ファミコンのビデオ ファミコン生誕20周年記念


ファミ通DVDビデオ ファミコン生誕20周年記念 ファミコンのビデオ




先日このDVDの中の高橋名人vs毛利名人を見たので、思い出したかのように紹介。お嬢さんたちが毛利名人を知らなくて正直ショックだったw ファミ通に顔出しているし、ライターとしても今でもバリバリ活動しているだけにショックwww 
どうでもいいハナシですが、子供の頃は毛利名人のお嫁さんになる!とか思っていました。イケメンだよね!

ファミコン20周年記念としてエンターブレインから発売されたDVDです。「ビデオ」ってあるけどDVDな! 

■ドキュメンタリー・ファミリーコンピュータ
ファミコンが出た当時の話題などを、平林久和さん(ライターだったけど今はアナリスト?)、橋本徹さん(猿楽庁長官)、小島秀夫さん、中村光一さん、名越稔洋さん、水口哲也さん、岡本吉起さんが自分の思い出などを交えて語る(それぞれ単独インタビュー)というもの。

■GAME KING 高橋名人vs毛利名人 激突!大決戦
'86年公開の映画です。
力の高橋、技の毛利によるFCスターソルジャーのハイスコア対決。これを映画にするとか、当時のFCブームの凄さを伺えるカンジです(興行的にはダメだったらしい)。よくネタにされる、16連射でスイカを割るとか、「トランプが立った!」はここから。
挿入歌を若きアイドル時代のし~さま(坂上忍)が歌っているというのも、この間見てびびったw

■ファミコンソフトベスト100
と言っても別に名作だけじゃないし、ランク付けも個人的には微妙かなと思うセレクト。ファミ通で発表された「読者が選ぶファミコンソフトベスト100」らしいけど、あぁまぁそうね、ファミ通読んでいる人セレクトだからこんな…なのかな。
ちょろっとゲーム画面と紹介が出るだけなので美味しいトコどりでもないのがもったいない。wizやロボット大戦、テトリスなど版権問題で収録されていないのもあったり。だったら他のを入れてくれよ!とかも思っちゃう。
この他に、「セレクト20」として、さらに微妙な作品が収録されています。クソゲー枠ってワケじゃないけど、アトランチスとか収録されているので、さらに「だったらもっと名作あるよ!」とか思っちゃう。
ベスト100という形じゃなくて、もちっと幅広くジャンルや時代でセレクトした方が良かったんじゃないかな…?

■任天堂ファミコンのテレビコマーシャル集
一番これが楽しいw ファミコンソフト、ハードのCMが色々入っています。
自分でも当時自主録(ビデオのチマチマと録画してた)してたので、見ててすげぇ懐かしい! キレイな画像なのもいいね。
こういうCM集だけのDVDとか出てもいいのよ…
ただ、本当に初期のCMで本数も少ないのが惜しい。
任天堂さんのCMっていいの多かったから、(マザーとか、ファミコンウォーズとか)そういうCMも入れて欲しかったね。

■ファミコン周辺機器で遊んでみよう!~ファミコンの館~
コレクターの藤本さんと、スチャダラBOSE、ローリングうっち~が遊びまくるというもの。実況っぽいカンジですな。
割とムチャな遊び方もしてて、なかなかヘボイw 

と、内容はこんな。
20周年記念としてはちょっと微妙なんだけど、まぁカンジカンジ…っていうのかな。
「高橋名人vs毛利名人」をDVD化してくれてありがとう! ってトコかも。

昔GTVで出していたカタログっぽいのとか、メーカ別のゲームの歴史とかのが凄かったので、ああいうのをまた出して欲しいとこです…
SFCとか、PS(20周年と聞いて、ウっとなってる)とかもアニバーサリーで出してくれてもいいのにね。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2014年11月11日 DVD紹介 トラックバック:0 コメント:0

ザ・ゲームメーカー ~セガ編~


icon
icon
ザ・ゲームメーカー ~セガ編~
icon

ゲームセンターCX制作チームがお届けする、レトロゲームアーカイブバラエティのシリーズ「ザ・ゲームメーカー」。今までジャレコ編iconサンソフト編iconアイレム編iconタイトー編iconテクモ編iconナムコ編iconに続いて、満を持してのセガ編iconが来ました!

「セガ伝説」として、SG1000からドリームキャストまでの名作ソフト紹介をメインに、中さんのインタビュー、課長のゲームプレイに、東島さんのセガ筐体の旅など、2枚組4時間近くの内容となっています。

「セガ伝説」は、本当にそのハードの名作ばかり紹介していて、見てたらまたプレイしたくなってきちゃいましたよ。ゲームギアソフトも3DSで配信が開始したことだし、これみて「やってみよう!」という人もいるかも。巻末には「SEGA AGES LIVE」の紹介もあったよ!
基本セガのゲームって、アーケード移植ものが多いのだけど、それを各ハードではこうなるみたいな部分も見れるから、ゲームアーカイブとしても良いのかもしれません。ただ、紹介しているソフトは本当にごく一部なので、そのあたりの資料性は完璧ではないので注意。紹介した後に、そのゲームの裏技やチラシ紹介があるのも楽しい。
動く画面を見ているだけで、結構楽しめるモンですね。どれも懐かしくて見覚えのありすぎるものでしたw

それから「ソニックを作った男」中裕司さんのインタビュー。
デビュー作ガールズガーデンの秘密もモリモリと話してくださいました。Hiro師匠の話もちょろっと出てたよ。(H.な夜でもガールズガーデンの話出てたからね)。制作した人のコメントってやっぱり貴重だと思うんですよ。こういうのももっと重要視されていいと思う(コンテンツとしてね)部分です。

アーケードゲーム紀行はちょっと微妙だったけど(近場にも色々あるからね)、バラエティ番組っぽさを出すには、いいのかもですな。このシリーズの方向性が「バラエティ」なので、資料性を高めた別のシリーズを出してもいいのになぁといつも思うところです。

そんなわけで、セガ好き(セガ星人には物足りないかも)なら楽しめる作品ではあると思います。
今までのシリーズではゲーム音楽演奏コンテンツもあったんですが、今回はないのが残念。演奏する人がいなかったのかなぁ…(H.G.K.さんにお願いしたかった)

次のメーカーがどこになるのか気になります。
家庭用以外でも、色々出してくれたらいいのにね。

にほんブログ村 ゲームブログへにほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ

2012年04月03日 DVD紹介 トラックバック:0 コメント:0

ファミコンミュージックDVD~ナムコット編~

ファミコン20周年を記念して販売されたシリーズのDVDのナムコ編。ファミコンサウンドが映像と一緒に楽しめるようになっています。同じく20周年を記念して販売された食玩CDのナムコ編に収録されているものと大体同じです。ただ、食玩にしか収録されていないのが多いのは残念なところですね。

ゲームのプレイ映像を流しつつ、そのシーンの音楽を聞いて楽しむというスタイルのDVD。単なるプレイ動画と違うのは良い部分でもあり、惜しい部分も。
プレイバージョンでは音楽と共に効果音も聞けるのですが、そのバージョンが無い作品は音楽だけで効果音が聞けないんですね。プレイ動画を見ているのに、流れる(聞える)はずの効果音が無いというのが逆に不安というかおかしいと感じてしまうので、そこがちょっと残念だったりします。
とはいえ、音楽以外に映像で楽しめるというのは「ああ、こんなだったな」と皆で見て思い出を語り合うというのに良いなと思います。
実際、ウチでながめながら2人で「このゲームこうだったよな~」とか言いながら見てますよ。

映像部分も単にゲームのシーンを流すのではなく、こっそり攻略っぽいのを入れていたり、中々見れないシーンを入れていたりと良い感じに編集してあります。
ギャラガは敵のダンシングパターンが全部表示されるのがうれしい! 

このシリーズも食玩と同じく任天堂作品とナムコ作品で終わってしまって残念。ハドソンさんとか昔からのメーカーさん作品をモリモリと出していただきたかった…!


ファミコンミュージックDVD~ナムコット編~




1.ギャラクシアン
2.パックマン
3.ゼビウス
4.マッピー
5.ギャラガ
6.ディグダグ
7.ワープマン
8.ドルアーガの塔
9.バトルシティ
10.スターラスター
11.ディグダグⅡ
12.バベルの塔
13.ワルキューレの冒険 時の鍵伝説
14.スカイキッド
15.メトロクロス
16.ドラゴンバスター
17.ファミリージョッキー
18.ファミリーサーキット
19.妖怪道中記
20.カイの冒険
21.源平討魔伝
22.ローリングサンダー
23.ドラゴンスピリット 新たなる伝説
24.ケルナグール
25.マッピーキッズ

ボーナストラック:メドレーダイジェスト


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2011年07月18日 DVD紹介 トラックバック:0 コメント:0

ザ・ゲームメーカー ナムコ編&テクモ編


icon
icon
ザ・ゲームメーカー ~ナムコ(現バンダイナムコゲームス)編~
icon

icon
icon
ザ・ゲームメーカー ~テクモ編~
icon

ゲームセンターCXの制作スタッフが総力をあげて贈るDVD-BOOKシリーズの5、6弾目かな。
今回は、ナムコとテクモにスポットを当てて作られています。

DVDの内容は代表的なファミコンソフトの紹介と、製作者インタビュー(トーク)がメイン。それに課長とアメザリ平井さんがミシェラン風に思い出のソフトに三ツ星評価をしたりな感じです。
DVD-BOOKということで、一緒に封入されている本にも同様にゲームの紹介、製作者インタビューが記載されています。

ナムコはゲームの本数が多すぎるし、自社ソフトでない作品も多数あるためか本当に代表的…というソフトの紹介。チラシ(チラシは本にも掲載されてる)や付属品の説明とかもあります。
まだナムコは本数多めに紹介されていますが、テクモは本当に、本当に代表的なのだけ。まぁC翼(この略し方だとアレやな…)は版権とかで難しいのでしょうけど。その代わり、アーケードゲームが何作か収録されていました。…ボンジャックの曲は普通のだったけど(これも版権…?)



ナムコはbookの方にUGSF-WESTさんのギャラクシアン3シアター6のコトとかもあったりしたのですが、DVDには収録されず…うう、仕方ないか、ファミコンじゃないから…
ちょっとゲームカタログには足りないし、ライト層向けなのかなぁ~?という気もします。なんというかちょっと物足りないのですよ。全体的に悪くはないのだけど、もうちょっとエンタ寄りかカタログ寄りか、どちらかにした方がよかったんじゃないかなぁと思います。ちょっと中途半端なのね。

ただ、「Bar 8bit」が素晴らしく良いのです。
これは課長がフラッと寄ったバーで、お勧めのファミコン曲をピアノで奏でてくれるというもので、ナムコ編では「スカイキッド」、「マッピー」、「ドルアーガの塔」、テクモ編では「マイティボンジャック」、「ソロモンの鍵」、「忍者龍剣伝」を松澤健さんが弾いているのです。



素晴らしいね! こんなバーがあったら通っちゃうね!!
というか、自分のやりたい「ゲーム音楽喫茶」がこんな感じなんですよw

音楽を聞いて、課長が一言言うんですが、それもまたオモロイ。
とにかくピアノが素晴らしいね! アレンジでなく元曲とほぼ同じ(ドルアーガはうっかり下のパート歌ってしまうよ)で、ステージ曲だけでなくハリアップやゲームオーバーなどもしっかり入っているのが嬉しい!
本当にこんなバーがあったら良いのになぁ~としみじみ思いました。

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへにほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へ

2011年02月04日 DVD紹介 トラックバック:0 コメント:0

FAMICOM 20TH ANNIVERSARY GAMEMUSIC DVD

ファミコン20周年を記念して販売されたシリーズのDVD。任天堂ファミコンサウンドが映像と一緒に楽しめるようになっています。同じく20周年を記念して販売された食玩CDと、サイトロンさんから出ているサントラCDを合わせたような内容かなと思います。

ゲーム音楽って、プレイの思い出を楽しむ部分というのが強いと思うのですよ。
このDVDはそういう部分を楽しめるものだと思います。音楽と、映像と、一緒に見て聞いてというのは、ゲーム音楽にはピッタリだと思うのです。
ただ惜しいのは、曲タイトルとかを常に表示された状態でいるため、ゲーム画面がフルサイズで見ることが出来ないんですね。それと、メインは曲なので「ゲームプレイ」動画とは違うんですね。画面ではやられているのに、音ではそういう効果音がリンクしているわけでないので、ちょっとのめり込めないのが残念なのです。
環境用ともまた違うので、ちょっと微妙といえば微妙なんですが、今ではなかなか見れない画面が音と一緒に楽しめるという点で、若いユーザーさんにも分かりやすいかも。でも資料にしてもちょっと微妙ではあるか…
ボーナストラックにはディスクライターサウンド。コレ、知らない人も多いんじゃないかな?

ファミコン20周年のときは、こうして色々と出てくれたけど、SFCは出ないんですかぁあ?
こういうのを色々とハードごとに出してくれたら、ゲームの歴史とか分かりやすくて良いのになぁと思うのです。

パッケージサイズはトールサイズでなく、普通のCDパッケージなので探すとき注意してね~


ファミコン 20TH アニバーサリーゲームミュージックDVD




マリオブラザーズ
スーパーマリオブラザーズ
ドンキーコング
ドンキーコングJR.
ドンキーコング3
バルーンファイト
レッキングクルー
アイスクライマー
ワイルドガンマン
ダックハント
ホーガンズアレイ
ベースボール
テニス
ゴルフ
アーバンチャンピオン
ロボット ブロックセット
ロボット ジャイロセット
デビルワールド
クルクルランド(カセット版)

スーパーマリオUSA
ゼルダの伝説
リンクの冒険
謎の村雨城
メトロイド
光神話パルテナの鏡
新鬼ヶ島-前編-
新鬼ヶ島-後編-
アイスホッケー
アイスクライマー
クルクルランド(ディスク版)

ディスクライター


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2011年01月26日 DVD紹介 トラックバック:0 コメント:4