ゲームのCMの話 FF6の巻


ファミ通の表紙


ゲームのCMの話。
今回はSFC版ファイナルファンタジー6です。

人の行き交う渋谷スクランブル交差点に、魔導アーマーに乗ったティナが降り立つといったもので、現実とゲーム世界を混合させたものでした。
このCMでティナを演じていた女の子が、ティナのエキゾチックな雰囲気にとてもよく合っていてステキでした。左画像のファミ通の表紙も同じモデルの女の子です。(この号でゲームCMを特集していた)

また、CMにかかった曲も良くさらにFF6のイメージを印象付けていたと思います。
このFFオープニング曲をアレンジしたオリジナル曲は、葛生千夏さんが歌っていて、植松さんのオリジナルアルバムファンタズマゴリアに収録されています。

それから、同じ映像でファイナルファンタジー III 悠久の風伝説に収録されているRoaming Sheepが使用されたバージョンもあります。CMで流れた時「この曲って何に収録されているの?」といった問い合わせが多かったそうです。それくらい良い曲で影響があったのでしょうね。

ゲームイメージの演出に実写を使用するのは多いですが、このCMの場合は曲の方が演出効果が高かったのかもしれませんね。



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2008年04月22日 ゲームCM トラックバック:0 コメント:0

ゲームのCMの話 ストリートファイター2の巻


水野春麗


ゲームのCMの話。
今回は、ストリートファイターⅡ。
実写映画化が決定しましたが、CMも実写でした。

最初のCMは、リュウと春麗の二人が登場。
水野美紀さん演じる春麗がカッコ可愛くて好きでした。左の画像は当時のHippon Super!の記事から。

ストシリーズCMは実写キャライメージのものになっているのかな? 全作品見ていないのですが、知っているのは全て実写でした。



水野さんはストⅡターボCMにも続けて出られています。



BGMは2作とも、筋肉少女隊の歌で「熱い」感じですよね。

他に、シリーズだとスパⅡのキャミィ、バルログ編がありますが、このバルログ役はセイン・カミュさんだったんですよね。(全身は違う方で、顔アップだけセイン)見ていた当時は全く知りませんでした。



実写CMだと、現実に近い感じがしてゲームっぽくないのがカッコいいですね。しかもちゃんとそれぞれのキャラがイメージに近くなっているので納得も出来るんです。
作品を全く知らない人には、ゲーム画面を見せるだけでなく、こういったイメージ的なものを伝えた方が効果があるかもしれませんね。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2006年11月06日 ゲームCM トラックバック:0 コメント:0

ゲームのCMの話 ゼルダの伝説 神々のトライフォース


ゼルダCM


ファミ通DVDビデオ 『ゼルダのビデオ』 ~ゼルダのすべてを教えよう!~




ゲームのCMの話。
今回はSFCゼルダの伝説 神々のトライフォースです。

♪出る出る ゼルダの伝説
と、スチャダラパーの歌をバックに、ゲームの登場人物たちがダンスする(リンク役の女の子がカッコいい!)というもので、またもやゲーム画面が出ません。ゲームイメージと合っているかというとちょっと謎ですが、歌のキャッチーさと、ダンスをするというインパクトがあるので印象に残っています。

任天堂のCMは歌モノが多いなと思いますね。ついつい口ずさんでしまうので、こういった歌で印象付けるという点ではCMとして成功していると思います。
ソフトが販売した後は、歌詞が♪出た出た ゼルダの伝説 になるのがいいですね。(ファミコンウォーズも「出るぞ」から「出たぞ」に変化しますね)

ファミ通DVDのファミ通DVDビデオ 『ゼルダのビデオ』~ゼルダのすべてを教えよう!~に、ボーナストラックとしてCMが収録されています。



にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2006年10月11日 ゲームCM トラックバック:0 コメント:0

ゲームのCMの話 マザーの巻


mather_paper


ゲームのCMの話。
今回はFC版マザーです。

「エイトメロディ」をBGMに、ロボットとの戦闘を実写で表現しています。当然CMを見ているときは、ゲーム内容が分からないので「こういうゲームなんだ」というイメージでしかありません。しかしこのCM、プレイした後に見ると「あ! この映像はあそこを表現しているんだ!」と分かるようになっているんです。

BGMの「エイトメロディ」はMOTHER Soundtrackに収録されています。
この歌がまたゲームを語る上で欠かせないので、CMに起用したのも納得です。

左はマザーの広告チラシなんですが、CMのラストカットが使われています。

右はCMに出てきた3人組。(当時のファミマガカレンダーより)
それぞれ、キャラの特徴をつかんでいて可愛いですよね。
この子たちの雰囲気がとてもよくて、今でもイラストを描くときは、彼らの雰囲気や、着ている服を思い出して書いています。ロイドがフランクリンバッチ?を付けているのですが、ゲーム中は主人公とアナに付けていました。ゴメンね。

任天堂のCMは、あまりゲーム画面を前面に出さないで、イメージで売るのが多いですね。

マザーCM






マザー




にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへにほんブログ村 ゲームブログへ

2006年09月30日 ゲームCM トラックバック:0 コメント:0

ゲームのCMの話 ファンタシースター1~4の巻


icon
icon
ファンタシースター コンプリートコレクション SEGA AGES 2500シリーズ VOL.32
icon

icon
icon
ファンタシースター ファーストシリーズ・コンプリートアルバム
icon

PS2のセガエイジスシリーズラインナップに、ファンタシースターコレクションが登場しました。
…そういえばサターン版のファンタコレクションには、1~4のCMムービーも収録されていたなぁ…と、思い出したのでCMの話を。

1のCMは実写で、アリサちゃんが振り向いてそれからゲーム画面が出るという流れなのですが、流れていたBGMがFM音源版モタビアでした。
当時の私はこの曲を聞いて「曲が凄くイイ!」と買ったのです。…その頃からゲーム内容よりも音楽メインだったのか。orz いえ、ゲームも良かったですよ。

時の継承者は、あまりゲーム内容を反映していないもので、キャンペーン中心な売りだったせいか今ひとつ好きではありませんでした。
千年紀はまたキャラ再現実写で、ルディ、ファル、スレイ、フォーレンが出ています。モデルが外人さん達なせいか、それぞれ雰囲気がアメコミ臭くて(ほめ言葉)良かったです。BGMもOP曲(THE END OF THE MILLENNIUM)のアレンジだったので、かなり雰囲気は良かったです。お気に入りのCMです。



2のCMは当時は見ていなかったので、収録されていたムービーで初めて見ました。

CMってソフト購入のポイントになるかどうかは分からないですが、私は結構「音がいい!」とかで買っていたりします。
ゲーム画面を流すCMだと、どんなゲームなのか分かりやすいですが、実写CMはイメージ主体で伝えていてカッコよくていいですよね。マザーとか、DQシリーズとか。

こういったCM達も昔はビデオに録画していました。やっぱり昔からオタクな私です…
機会があったら、色々アップしたいですね。

2006年09月27日 ゲームCM トラックバック:0 コメント:0