自分語り。

「自分のルーツ」となる音楽の話が出たので、思い起こした自分の話。



自分のルーツとなる音楽を考えた場合…ビートルズだったりするのかな?でもビートルズは好きではなくて、サイモン&ガーファンクルやカーペンターズの方が好きでした。
父がよく部屋で聞いていたのを自分も聞いていたので、素晴らしく影響を受けたと思います。英語の授業で「TOP OF THE WORLD」を歌うというのがあったんですが、私がスラスラ歌っているのを不思議がられました。でも英語は喋れないんですけどねw 刷り込みに近いんだと思います。

その後は富田勲さんのシンセサウンド、YMO、70~80年代洋楽、ファミコンという形だったので、あまり日本の曲には馴染みが無い育ち方をしました。

音楽の授業も小学生の時には日本の歌を歌っていたのですが、演奏の方が好きで(たて笛とかハモニカですけど)、そういった演奏曲は大抵クラシックであり、映画音楽だったりしたわけで、そっちを良く覚えているし、今でもしっかり楽譜が頭の中に入っています。
中学のときは理論を習ったような…?歌はあまり覚えてないですね。合唱コンくらい?
高校になると先生が音楽家だったせいか? オペラ曲(イタリア語、ドイツ語)、聖歌(ラテン語)、カンツォーネ、シャンソンと、本当に日本の歌を知らずに育ってしまいました! そのせいなのか、曲の「詩」よりもメロディ先行で好きになるようになったのかなと、ふっと思ったのです。

知っている日本の歌がアニソンだけってのも微妙だなぁ…
関連記事

2010年04月16日 日記 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する