FC2ブログ

ゲーム音楽を聴こう

ゲーム音楽CD紹介をメインに、ゲーム音楽コンサートの感想やイベント情報などを、日記を交えて書いています。
ゲーム音楽を聴こう TOP  >  CD紹介(任天堂)

ニンテンドーDS ポケモンブラック2・ホワイト2 スーパーミュージックコンプリート

ポケットモンスターブラック2ホワイト2のサウンドトラックです。ディスク1~3までがBW2、ディスク4がスペシャルディスクとして、エメラルド、プラチナの未収録曲を収録しています。
道路曲とかはBWと共通だったりしますが、そちらはニンテンドーDS ポケモンブラック・ホワイト スーパーミュージックコレクションに収録されているからか、重ねて収録しなかったようです。BWと同じ曲名のものについては、2用アレンジになっています。
それでも曲ボリュームが凄いことに。基本的にはイベント系とかミニゲーム的サウンドなのでしょうが、これが無いとポケモンでもないというところでもあるのかな。実はあんまりポケウッド撮影やらなかったり、通信交流やらなかったり、ミュージカルもそんなにな、図鑑とりあえず埋めておけばいい勢(バトルタワーもそんなにやらない)なので、印象的な曲となると戦闘と町曲になってしまいます。

思えば作品がDSと、発売から結構経つことに今気づいたわけですが、音楽的に結構生音っぽい良さがありますね。派手めな曲もシックな曲も、音の良さがあると感じます。もちろんちょっとしたノイズは入っていますが、なかなか音からのアプローチが効果的な曲たちかなと思いました。
タチワキジムはライブハウスということで、ボーカル入れてのジム曲アレンジになっているのが面白いです。これライブ演奏でやったら一緒にドガース!って歌いたいw このボイスはグラフィッカとプランナさんということで、スタッフ自ら声入れる系なのも面白いというかやるのはどこも基本なんですね… ライモンジムのボイスは誰なのかな…? 
ジム曲がそれぞれの雰囲気に合わせて色んなアレンジになっているのがBW2の特色のひとつですね。なかなか面白いです。

戦闘曲だとアクロマさんが色々おかしくて印象強いです。Nは前のバージョンのキラキラした感じが好きだったので、今回はちょっと苦手方面。その代わり?アイリスがキラキラとチップサウンド的味わいを持たせて、楽しくも華やかにというチャンピオンらしさがあります。生音の良さ以外にも、こういう懐かしい音の良さがあるのもいいですね。

ディスク4はGBA作品だからか、ちょっぴりノイジーな部分も。でもその音すら懐かしい… ハンサムはいつスピンアウト出ますかね?

毎回思うのがブックレットの豪華さ! 作曲者コメントとストーリーに合わせてキャラ紹介、背景設定資料も沢山!と、読み応えがあります。ディスク盤面もそれぞれキュレム、ゼクロム、レシラムにギラティナ、レックウザが描かれていて、アイテムとして嬉しい作りになっています。こういうの最近あんまりないからやっぱり嬉しいところです。ポケモンだからというとこもあるんでしょうね。


ニンテンドーDS ポケモンブラック2・ホワイト2 スーパーミュージックコンプリート




DISC 1 オリジナルサウンドトラック
1.オープニング
2.タイトル
3.はじまりのきざし
4.ヒオウギシティ
5.ベルのテーマ
6.19番道路(春~夏)
7.戦闘!野生ポケモン
8.サンギタウン
9.サンギ牧場
10.ライバルのテーマ
11.戦闘!ライバル
12.タチワキシティ
13.タチワキシティ(演奏・DOGARS)
14.プラズマ団、再び
15.ポケウッド
16.ポケウッドで撮影中!
17.ポケウッド・対決のテーマ
18.ポケウッド・栄光のテーマ
19.ポケウッド・敗北のテーマ
20.ポケウッド・襲来のテーマ
21.ポケウッド・成功のテーマ
22.ポケウッド・敗退のテーマ
23.ポケウッド・奇妙のテーマ
24.ポケウッド・愛情のテーマ
25.ポケウッド・悲愴のテーマ
26.ポケウッド・戦慄のテーマ
27.ポケウッド・浄化のテーマ
28.ポケウッド・恐怖のテーマ
29.ポケウッド・滑稽のテーマ
30.ポケウッド・絶望のテーマ
31.ポケウッド・衝撃のテーマ
32.ポケウッドに銅像が建った!
33.ヒウン下水道
34.ヒウンジム
35.視線!クラウン
36.フェスミッション開催中!
37.ユナイテッドタワー
38.アクロマのテーマ
39.戦闘!トレーナー
40.ジョインアベニュー
41.ジョインアベニューでレベルアップ1
42.ジョインアベニューでレベルアップ2
43.ジョインアベニューであいさつ!
44.ライモンジム・ランウェイ
45.視線!おとなのおねえさん
46.ライモンジム・ステージ
47.戦闘!ジムリーダー
48.勝利は目の前!

DISC 2 オリジナルサウンドトラック
1.ホドモエジム
2.ポケモンワールドトーナメント(PWT)
3.PWT会場
4.戦闘!ジムリーダー(カントー)
5.戦闘!チャンピオン(カントー)
6.戦闘!ジムリーダー(ジョウト)
7.戦闘!チャンピオン(ジョウト)
8.戦闘!ジムリーダー(ホウエン)
9.戦闘!チャンピオン(ホウエン)
10.戦闘!ジムリーダー(シンオウ)
11.戦闘!チャンピオン(シンオウ)
12.PWTで決勝戦!
13.PWTで勝利!
14.PWTで優勝!
15.地底遺跡
16.戦闘!レジロック・レジアイス・レジスチル
17.プラズマフリゲート・甲板
18.ヴィオのテーマ
19.チェレンのテーマ
20.フキヨセジム
21.メダルラリーでゴールイン!
22.メダルボックスリニューアル!
23.ヤマジタウン
24.リバースマウンテンへの道
25.リバースマウンテン(ブラック)
26.リバースマウンテン(ホワイト)
27.ストレンジャーハウス
28.戦闘!伝説のポケモン(シンオウ)
29.ソウリュウジム
30.強襲!ソウリュウシティ
31.凍った街
32.視線!プラズマ団
33.戦闘!プラズマ団
34.ダークトリニティのテーマ
35.マリンチューブ
36.セイガイハシティ
37.セイガイハジム
38.22番道路(春~夏)
39.プラズマフリゲート出撃

DISC 3 オリジナルサウンドトラック
1.プラズマフリゲートに潜入!
2.戦闘!アクロマ
3.覚醒
4.対峙
5.吸収
6.合体
7.戦闘!ブラックキュレム・ホワイトキュレム
8.戦闘!ゲーチス
9.23番道路
10.Nの城
11.Nの部屋
12.Nのテーマ
13.戦闘!N
14.イッシュリンク
15.ライブキャスターでミニゲーム!
16.ライブキャスター・ゲームスタート!
17.ライブキャスター・ゲームで優勝!
18.19番道路(秋~冬)
19.心の空洞
20.戦闘!ユクシー・エムリット・アグノム
21.黒の摩天楼・入り口
22.黒の摩天楼
23.白の樹洞・入り口
24.白の樹洞
25.オタマロ合唱隊
26.22番道路(秋~冬)
27.図鑑生息地が埋まった!
28.メダルを全部あつめた!
29.戦闘!チャンピオンアイリス
30.スタッフロール
31.THE END
32.ミュージカル「メロメロ★ムンナ」
33.ミュージカル「ポケモンパーティ!」
34.ミュージカル「ポケモンセンターDEオシャレ♪」
35.ミュージカル「MELOETTAAA!!!」
36.決勝!ポケモンワールドチャンピオンシップス
37.いにしえのうた

DISC 4 スペシャルディスク
1.タイトル(エメラルド)
2.エントリーコール
3.異常気象
4.レックウザ光臨!
5.バトルフロンティア(ホウエン)
6.バトルタワー(ホウエン)
7.バトルファクトリー(ホウエン)
8.バトルアリーナ
9.バトルドーム
10.バトルチューブ
11.バトルパレス
12.バトルピラミッド
13.バトルピラミッド頂上
14.バトルポイントをもらった!(ホウエン)
15.戦闘!フロンティアブレーン(ホウエン)
16.バトルシンボルゲット!
17.戦闘!ミュウ
18.タイトル(プラチナ)
19.press start
20.特別番組「ナナカマド博士に聞く」
21.ハンサムのテーマ
22.グローバルターミナル
23.Wi-Fiひろば
24.Wi-Fiひろば・ひろばゲーム
25.どんどんソーナンスをクリア!
26.Wi-Fiひろば・パレード
27.ギラティナ出現!
28.ギラティナ出現!その2
29.やぶれたせかい
30.戦闘!ギラティナ
31.ぐるぐるこうかん
32.ふしぎなおくりもの(プラチナ)
33.スーパーコンテスト・かわいさ部門
34.スーパーコンテスト・かっこよさ部門
35.スーパーコンテスト・たくましさ部門
36.スーパーコンテスト・うつくしさ部門
37.スーパーコンテスト・かしこさ部門
38.別荘・フタバでオルゴール!
39.別荘・ミナモでボサノバ!
40.ファイトエリア(バトルフロンティア)
41.バトルルーレット
42.バトルルーレットでBPゲット!
43.バトルステージ
44.バトルファクトリー(シンオウ)
45.バトルキャッスル
46.キャッスルポイントをもらった!
47.バトルポイントをもらった!(シンオウ)
48.戦闘!フロンティアブレーン(シンオウ)
49.フロンティアブレーンに勝利!(シンオウ)


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへにほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2020年01月29日 18:44 ] カテゴリ:CD紹介(任天堂) | TB(0) | CM(0)

サウンド・オブ・カービィカフェ2

カービィカフェで流れている、カービィサウンドのカフェアレンジアルバム第二弾。店内でこれが流れている中、美味しい食事と素敵空間に包まれるので、是非お店行ってみてください。
カテゴリが任天堂になっていますが、HAL研にするべきだろうか悩んでいる今日この頃。

カフェアレンジということで、どの曲も基本的にゆったりとした、落ち着きつつも暖かさを感じるアレンジ。元曲から姿は変わっても結構フレーズは残っているし、アレンジとしてしっかりテーマが決まったものなので、違和感なく聞けると、面倒な原曲至上主義の人間が感じています。
元々がピコっとした割とあわただしい曲が多い(あとループ短い)印象ですが、その良さも残しつつ、カフェでくつろげるようにしっとりとした雰囲気になっており、あの曲がこんなにオシャンに! という驚きを受けつつも、聞きながら美味しい紅茶でも淹れようか。と気持ちの切り替えにもなるアルバムです。

「Tomorrow's Tea Times」は、ハンターズの時間止めた際のサウンドを「時間を止めて、ゆっくりしよう」というコンセプトにしたということで、イントロの時計の音がその演出に一役かっており、カチコチと鳴った音が止まることでゆっくりと過ごすことができるという流れが面白いと思います。
「マリオネットキッチン」では、マルクのあの奇妙かつシリアスなサウンドが、その雰囲気は残しつつもキレイで優雅に。優しい曲だけじゃないセレクトも嬉しいところ。そういう点では「黄昏と星空の珈琲店」も面白い選曲からのアレンジ。哀愁漂う雰囲気がちょっと大人っぽく、温かいカフェよりも大人な雰囲気の(ワインなどもある)喫茶店みたいなイメージ。

「聖夜のシュガーホワイト」はオープンがクリスマス間近ということからの、しっとりとしたアレンジ。とはいえカフェというコンセプトがあるので夏に聞いても(店内は涼しいし)イケるのか! コルダはそのままでも寒いかなw

色んな曲があっても、カフェで流れる。ということを思って作られているので統一感はあるし、家でまるっと流していればカフェ気分を味わえるアルバムです。癒し系サウンドでもあるし、ちょっと慌ただしい日常から離れてゆったりしたいという時に聞くとリラックスできると思います。おせんべいすらおしゃれになる!

サウンド・オブ・カービィカフェ特設サイトで1の試聴ができます。そのうち2も試聴できるかな?


サウンドオブカービィカフェ2

1.きらめき星、うまれて
2.踊る森の実りたち
3.マリオネットキッチン
4.Tomorrow's Tea Times
5.黄昏と星空の珈琲店
6.王様きらきらフルコース
7.ブリリアントブルー
8.聖夜のシュガーホワイト
9.ブライト オブ ドリーム
10.モノクロームブレンド
11.空と花の香りの思い出
12.Smile-Sisters & Gentleman
13.眠れるキカイのプラネット
14.いつか、その夢も
15.GREEN WARMTH

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへにほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2020年01月07日 16:39 ] カテゴリ:CD紹介(任天堂) | TB(0) | CM(0)

ゼルダの伝説コンサート2018

すでに紹介したと思ってたらしてなかったようなので(こういうの多すぎる)、昨年行われた「ゼルダの伝説コンサート2018」のサントラ紹介です。初回限定版はコンサート映像と、ステージスクリーンに映されたゲーム画面映像のブルーレイ、コンサートアイコン(リンクさんと3つの楽器)のアクリルチャーム、プラカードがセットになっています。
CDだけでももちろん堪能できるけど、せっかくだからとコンサート映像付きを買いました!

チケット取れなくて泣いてニコ生中継を見た感想はこちら
「ゼルダの伝説 コンサート 2018」最高オブ最高だった…

CDでは残念ながら「目を覚まして…」からではなく曲単体でスタートとなっていますが、このメインテーマから物語が始まる!というコンサートのスタートにふさわしいアレンジとなっています。続けてハイラルの大地として、村や森を旅していくリンクさんを思わせるように、村々を訪ね、様々な風景を見せていきます。弾むピアノの襲歩(昼)の気持ち良さ。爽やかな空気と素朴な村の景色が浮かび上がってくるメドレーです。
今や定番となったゼルダ姫のテーマ。他の曲でもフレーズメロディとして使われていますが優しいメロディをそのままに、ふんわりと楽器が語りかけてくるようなアレンジ。ゼルダ姫を象徴する曲としてこれからも続いていくのかな…?
組曲オカリナは、今回は本物のオカリナがオカリナメロディを吹いた後、オーケストラ楽器でそのメロディを引き継いでいくスタイル。楽器ソロとして楽器の良さも再確認できる、大変楽器の勉強になると思います。透き通ったオカリナの音からゲームサウンドへとつながっていくのは、ゲームそのままに近くて、これもまたプレイ感覚がよみがえる表現かと思います。ラストの迷いの森はこうして聴くと凄くかわいらしくも楽しい曲だけど、ゲーム中はマジで迷って泣いてたw

ゆったりとした曲が続いた後のショッキングな出だしから始まるボスメドレー。迫力と緊迫感あるサウンドはオーケストラならでは。戦闘中の効果音的な演出も組み込み、それぞれの戦いの苦労(マジ辛かった思い出しかない)もよみがえります。
神トラ2と3銃士メドレーは、戦闘メドレーから続くようにユガ戦から始まって、そこから雰囲気をガラっと変えてマイマイとなる変化球。アレンジは作曲した永松さん自らが行われたそうです。緩急ある構成で、一風変わったオケアレンジではないかと思います。
1部ラストが英傑メドレー。4人の英傑達にまつわる曲をメドレーとしてます。このメドレーが最高すぎて、コンサートを見てた時に崩れ落ちたんですが、音楽だけで聴いてもまた最高というかそれを再確認します。聖なる姫と五人の英傑でまとめていくのがまた効果的すぎる。

休憩明けにその感動を上回ったのが「夢をみる島」メドレー。ちょうどSwitch版クリアしたばかりなのでさらにエンディングではぐっとくるものがあります。Switch版サントラ出ませんか?? こちらは映像とセットの方が断然効果的ですが、音楽だけでも一つ一つの風景が見えてくる不思議(じゃない)。元気なんだけどちょっと寂し気なトコが良いんですよ。
カッシーワメドレーはアコーディオンにフィーチャーしたもの。ソロでテーマから始まり、他の楽器を合わせていく展開がアツイ。そこにカッシーワが居るかのような、その場で聞いている雰囲気が味わえます。

競馬は楽しく! 皆で手をたたいて盛り上がったんじゃないでしょうか。CDで聞いてもその場の楽しさというのが伝わってきますし、こういう参加型があると嬉しいですね。会場の雰囲気が伝わる1曲です。
ハープの調べはハープに注視したメドレー。大妖精はもちろんですが、シークを入れるとか! なるほどのハープ曲。女神の詩は最初はゼルダが琴を弾きながら歌うイメージで作られていたということで、今回はそのイメージでの組み込みということです。

ハイラル城突入からガノン戦そのままに再現している「-決戦-」。「発動!英傑の力」の力強さが嬉しい。ガノンの曲もまた過去シリーズからのフレーズですが、これほどまでに強大な力を見せられた後の最強のゼルダテーマですよ! そこからの魔獣ガノン戦! 辛かった思い出しかないけど、ここで皆と一緒に! と戦ってからのエピローグで泣くしか… あんなに激しかったピアノが一転して優しく包んでいく展開が最高なのです。
そして大団円とも感じるゼルダの伝説メインテーマ。オカリナ、アコーディオン、ハープからフルオケへとつながっていくアレンジ。今回はこの3つの楽器をメインに据えていたので、こういう作りは大正解と思います。ラストならではのテーマ演奏でした。

そしてアンコールがトレイラームービー曲。ゲーム中に聞けない曲を持ってくるのはアンコールとして大正解だと思います。ゲームでは聞けないけど皆何回もこれ見たでしょw 

インナーに曲ごとにアレンジの聴きどころ、表現したかった要点と、開発時のお話が記載されており、コンサートの写真もふんだんに使用され、大変に読み応えのあるものとなっています。
音楽聞いて、コンサートの風景を眺めてと、大変良いアルバムになっているのでリンクさんスキーは買うと良いと思います。
またコンサートもやって欲しいね。



ゼルダの伝説コンサート2018

DISC 1
1.ブレス オブ ザ ワイルドより「メインテーマ」
2.ブレス オブ ザ ワイルドメドレー-ハイラルの大地-
3.ゼルダ姫のテーマ
4.組曲オカリナメロディー2018
5.ボス戦闘曲メドレー2018
6.神々のトライフォース2 & 3銃士メドレー
7.ブレス オブ ザ ワイルド 英傑メドレー

DISC 2
1.夢をみる島メドレー
2.ブレス オブ ザ ワイルド カッシーワメドレー
3.競馬
4.ゼルダの伝説~ハープの調べ~
5.ブレス オブ ザ ワイルドメドレー-決戦-
6.ゼルダの伝説メインテーマ
7.Nintendo Switch Presentation 2017 Trailer BGM


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへにほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2019年11月26日 18:08 ] カテゴリ:CD紹介(任天堂) | TB(0) | CM(0)

ニンテンドー3DS ポケモン サン・ムーン スーパーミュージック・コンプリート

3DSソフト「ポケットモンスター サン・ムーン」のサウンドトラックです。4枚組の大ボリュームで、CDのラベルが各島の神様(カプ)が印刷されています。大体ストーリー順に収録されているので、それぞれの神様が良い感じなんだと思います。
また、4枚目にボーナストラックとしてポケモンZリング(タカトミさんから出ているおもちゃのヤツ)で遊べるよ! というものになっています。こういう連動モノもいいですね。音楽的には普段の曲と変わらない(若干波動というか、周波出しているから音楽に波がある感じ)けど、おもちゃを動かす音が入っているっぽいです。(借りて遊んでみたら面白い!)

サン・ムーンは舞台がハワイ諸島のような南洋の島なので、音楽もリゾート感覚あるものや、民族的なものが増えて、今までとはガラっと印象を変えた曲たちかと思います。また、なんていうかRPGっぽいといいますか(ポケモンはRPGなんだけど)、今までのゲームらしさという曲よりは舞台背景やキャラクターに沿った音楽が強くなった印象があります。
スタートしてすぐに聞くことになる「アローラ地方のテーマ」をまず聴いて驚いたんですよね。今までこんなボーカルを使った曲も無かったし(エンディングとかはあったけど)、何よりこの舞台の空気そのままに「南の島にようこそ!」といった印象付けがしっかりしており、テーマ曲としてのインパクト付けが良いと思います。エンディングスタッフロールでもこのボーカルフレーズが使われているんですが、最初に聞いた曲がエンディングでも流れるって音楽の演出として良いと思うのです。
演出というか、メレメレ道路では軽やかに木琴で奏でていた音楽が、街に入るとちょっとゆったりしたウクレレに。夜になれば同じメロディでもよりシックにと、1つのフレーズを多彩に変化させて、舞台の印象を途切れることなく風景を見せていくのも面白いです。
音楽そのものだけでなく、奏でる楽器も今回はリゾートな雰囲気なものが多いのも特徴かと思います。
しげみの洞窟では、環境音のようにジャングルを思わせる動物の声(鳥なのか猿なのか)が入り、同じように木琴で奏でていたハクダンの森とは全然違う曲で、同じ森の曲でもこうまで変化させるというのが面白いです。こういう環境音も今回では色々取り入れている印象です。メガやすの曲を放送で流れているように、わざわざノイズっぽくしてるの面白いです。

そんな中、リーリエのテーマが都会的で島の曲とはあきらかに違う印象を受けるのはさすがです。カロス方面の華やかさがあるのは面白いですね。(どこ出身とかあったっけ??) グラジオも都会的なんですが…これは厨っぽい(戦闘曲もちょっとクサい)。ハウは元気な男の子!と活発なサウンドですが、入る楽器が都会の2人と違ってパーカスとかがちょっと南国風ですね。戦闘曲もビッグバンドっぽく、ブラスと走るベースがなかなか爽快です。
お馴染みの曲たちも、アレンジでちょっと南国気分。ポケセンなんかめちゃめちゃリラックスできますよ…

バトル曲は激しさもありますが、しまキング・クイーンの華やかさもまた面白いです。スカル団のHIPHOP(とは違うような…)ボイスが入るのも今までとはまた変わった部分かと思います。しかしカキはやまおとこの印象しかもはやない。

南国印象だけでなく、オハナタウンの荒野っぽさ、コニコシティのエセ中華、マリエシティの雅っぽさなど、その場所によってより雰囲気を出すサウンドもありますが、それが一番感じるのがエーテル財団やウルトラスペースなどのファンタジックな部分。こういうファンタジーなサウンドってあまり今までのポケモンになかったようにも思います。
そういうところもあって、RPGっぽさをより感じたのかもしれません。

こうしてサントラで聞くと結構ゲーム中に埋もれていた音もしっかり聞けるのがいいですね。だからちょっと実はゲーム中とは印象が変わっている曲もあったりします。だいたい戦闘曲ですが、ボール投げる音とか技効果音とかのが強いからね。
だから改めて「こんないい曲だったのか!」とかあります。

追記:
Zリング借りてきて遊んでみました!
音楽とリズムに合わせて振動したり、光ったり。
ポケセントラック前に振動で回復ジングルを表現したり、バトル曲はバトル効果音入ったり、ピカチュウが叫んだり!
ボーナストラックはこのおもちゃを使って完成するカンジですね。


ニンテンドー3DS ポケモン サン・ムーン スーパーミュージック・コンプリート




Disc 1
1.タイトル
2.冒険がはじまる
3.アローラ地方のテーマ
4.逃走!
5.目覚め
6.我が家
7.ククイ博士のテーマ
8.メレメレ島1番道路
9.リリィタウン(昼)
10.リリィタウン(夜)
11.マハロ山道
12.橋の上で…
13.カプ登場!
14.リーリエのテーマ
15.ポケモンをつかまえた!
16.道具を手に入れた!
17.ハウのテーマ
18.戦闘!ハウ
19.たいせつな道具を手に入れた!
20.おやすみ
21.戦闘!野生ポケモン
22.野生ポケモンに勝利!
23.リリィタウンのお祭り
24.視線!トレーナー
25.戦闘!トレーナー
26.トレーナーに勝利!
27.レベルがあがった!
28.ポケモン研究所
29.ポケモンセンター
30.回復
31.カフェでひといき
32.ポケマメをもらった!
33.フェスサークル(昼)
34.フェスサークル(夜)
35.フェスサークルでレベルアップ
36.フェスサークルにショップができた!
37.フェスサークル占い中
38.交換
39.フェスサークルでアトラクション!
40.フェスサークルでアトラクション!結果発表
41.フェスサークルでアトラクション成功!
42.フェスサークルでアトラクション失敗…
43.トレーナーズスクール
44.わざマシンを手に入れた!
45.ハウオリシティ(昼)
46.ハウオリシティ(夜)
47.連れて行く
48.ポケファインダー・アップデート!
49.ヘアサロン
50.ブティック
51.マラサダショップ
52.進化
53.進化(アローラ)
54.乗船所

Disc 2
1.メレメレ島2番道路
2.スカル団登場!
3.視線!スカル団
4.戦闘!スカル団
5.スカル団に勝利!
6.しげみの洞窟~試練の場~
7.キャプテンの試験開始!
8.ぬしポケモン登場
9.戦闘!ぬしポケモン
10.ぬしポケモンに勝利!
11.Zクリスタルを手に入れた!
12.うみつなぎの洞穴
13.しまキング・しまクイーンのテーマ
14.戦闘!しまキング・しまクイーン
15.しまキング・しまクイーンに勝利!
16.ライドギア登録!
17.ライドポケモン(陸上)
18.テンカラットヒル
19.船に乗って
20.カンタイシティ(昼)
21.カンタイシティ(夜)
22.アーカラ島4番道路
23.オハナタウン(昼)
24.オハナタウン(夜)
25.オハナ牧場
26.グラジオのテーマ
27.戦闘!グラジオ
28.ライドポケモン(水上)
29.ロイヤルアベニュー
30.スーパー「メガやす」
31.ロイヤルドーム
32.戦闘!バトルロイヤル
33.バトルロイヤルで結果発表!
34.カキの試練
35.マオの試練
36.ポケリゾート(昼)
37.ポケリゾート(夜)
38.ポケリゾート完成!
39.バーネット研究所

Disc 3
1.コニコシティ(昼)
2.コニコシティ(夜)
3.戦闘!スカル団幹部
4.エーテルパラダイス
5.出会い
6.ルザミーネのテーマ
7.別世界への入り口
8.ウルトラビースト…?
9.戦闘!ウルトラビースト
10.マリエシティ(昼)
11.マリエシティ(夜)
12.ウラウラ島10番道路
13.グズマのテーマ
14.戦闘!スカル団ボス
15.エーテルハウス
16.アセロラの試練
17.ハイナ砂漠
18.ポータウン
19.Zクリスタルを見つけた!
20.クチナシのテーマ
21.潜入
22.エーテルパラダイスの裏側
23.視線!エーテル財団
24.戦闘!エーテル財団トレーナー
25.エーテルパラダイスラボ
26.不穏な空気
27.トラブル発生!
28.アローラの危機
29.戦闘!ルザミーネ
30.リーリエの決意
31.がんばリーリエ!
32.ポケファインダー・ファイナルアップデート!
33.海の民の村(昼)
34.海の民の村(夜)
35.ポニの古道
36.島を守るもの
37.ポニの大峡谷
38.祭壇へ…
39.ソルガレオ・ルナアーラ出現!
40.いざウルトラスペースへ

Disc 4
1.ウルトラスペース
2.ルザミーネの狂気
3.おこリーリエ!
4.ルザミーネのリベンジ
5.対決!ルザミーネ
6.エーテル財団に勝利!
7.崩れ落ちる世界
8.少女と母
9.戦闘!ソルガレオ・ルナアーラ
10.しんみリーリエ
11.バトルツリー
12.グリーンのテーマ
13.戦闘!バトルツリーボス
14.リーグへの道
15.ラナキラ山頂
16.ポケモンリーグ
17.戦闘!四天王
18.頂上決戦!
19.チャンピオン誕生
20.殿堂入り
21.戦闘!カプ
22.ミブリのレッスン
23.ジカルデキューブ
24.またいつか…
25.おかえり
26.スタッフロール
27.The End

BONUS TRACK
28.特別体験版デモムービー
29.バナー(サン)
30.バナー(ムーン)
31.タイトル~ポケモンZリングシンクロバージョン~
32.アローラ地方のテーマ~ポケモンZリングシンクロバージョン~
33.ポケモンセンター~ポケモンZリングシンクロバージョン~
34.戦闘!野生ポケモン~ポケモンZリングシンクロバージョン~
35.戦闘!トレーナー~ポケモンZリングシンクロバージョン~
36.戦闘!スカル団~ポケモンZリングシンクロバージョン~


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへにほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2019年09月17日 20:48 ] カテゴリ:CD紹介(任天堂) | TB(0) | CM(0)

FIRE EMBLEM 風花雪月 SOUND SELECTION

スイッチゲーム「ファイアーエムブレム風花雪月」、の特典付きセットフォドラコレクションに同封のサウンドトラックです。今までのサントラが後から出ていることを考えると、今回もきっとちゃんとしっかりしたサントラが出る…出ますかね? 出してください。
そんなわけで、こちらはプレイ序盤の曲をまとめたものになっています。

1曲目の風花メインテーマは、FEHで音ゲーとして遊んだのが先だったのでそちらの印象が強いです。今までのFEテーマにプラスして主題歌である「フレスベルグの少女」のフレーズをインしたものになっています。勇壮なメインテーマではなく、かなり不気味かつ、不安な曲となっており、最後に入るボーカル部分が切なくも救済されるかの印象です。これは今後の展開がそうなるのかな…?
2曲目の「フォドラの暁風」はマップ曲なので一番馴染みがあります。これもFEH先行な気がする…

そんなにまだプレイしてないし、プレイ中あんまり曲が聞こえないというか、うっすら流れている印象だったのものの、6曲め「ガルグ=マグ大修道院の日常」のFEメインテーマのチャイムからのシーン曲になった途端「コレコレ」と思えるので、なんだかんだでプレイしていたら聞きなじんでいるというのがわかりました!

ゲーム中はもうちょっとアコースティックな色合いに思っていましたが、こうしてサントラとして音楽単体で聞いてみると、割とデジタルな音が出ていてイマドキな構成だなぁ~ と思いました。それが悪いというわけではなく、プレイ時との感覚が違うので驚いたわけです。
お話としてちょっと固めの部分が強いため、曲全体としてもユルい曲が無く(無いことはないのかもしれませんが…)、ちょっと重苦しい印象を受けます。主題歌のフレーズが色んな場面でアレンジして使用されているので、「if~ひとり思う~」のように、曲自体にクリアした際の驚きとかがあるのかもしれません。(ひとり思うの歌詞はクリアしてから「ああ!」と納得したので…)
いわゆるファンタジー作品であるハズですが、そこまで幻想的なサウンドではなく、どちらかというと現実味ある、しっかりとした印象を受けます。ふわふわしている曲であっても、それは天空を舞うというような不可思議なものではなく、理論的に証明できる現象を表現しているという…実際ゲームではペガサスは飛ぶし、魔物は出てくるしとファンタジーなハズなのに、音楽として聴いてみるとそれは「今、目の前で起きている現象」という事実が出てくるという不思議さがあります。むしろボーカルが入る曲の方がファンタジック。
今回のFEが学園生活やその裏の政治背景、さらには世界の在り様と今までのファンタジーだけの世界じゃないからかもしれません。

とはいえ、まだ1周もクリアしていないので、全体の感想としては早すぎる紹介かと思うので、クリア後に修正するかな… もしくは完全版サントラを待っての感想にすれば良かったかもです。スイマセン。

あと、不安に思っていたゲーム自体ですが結構面白いです! 挫折せずクリアできそうですw


ファイアーエムブレム 風花雪月 F・dlan Collection -Switch (『TCGファイアーエムブレム0』限定カード「士官学校の新任教師ベレト」 同梱)



FE風花セレクション

1.ファイアーエムブレム 風花雪月 メインテーマ
2.フォドラの暁風
3.女神に抱かれし大地
4.大司教
5.学校
6.約束
7.古き神々の住処
8.約束
9.この旗につどいて
10.鷲獅子たちの蒼穹
11.舞踏会の夜
12.覚醒
13.天裂く流星
14.シリウスを見上げて
15.覇の轟き
16.降臨
17.果たせぬ想い
18.野望の地平
19.三つの王冠
20.女神の天秤
21.追憶と後悔と
22.ナバテアの歌
23.覇者の行路
24.若き獅子王
25.金鹿と三日月
26.光の杭
27.シャンバラ ex-エリア017
28.呪い
29.再戦
30.天と地の境界
31.慟哭
32.安らげる場所
33.フレスベルグの少女~風花雪月~(Short Version)


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへにほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2019年08月12日 14:30 ] カテゴリ:CD紹介(任天堂) | TB(0) | CM(0)
プロフィール

穴のあいたくつ下

Author:穴のあいたくつ下
レトロゲーマー属性のナムコスキー。セガも好きですが、ナムコの方がもっと好きです!

紹介済みのサントラリスト
ゲーム音楽の楽譜リスト
iTunes配信リスト
ゲーム関連イベント情報

プライバシーポリシー


つぶやき。
ブログ内検索
ゲーム音楽演奏関連
ゲーム音楽の演奏会情報ポータルサイト[2083WEB]
ゲーム音楽の演奏会情報ポータルサイト[2083WEB]さん。

エリシオン・フィルハーモニー・オーケストラ
2020年2月16日鳥栖市民文化会館にて開催予定

Ritter der Musik
2020年3月22日大田区民プラザにて開催予定

Ⅱ魂
2020年4月12日多摩市民館 大ホールにて開催予定

名古屋ゲームミュージックアンサンブル
2020年5月31日安城市民会館 サルビアホールにて開催予定

しかしMPが足りない
2020年8月8日タワーホール船堀にて開催予定

リトルジャックオーケストラ
2020年8月15日、16日横浜みなとみらいホール(大ホール)にて開催予定

東京ファンタジックブラスバンド
2020年9月13日練馬文化センター大ホールにて開催予定

Star Dust Strings Orchestra
2020年9月27日エポックなかはら 大ホールにて開催予定


2020年10月3日越谷サンシティホール 大ホールにて開催予定

コスモスカイオーケストラ
2020年10月11日名古屋文理大学文化フォーラム(稲沢市民会館)大ホールにて開催予定

ラピスドリームオーケストラ
2020年10月25日京都コンサートホール 大ホールにて開催予定

名古屋ゲームミュージックストリングス
2020年11月1日東海市芸術劇場 大ホールにて開催予定

北海道ゲーム音楽吹奏楽団
2020年11月7日札幌市生涯学習センター ちえりあホールにて開催予定

THE MUSIC MAGES
2020年11月14日タワーホール船堀 大ホールにて開催予定

ガーデンオーケストラ

Kyoto Wind Guild

Orchestra An-Nin

熱血高校吹奏楽部

福岡ゲームミュージック吹奏楽団

ファミコンバンドFCB

ルセッタアミュゼ吹奏楽団

Chor Crystal Mana

オータムリーフ管弦楽団公式サイトバナー

Another World Fantasia

広島ゲームミュージックギルド

フィルハーモニア・アンサンブル・アトラース

ゲーム音楽専門マンドリン楽団"LUIDA"

ピコピコーラス

吹奏楽団New Game Plus

ラストエリクサーウィンドオーケストラ

アフィリエイトリンク
ブログ検索&ランキングリンク