T&E SOFT USER'S CLUB

ゲーム音楽ではなくて、T&Eソフトというメーカーさんのファンクラブ会員証という変り種なシングルCDです。だからここで紹介するのも違うような気もするのだけど、まぁいいか、一応ゲーム関連だし。ということで紹介。
ジャケ写真の真ん中に線が入っているのは、半分に折ってしまっていたから…(そうじゃないと持ち運びメンドイ)

1曲目は「ユーザーズクラブのテーマ」ということで、シンセによる未来的サウンド。今みたいに、メーカー特有の番組があったりするわけでないので、メインテーマなわけではなかったりするんですが、イベントの際には流すとかそういう流れだったのかもしれません。(というか流れたのは聞いてないかも…?)
作曲はサイオブレードなどを手がけた長谷川さん。どことなく雰囲気も近いかもです。

2曲目、3曲目はT&Eのあった名古屋をイメージ?した2曲。歌詞をよぴかぱ氏(ディーヴァのシナリオなどでおなじみの吉川氏)が書いているものの、ボーカルはなし。この2曲はカラオケとなっていて、皆で歌おう!というわけです。当時のファンクラブ会誌上で、これらの曲を歌ったテープ募集とかやっていました。
ミッドナイト名古屋はムード歌謡曲っぽく、ダンシングエビフライは明るいポップスと、方向性を変えてのアプローチ。うんまぁだから歌詞が適当というか、面白いのでいいんじゃない???
ダンシングエビフライのサビの部分のハンドクラップが気持ち良くて、歌いながら自分も打つよ!

こういうへっぽこなファンクラブ運営が大変素敵なソフトメーカーさんでした。だから自分はT&E派だったんだ…


T&E ユーザーズクラブ

1.ユーザーズクラブのテーマ
2.ミッドナイト名古屋
3.ダンシング・エビフライ


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ

2011年11月12日 CD紹介(T&E) トラックバック:0 コメント:0

HYDLIDE music collection RENEWAL

Win95,98,Me対応のハイドライド 1・2・3に同梱されていたサウンドトラックCDです。
ゲーム内の「アレンジ版」に対応したリメイクサウンドの全曲と、昔ハイドライド3が発売されたときに特典として付いていた「T&E SOFT創立5周年記念ゲームミュージックライブラリー」が収録されています。
5周年記念カセット(当時はカセットテープでの特典だったんだ…)をヘロヘロになるまで聞いてしまってションボリしていたんですが、これに収録されていると知って速攻で買ったのでした。PC持っていないのに買った自分をほめておきます。まぁ安かったですからね。(2980円。ゲームはハイドラ1、2、3が収録、1と3はアレンジ版アリ)

そんなわけで、ゲームはプレイしていないのでアレンジサウンドについては雰囲気で判断するしかないのですが、1曲しかなかった当時の曲とはすっかり変わってドラマチックに仕上がっています。オープニングはきっと物語の流れを画面上で流しているんでしょうね。ファンタジックなフェアリーランドを思わす出だしから、バラリス襲来、行けジム!みたないな感じの流れになっていると思います。
そしてお馴染みの曲(8小節しかなかった)も、メロディフレーズをしっかり使って新しいフェアリーランドのサウンドになっています。柔らかく優しい流れに小鳥の鳴き声のサンプリングが効果的です。
1はシンプルな作りなので曲数も少ないのですが、舞台にあわせて雰囲気をしっかり表現されているように感じました。ただ、ゲームをやっていないから画面が分からないのですが曲が凄く豪華すぎて画面と合っていなかったらどうしようとちょっぴり思うのです。ほら、思い描ける画面は初代なワケなので…

ハイドラ3のアレンジ版は、これまた豪華に編曲。
メロディそのものは昔と変わっていないのですが、アレンジの方向がファルコムっぽ…いや、JDKバ…いやまぁとにかくそんな感じです。生音に近づけているので、あの独特のFM音の雰囲気がなくなってしまっているのは寂しいですね。
基本的に元曲パワーアップ形なアレンジなので違和感はないですが、曲のパワーアップでは無いように若干感じます。雰囲気は悪くないんですけどね。どうにも元曲の透明感あるあの音が好きすぎたようです。

そして5周年カセット! うわ~懐かしい…もうあれから20年以上前なのか…(数えてガックリしました)
あのバーストテストもそのままに、当時の収録曲たちが聞けるのは凄くありがたいです。スターアーサーについては忍者増田さんの歌が最強でござるよ。
ハイドラ1のアレンジは、流れる水音、鳥の鳴き声、子供の笑い声、ピアノとコーラスで奏でるメロディと、優しい雰囲気になっていて短いながらも大好きな曲なのです。続く2(FCハイドライドスペシャルで流れる曲と言った方が有名かも)は勇ましくでも軽やかにとなっています。
ディーヴァはカリユガ以外はすでに販売されているサントラに収録されています。神々しいまでの曲は何度聞いても素晴らしい…元曲もほぼ同じなんですけど、このアレンジの神っぷり(まぁ主役神さまだし)は何度聞いても飽きないですよ。短いながらに癒されるサウンドです。
カリユガとレイドックのアレンジはこのサントラ(カセット)にしか収録されていない…ですよね。
ディーヴァはアレンジサントラが販売されていたけど、ゲームサウンドは収録されていなかったので、きっとカリユガ発売したときにまた出るさと思っていたんですよ…今からでも各機種サウンド(OPだけでも!)のサントラを出して欲しいです…


ハイドライド123 CD
HYDLIDE music collection RENEWAL

ハイドライド 1・2・3




from HYDLIDE Arrange ver.
1.Overture(オープニングデモ)
2.Fairyland(メインフィールド前半戦)
3.Anxiety(ダンジョン)
4.Theme of Jim(メインフィールド後半戦)
5.The Cause of Evil(バラリス戦)
6.消滅 PartⅡ(エンディングデモ)
7.Self Introduction(スタッフロール)

from HYDLIDE 3 Arrange ver.
8.Main Theme(メイン・テーマ)
9.Theme of Production(初期ウィンドウでのテーマ)
10.Fairyland(地上)
11.Out of Freedom(街)
12.O・M・I・S・E(Shop Window)
13.The Skyscraper(200階の塔)
14.Dragon!(ドラゴンがいる洞窟)
15.Light Metal(失われた宮殿)
16.Mysterious Dimension(異次元の地上)
17.Battle in the Splash Cave(禁断の洞窟)
18.Caos Separater(最終基地内部)
19.Gayzac(ガイザック出現)
20.Ending 1~2(消滅~新たなる創造主)
21.Game Over(ゲームオーバー)

Bonus Tracks
from T&E SOFT 5th Anniversary Game Music Library
22.The Soundburst Test(サウンドバースト・テスト)
23.LEGEND OF STAR ARTHUR(スターアーサー伝説)
24.HYDLIDEⅠ~HYDLIDEⅡ
  (ハイドライド~ハイドライドⅡ:メドレー)

DAIVA(ディーヴァ)
25.DAIVAⅠ(メインテーマ)
26.FLAME OF VLITRA(ヴリトラの炎)
27.ASURA'S BLOODFEUD(アスラの血流)
28.MEMORY IN DURGA(ドゥルガーの記憶)
29.LIGHT OF KARI-YUGA(カリ・ユガの光輝)

SUPER LAYDOCK(スーパーレイドック)
30.THEME MUSIC(テーマミュージック)
31.BLACK STORMY GUNNER~
  THE FRONT BASE~
  B・I・S・H・A・M・O・N・T・E・N
  (ブラックストーミーガンナー~前線基地~
  毘沙門天:メドレー)

32.HYDLIDEⅢ(ハイドライドⅢ)
33.The Soundburst Test(サウンドバースト・テスト)


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2010年05月10日 CD紹介(T&E) トラックバック:0 コメント:10

ミュージック・フロム ハイドライド3

パソコンゲーム「ハイドライド3」のオリジナルサントラです。

どこかちょっと儚げな雰囲気の曲たちですね。OPからそんな感じです。メインマップの地上BGMや街、お店などは、明るいメロディでテンポのノリもいいのに、どことなく儚い雰囲気があるんですよ。エコーが強くかかっているせいでしょうか? 
最もその儚いイメージを感じるのが、塔BGM。冒険の孤独と塔内部の寂しさを感じますね。中世的ファンタジーでなく、「異世界」ファンタジーという世界ならではの不思議さを感じるメロディがまた良いです。

全体的に、ポコポコとしたFM音源独特のドラムとは対照的な、透き通ったようなメロディが切なくていいと思います。やっぱりどこか寂しく儚いんですよね。

アレンジは、そんな原曲とは違ってちょっと激しく? テンポアップ。メロディは同じだけれど、儚さはかなり減少しています。インナーで、アレンジャーの加藤さんが「原曲とは全く別物として楽しんで」とコメントされているので、あえて雰囲気は変えたようですね。
昔、いつも通勤中にCDを聞いていたのですが、エンディングアレンジで入るおじさんボイスにいつもビビっていました。ちょっと怖かったです。(ゴメンなさい…)

トラック数も少なく、収録時間も短いですがゲームBGMの完成度は高いと思います。


ハイドラ3
ミュージック・フロム ハイドライド3

オリジナル・サントラ・バージョン
1.Main Theme
2.Theme of Production
3.Fairyland
4.Out of Freedom
5.O・M・I・S・E
6.The Skyscraper
7.Dragon!
8.Light Metal
9.Mysterious Dimension
10.Battle in the Splash Cave
11.Chaos Separater
12.Gayzac
13.Ending 1
14.Ending 2

スーパー・アレンジ・バージョン
15.Main Theme
16.Out of Freedom
17.The Skyscraper
18.Dragon!
19.Light Metal
20.Ending 1~2


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2006年12月20日 CD紹介(T&E) トラックバック:0 コメント:0

サイ・オ・ブレード、スーパーレイドック、レイドック2

パソコンゲームの「サイオブレード」「スーパーレイドック」「レイドック2」とスーパーレイドックをパロった「あーぱーみゃーどーく」のサントラです。
PSGバージョンもあるゲームサウンドですが、基本的にFMバージョンを載せています。作曲はT&E作品ほとんどに関わっていらっしゃる冨田茂さんです。(サイオブレードは作曲が長谷川和伯さん、データ化が冨田さんらしいです)

まずはサイオブレード
ゲームスタートが緊張感ある曲に対し、オープニングはこれからの旅を物語るようなメロディアスな曲です。この曲が大好きで自分で勝手に歌詞をつけて歌ってたりしました。
舞台となるセプテミウスで流れる曲は(BGM1)「中央アジアの草原にて」をアレンジしたものになっています。この曲はオルゴールとこのゲームでしか知らなかったので、前に友人のコンサートでフルコーラス聞いた時に「あ~実はこんな曲だったのか」と感心していました。
続いての地上編BGM(SOUTH ISLAND)はカルメンの「ハバネラ」のアレンジ。
このゲームは他にも色々な曲のアレンジが多くて、聞いたことあるよ!ってのがいいですね。一度でも聞いたことがあると聞きやすさに違いがあると思うのです。
ゲームに一緒についているメロディモジュールの曲も、アレンジであるサイオブレード組曲に入っています。このメロディモジュールもまた、様々な曲のアレンジだったりしますね。
組曲はゲーム中のストーリーを追うようにメドレー形式になっています。つなぎのアレンジ部分も違和感なく、ゲームが好きであれば文句は無いと思います。
PSG版は自分で録ったのをちまちま聞いていますが、やはりFM音源ならではのドラマチックな表現がいいと思います。

スーパーレイドックとレイドック2は、MSXのシューティングゲームです。
シューティングらしく、勢いのある曲が中心なのですが、ステージ3などは「ほわっ」とした感じの曲で面白かったりします。
一曲あたりのループが短いのが残念ですが、ポイントを抑えたつくりで口ずさみやすいです。中でも毘沙門天がお気に入り。アレンジはハイドラ3についていたおまけカセットにあるのですが、そのアレンジもまた良いのです。
現在販売しているハイドライド1.2.3に付いているので、このアレンジ曲が聞きたい場合はそちらをどうぞ。

最後のあーぱーみゃーどーくは、当時のT&Eマガジン上で募集したお笑い企画だったのですが、実際にゲームになるあたりが凄いですよね。
グラディウスに対してのパロディウスみたいなものでしょうか?
気の抜けたBGMがへなちょこで面白いのですよ。

しかしこのCDの残念なところは、サイオブレードキャラが載っているのに、そこの名前と顔の一致がしてない! ミシェルがヒューイでヒューイがジミー博士とか… 設定集が付いているのに勿体ないと思うのです。


サイオブレード
サイオブレード
レイドック2/スーパーレイドック


1.PSY-O-BLADE組曲

PSY-O-BLADE
2.GAME START
3.OPENING
4.BGM1
5.SOUTH ISLAND
6.CAPTURED
7.SORROW
8.SWEET HEART
9.SOMETHING DANGEROUS
10.ARTHUR
11.BGM2
12.FINAL ATTACK
13.RACCOON
14.JEAN
15.COUNT DOWN
16. 悲しい結末
17.ENDING

SUPER LAYDOCK
18.MISSION STRIKER
19.MENU
20.ASTEROID BELT
21.BATTLE SHIP
22.THE TERROR SPACE
23.COUNTERATTACK OF 'VRITRA'
24.OVER TO SOLEIL
25.BI-SHA-MO-N-TE-N
26.DANGEROUS WARP
27.TAKO SAN TO DANDAN
28.HEAT ROCK
29.CRASH! CRASH!
30.INTO THE DEFENCE LINE
31.IN THE DEFENCE LINE
32.THE LAST TENSION
33.WINNING MUSIC

LAYDOCK2
34.LAST ATTACK
35.ICE OF DEATH
36.COLD AMEBA
37.MAD FLAME
38.BIG POWER
39.BEYOND THE DIMENSION
40.GET THE LUCK
41.INORGANIC BEAT
42.BIO-MONSTER
43.INTERLUDE
44.RETURN OF PEACE
45.YOUR RANK
46.TO THE GRAVE
47.NEVER NEVER

48.LAYDOCK2 組曲

あーぱーみゃーどーく(付録)
49.オープニングテーマ
50.プレイ中BGM
51.オープニングテーマ
52.プレイ中BGM


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2006年12月14日 CD紹介(T&E) トラックバック:0 コメント:0

ディーヴァ/浅倉大介

7機種に渡るストーリーと、パスワードによる完全互換をもたせた、T&Eソフトのシミュレーションゲーム「ディーヴァ」のイメージサウンドトラックです。

昔に発売されたものはLPレコード盤を買ったので(当時はCDプレイヤーを持っていなかったのです)accessデビューの効果でCD再販してくれたのは嬉しかったです。
オリジナルサウンドトラックではなく、イメージサントラということなので、ゲームBGMそのままが入っていないのは残念です。だから結局自分で(友人達のマシンを借りて)各マシンのBGMを録っていました。

よく勘違いされるのですが、全曲浅倉さんではありません。
メインテーマである、ディーヴァに繋がる曲が浅倉さん。その他は冨田茂さんが担当されています。

全体的に、昔のシンセサイザーミュージックそのままの曲なので、今聞くとちょっと古臭い感じはしなくもないです。原曲の完成度がそれぞれ高かったので、原曲プラスアレンジという普通の編集にしてくれた方がファン的にはうれしかったですね。
もちろん収録されている曲のアレンジもいいのですが、なかなか全機種の音を聞くということは、当時出来なかったと思うんですよね。
特にニルヴァーナOPは、途中で終わってしまうので「喉自慢のカーンみたい」とファンブックに書かれていたんですよ。ぜひともこれを収録して欲しかったです。実際に77AVで聞くと本当に鐘の音で終わるんですよ。ディーヴァクロニクルではちょっと直されたみたいで、この「カーン」で終了を聞くことが出来ないのは残念でした。

ヴリトラOPは、ルシャナの暗い復讐心と恋人を失った悲しみが表現されていて気に入っている曲です。それぞれOPは短い曲なのですが、どれもその作品テーマにあった曲になっていると思います。
完全オリジナルの神々の星は、ストーリー仕立てになっているのがいいですね。ゲーム世界を感じることが出来ると思います。

ハイドライド3についていた「T&Eサウンドコレクション」には、アレンジですがカリユガも入っているのでこちらもチェックしておきたいところ。(Win用ソフト、「ハイドライド 1・2・3」にもついていました )
T&EのBGMはどれもいいのに、CD化があまりされていないのが残念です。アンデッドラインやアシュギーネなど、まとめてCD化されたらいいなと思います。

幾度と再販されたCDですが、また現在は絶版のようです。
iTunesで配信中ですので、そちらをどうぞ。
Active Simulation War Daiva - 浅倉大介


ディーヴァ
DAIVA ディーヴァ


1.DAIVAⅠ(ディーヴァⅠ)
2.FLAME OF VLITRA(ヴリトラの炎)
3.NIRSARTIA DRIVE(ナーサティア・ドライブⅠ)
4.TRIAL OF NIRVANA(ニルヴァーナの試練)
5.ASURA'S BLOODFUED(アスラの血流)
6.DRIVING ARMORⅠ(ドライビング・アーマーⅠ)
7.IMPERIAL OF NIRSARTIAⅠ
  (ナーサティアの玉座Ⅰ)
8.THE CUP OF SOMA(ソーマの杯)
9.FLEET BATTLE(フリート・バトル)
10.MEMORY IN DURGA(ドゥルガーの記憶)
11.NIRSARTIA DRIVEⅡ(ナーサティア・ドライブⅡ)
12.DAIVA REPRISE~(ディーヴァ・リプリーズ~)
13.DRIVING ARMORⅡ(ドライビング・アーマーⅡ)
14.IMPERIAL OF NIRSARTIAⅡ
  (ナーサティアの玉座Ⅱ)
15.STAR OF GODS(神々の星)
 1 プロローグ‐流転‐
 2 ヴリトラ
 3 クリシュナ・シャーク
 4 リュカーン教
 5 紫苑の海賊
 6 サティーの死
 7 生体コンピュータ、ニルヴァーナ
 8 ラトナ・サンバ
 9 ソーマ
 10 皇帝への予言、マータリ・シュバン
 11 カリ・ユガ
 12 ナーサティア双惑星
 13 エピローグ‐神々の星‐
16.DAIVAⅡ(ディーヴァⅡ)


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2006年12月09日 CD紹介(T&E) トラックバック:0 コメント:0