ナムコット ゲーム ア・ラ・モード

新旧ナムコゲームサウンドを、オリジナルそのままではなく、アレンジではないけど構成しなおして収録した…というか、チップチューンアレンジ風なアルバムです。

まずはFCの「ワルキューレの冒険」。これはプレイデモ風に効果音もBGMに載せて収録してあります。こうして聞くと効果音とかドルアーガと似てますね。
曲ごとのトラック分けがなく、まとめているので、それぞれの曲タイトルが分からないのが残念です。メインテーマは続編である「ワルキューレの伝説」にもアレンジして使用されていますね。
これは割りと原曲が残った形で収録されているかなと思います。

続いてのマッピーは、エコーを強くかけていたり、途中に効果音をリズミカルにはさんだりしていますが原曲に比較的近いものです。「スペースファンタジー」もそういうアレンジというか、構成ですね。この時代の効果音って、BGMが無いだけにインパクトが強いのか、リズム良く鳴らすだけでカッコ良くなりますね。効果音こそがBGMだったわけで、聞いていて気持ちいいものに作られたのかなと思いました。いわゆるクラブ系チップチューンサウンドに近い出来かなと思います。

ゼビウスはお馴染みのステージサウンドに、ボコーダーサウンドを載せて。しかしこのステージサウンド、聞き続けているといい感じにトランスできますね。刻まれるブラスター&ザッパーもまた心地よくなってきます。

ヒットゲームスクランブルは、3つのゲームをミックスして流している…だけでなく、これまた面白いアレンジになっています。スカイキッド音頭ともいえるようなリズム取りなのに、ポップかつファンキー。3作品が別々でなく、元の曲の可愛さそのままに上手くリミックスされているのが良いですね。

リブルラブルとバベルの塔の収録はワルキューレに近いかな。
バベルの塔はプレイの流れに沿って収録されていますが、これまたエコー強めで軽快ながらも神秘的な雰囲気です。リブルラブルは、原曲そのままではないけど、プラスアルファのメロディと効果音を載せてアレンジ。

原曲そのものを求める人にはつらいけど、プラスアルファアレンジというか、サンプリングアレンジされたものとして聞くと、これが凄くカッコイイサウンドになっていると思います。ナムコゲームでピコピコテクノを作りました!そんな感じのアルバムかなと思います。
うん、だから「ア・ラ・モード(流行的)」ということなのかな?


ナムコット・ゲーム・ア・ラ・モード




1.ワルキューレの冒険
2.マッピー
3.ワープマン
4.スペースファンタジー
 =ギャラクシアン VS ギャラガ=
 =スターラスター=
5.ゼビウス
6.バベルの塔
7.バトルシティ
8.ヒットゲームスクランブル
 =パックマン=
 =ディグダグ=
 =スカイキッド=
9.リブルラブル


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
関連記事

2009年07月09日 CD紹介(ナムコ) トラックバック:0 コメント:2

この当時は、CD出る!ってだけでもすごかったようですね。

だから、タイトルも出来るだけいっぱい入れたい!って感じだったそうですヨ。


あと、某著作権団体管理の場は、1曲に金がかかるとかで、トラック分けしないで収録することで回避するってこともあるようです。。。ア

2009年07月11日 ava URL 編集

>avaさん
そうか~そういえばCD化されるゲームっていうのは決まっていますしね。
とにかく色々入れちゃえ! ってのは、昔ならではのサービスということですか。

トラック分けの魔法は1曲当たりのアレが増えるのよ~♪ということで了解です。
なるほど。

2009年07月14日 くつ下 URL 編集












管理者にだけ公開する