だと思いますし、そのためどうしてもアーケード作品は少数派となってしまう?のかなと自分の中では考えています。

また、自分の年齢はゲームファンとして結構上だと思ってます。私がゲームを一番プレイしたのは学生時代なのですが、当然ながら現ユーザーのほとんどの方はその当時子供(中学生以下くらい?)と思われます。その為、自分の中では「定番の名曲」と思っている作品でも知られていないことが多いです。
曲として知られていたとしても、ゲームの「思い出」は無いのではないかなと思われます。移植等でプレイはされているかもしれませんが、ゲーセンでプレイしたということは少ないのでは無いかなと思うのです。
当然ながらこれまた演奏する際にも「プレイの思い出」というのは選曲に左右されると思うのです。ゆえにやっぱり演奏される機会が少ないのかなと考えてます。

逆に演奏会というスタイルではなく、ライブ活動をされている方ではアーケード作品を取り扱っている場合が多く感じられます。
これは何でなのかな? アーケード作品がバンド形式に合っているだけでは無いと思います。メンバー数によって好みの優先(自分の好き曲を演奏する)が違うとか、あるのかもしれませんが、イマイチ納得できる理由がみつからないです。

昔、朝~昼は同人誌イベントを行い、その後バンドライブを行うというイベントを考えたんですが、ライブと同人誌イベントを同時に出来る会場を思いつかず(同人誌イベントなら会議室とかでオッケイですけど、バンドとなると難しい)、可能な会場となると全部ホールごと借りる=金銭ヤバス(一人じゃムリぽ)となってしまい、実行に移せなかったんですね。
同人イベントでバンドさんはCD販促も可能だし、イベントついでにライブも見れるとなれば集客もそれなりにあるのではとか夢がピコピコな事を考えていたりしました。

しかしながら、ゲーム同人でもジャンル色々あるように、ゲーム音楽でもジャンル色々あるわけですよね。
私の好みがナムコタイトーセガコナミスキーなように(それにしちゃCD持ってないけど…)、それらに興味が無いという方もいらっしゃるわけですよ。その原因の一つが年齢でもありますし、自分がプレイしてきたゲームだと思われるんですよ。
全てを納得させるようなイベントというのは難しく、総合となるとやっぱり広く、浅くになってしまうのかなと思います。それがプレスタなどの演奏会の難しさなんだと思います。全ての人を満足させるというのは難しいですから。

ですから演奏会もジャンル分けといいますか、バリエーションが豊かになって「自分の好み」にあったものが出てきてくれればいいなぁと思うのです。…まぁ自分でやれよっていうのがもっともなんですけど。

今、多分こういう妄想に一番近いところにあるのがProject2083さんなのかもしれませんね。

そしてやっぱり上手いことまとめられませんでした。orz
関連記事

2010年05月30日 日記 トラックバック:0 コメント:2

やはりアーケードの場合、プレイ時間や最初にインパクトを与える意味においても曲はやはり派手とかメロディアスな曲が多く、そしてその中でもフュージョンなどに影響された曲も多数ありますから、どうしてもバンド形式に合ってしますのではないかと思います。

逆にコンシューマー系の演奏曲を見るとドラクエとFFのようなRPGが多く、それらの曲はゆっくり疲れさせないようにするために作られた曲が多く、逆にオーケストラと相性がいいのだと思います。

ところでゲームの選曲をみるとどうしてもみんなが知ってる曲になってしまうのですが、こういうのはお客さんが知っている曲だから来てくれるのだろうと自分はそう思っています(自分達が演奏したいからという理由もあるのだと思いますが)。これはいいかどうかはわかりません。客としては自分の知っている曲とか有名な曲があったら安心して(はずれがないと意味で)聞くことができます。でも、ゲーム音楽を啓蒙する意味ではこればっかりではよくないと自分は思います。挑戦という意味で1曲でもみんなは知らないがいい曲をやっていけば、もっと曲のレパートリーが増えていくと思います。

2010年06月02日 グリッサンド URL 編集

>グリッサンドさん
なるほど、バンド形式が合うというのはありますね。
ただ、昨年のプレスタでのペルソナのように、バンド形式が合う曲をオケでやることがあるならば、ジャンルや合う合わないだけでは無いように思うんですね。

選曲に関しては、「みんなが知っている曲」をやるということに同意です。
やっぱり知っている、好きな曲を聴きに行くのは前提ですから。それが人気作品といいますか、そうなってしまうのが残念な感じなんですね。

グリッサンドさんのおっしゃる挑戦というのは、取り組まれていることもあるのかなと思います。
プレスタでもあまり定番でないけど、演奏してそれで知ってもらうという取り組みはされていると思います。
それをどう受けるかというのが観客にあるんですが…知らない曲を教えてもらったとなるか、ナニコレ~となるか…

結局はやっぱり曲の知名度と言うことになってしまうのかなぁ~と考え中です。

ご意見本当にありがとうございました。
色々また考えがピコピコしております。

2010年06月04日 くつ下 URL 編集












管理者にだけ公開する