やっと食べた

やっとサークルK・サンクスさんで販売中の「パックまん」を食べました! の感想です。





近所にないので、出かけ先で見つけたサークルK。せっかくだから、ということで買って食べてみました。

まず形。
普通の中華まんに比べて小さめサイズ。黄色い体に口の部分は白(というか、白の包子に黄色い部分を重ねている)でパックマンを表現。…なんですが、口の部分が不恰好で、ちょいと微妙にゆがんでいました。
ITmediaさんの記事「パックマン」はどんな味? ウワサの「パックまん」を食べてみたでも記載されていますが、どうやらこの形成は難しい模様。膨らむから難しいのかもしれませんね。

で、一口。
…中身が出てこない… のでもう一口。まだ出てこない… ふおおお!外れか!? と思ってもう少しバクバクと食べたところで出てきました。
カスタードクリームの中に、クッキークリーム、砕いたアーモンド(食べたときはココナツかと思った)が入ったデザート中華まんなわけですが… この味…何かに似ていると思いながら食べ進んだときに「コレ、ドクペ(ドクターペッパー)じゃね?」と気づきました。なんていうか、甘いんだけどそんなに甘ったるくなく、なんとなく酸味(包子のせいかも)が感じられたのですよ。
甘いモノ大好き人間としては、物足りない甘さですが、逆に甘いのはそんなに好きじゃないという男性(パックマンというターゲット層はアラフォー男性?)にもオススメできる甘さの調節なのかなと思いました。

あ~でも美味しいかと言われたら…微妙?

クッキークリームの味がイマイチだったせいかも。アーモンドは良いアクセントになっていて正解だったと思いますが、もちっと甘くても良かったんじゃないかなぁという感じです。

気になる台紙の豆知識は「その①ドットの正体」でした。内容は
「パックマンが食べているドットの正体は…クッキーだった!」
というもので、クッキークリームはその味を再現したそうですよ。…そうか、コレ食っていたのか…

あと、気になるのはコレを買う際のアクセントでした。
私が買うときに「パックまん下さい」と、ゲーム「パックマン」と同じアクセント(パにアクセント)で言いましたが、お店のお姉さんは中華まんと同じ発音で「パックまん一つでいいですか」と言っていたのです。
どっちが正解? どっちもかしら? と、小心者はまたもやウダウダ悩みながら食べたのでした。
関連記事

2010年01月25日 日記 トラックバック:0 コメント:2

私もつい最近食べましたが概ね同意です。
意図的にやってるのはわかりましたが、それでもあのクリームの寄り方は不自然すぎるような気がします。
クッキーも微妙でこれならクリームだけでもいいんだけどなぁ、という感想。
台紙も全く一緒でした。
せめてクリームをもうちょい増量してクッキー無くせば、普通のあんまんに飽きた人が代わりに買ってくれるんじゃないかとは思うんですが。

どうでもいいですが、サンクスの中華まんは「極みの肉まん」が最強だと思うのです。

2010年01月27日 yasuoku URL 編集

>yasuokuさん
お返事遅くなってごめんなさい。

やっぱり微妙?でしたか。
たまたま片寄っていたのかなと思ったんですが、アレはああいうものなんですね。
クリームだけの方が、女子受けしそうな気がしますし、売り上げも上がりそうなのにと思うのです。

極みの肉まんはネーミングから美味しそう!
次回はコレを食べてみることにします。

2010年01月31日 くつ下 URL 編集












管理者にだけ公開する