CRACK DOWN・GAIN GROUND/SEGA

セガのトップビューアクションゲーム「クラックダウン」「ゲイングランド」2作のカップリングアルバムです。
それぞれ曲数は少ないものの、非常にドラマチックな曲たちだと思います。

「クラックダウン」は特定の箇所に爆弾を仕掛けて脱出するというゲームで、潜入ミッションな雰囲気からかハードボイルドな曲調となっています。静かに緊迫感を煽るような曲たちは、プレイする感覚に近くなっていると思います。
基本的に渋めのサウンドですが、「キル・オフ」は一転して華やかなアクションシーンを思わせる曲調で、スパイ映画のようでカッコいい! 
ボスシーンは重めのベースで緊迫感を出して、クライマックスへの流れをメロディで盛り上げています。やっぱり雰囲気はハードボイルドですね。

そして「ゲイングランド」。チマチマとプレイするのが大好き人間には大変ハマったゲームです。(ガントレットも大好き)
シーンBGMはそれぞれの時代の雰囲気を盛り上げるサウンドとなっています。原始は勇壮に、中世は煌びやかな中に悲壮感を合わせ、中国はベタな中華でなく雰囲気だけで抑え、不安感を感じさせるようなものに、そして未来は金属的なサウンドに重く荘厳なメロディが舞台終盤と、「死」すら感じさせる無常なマシンのように響きます。
1曲が長いこともあり、どれもがストーリーを持ったドラマチックな曲たちです。

「原始」が良く名曲として語られていますが、エンディングもまた名曲だと思います。安らかな弦の音色が、今までの苦しかった戦いからの開放感を与えてくれて、優しく包むように奏でられ、プレイ終了の心地よさと重なるのです。

攻略クロニクルシリーズ ゲイングランド&クラックダウンに、これと同様のサウンドCDがついています。


クラックダウン・ゲイングランド
クラックダウン・ゲイングランド


クラックダウン
1.クラック・オブ・ドーム
2.クラックダウン(BGM1)
3.アンブッシュ(BGM2)
4.オプレッション(BGM3)
5.キル・オフ(BGM4)
6.ラッシュ(ボスシーン)
7.アイキャッチ(ラウンドクリア)
8.ブレイクアップ(エンディング1P)
9.フォー・アウト(エンディング2P)

ゲイングランド
10.原始~起~(勇者達のテーマ)(BGM1)
11.中世欧州~承~(BGM2)
12.革命前中国~転~(BGM3)
13.未来ロボット~結~(BGM4)
14.戦士の休息(ラウンドクリア)
15.時空の扉(エンディング)


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2010年04月02日 CD紹介(セガ) トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する