ゲーム音楽を聴こう

ゲーム音楽CD紹介をメインに、ゲーム音楽コンサートの感想やイベント情報などを、日記を交えて書いています。
ゲーム音楽を聴こう TOP  >  イベント

今更だけど「植松伸夫が厳選!ファイナルファンタジー吹奏楽の音楽会」見たよ

そんなわけで、題名のない音楽会植松伸夫が厳選!ファイナルファンタジー吹奏楽の音楽会を見ました。
放送当日はちょいちょい家事をしていたため、しっかり聴いてなかったので、改めて録画を見て聞いてます。

放送をご覧になれなかった方は、番組HP内バックナンバーにて楽曲紹介と少しだけ演奏を聴くことが出来ます。



「植松さん自身が選んだバラエティ豊かな厳選5曲」というセレクトで、演奏された曲は以下の通り。

1:「オープニング~爆破ミッション」
2:「ケット・シーのテーマ」
3:「花火に消された言葉」
4:「星降る峡谷」
5:「片翼の天使」


爆破ミッションと片翼は定番寄りでもあると思いますが、本当にバラエティ豊かな選曲であったと思います。

簡単にシリーズ紹介をゲーム画面と共に振り返るだけでもワクワクしちゃうチョロさw
そして植松さんが登場し、曲を紹介して演奏という流れ。
爆破ミッションは「ロックっぽいオーケストラ」ということで、オープニングなんかはまさにオケで、その後に続く爆破ミッションで一転しますからね。何度も聞いている曲でも、本人による意図コメントを聞いた後に改めて聞くことによって、その曲に対して少しですが理解が出来るのはいいですね。
ゲームシーンは今見るとこう…色々と倒れちゃう(それでも当時の最高峰ではあったハズなんだけど)ものの、演奏と一緒に見ることで思い出が蘇ります。

ケット・シーがピンクパンサーというのも聞いてなるほど。あの胡散臭さにしっくり来るのも納得です… 
ジャズっぽいけどオシャレじゃないところがらしくていいんでしょう。
「花火に消された言葉」は本当に美しく優しい。画面がエアリスルートで安心というか、バレットルートだったらざわざわしてたw

そして「星降る峡谷」が最高だった…!
元曲の荒野っぽい雰囲気とはまた違うんだけど、この吹き付ける強い風のような尺八がとにかくキマってて、曲としてアレンジするなら、聞かせるならという演奏でした。

ラストは片翼。結構定番でもありますが、コレを外さないわけにはいかないのでしょう。
「実験的な曲」として、植松さんの紹介、説明があり、そして聞くことでなるほど。
ボーカルはきっとみんな心の中で歌ってたハズ。

最後に植松さんの言葉として、「いちばん自由になれたタイトル」と紹介があって、今までの制約から外れて思いっきり作れたのかなぁ… だからこそのバラエティ豊かな曲が出来たんだろうし、その選曲だったんだろうと思います。

今回はちゃんとFF7と決まってて、そこからの選曲だから文句無かったです。



番組HP内振り返りブログ音楽の帰り道のコメントで、「ゲームそのものは世代で愛され、ゲーム音楽は世代を超えて聴き継がれるもの」と記載があって、それもまた分かるなぁ~と思うのです。
元のゲームは知らなくても曲は知っている。というのはあるんじゃないかなと。
それは映画や、もっと遡ってオペラなども「元」は知らないけど、その音楽だけ知っているってありすぎるというか自分もそうです。ゴッドファーザーなんかオルゴールで知ったくらい。その後、父に色々面倒な説明を受けた…のを思い返せばオレ同じこと相方にしているわ。

そんなわけで、こうしてTVで「ゲームの曲」を紹介することは、それなりにユーザー以外への訴えとなるんだと思います。
また他のゲームの曲でもやって欲しいですね。




BRA★BRA FINAL FANTASY VII BRASS de BRAVO with Siena Wind Orchestra




BRA★BRA FINAL FANTASY VII BRASS de BRAVO with Siena Wind Orchestra

6月23日(土)  神奈川公演
【時間】開場13:00 開演14:00
【会場】神奈川県民ホール・大ホール

7月15日(日)  兵庫公演
【時間】開場14:00 開演15:00
【会場】神戸国際会館・こくさいホール

7月20日(金) 福岡公演
【時間】開場18:00 開演19:00
【会場】福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)

7月21日(土)  広島公演
【時間】開場13:00 開演14:00
【会場】上野学園ホール

チケット:一般6,800円、学生4,800円
チケットぴあiconにて取り扱い中


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2018年05月21日 17:26 ] カテゴリ:イベント | TB(0) | CM(2)

ゲームタクト2018のファミ箏行ってた

そんなわけで、ゲームタクト2018の1日目に行って来ました。
夜公演どうしようか考えているウチにチケット売り切れちゃったので(当日券があったら買えばいいかという考えでいた)、1日目はファミ箏だけ参加です。

その前にちょろっとだけ展示室で行われていたZUNTATAアカデミーを聞いてました。
ばび~さんが「ここに来る人はなかなかの忠誠度」って言ってたけど、途中抜けゴメンよ~ いつものZTTNIGHTよりも真面目で濃い話だっただけに、ずっと聞いていたかったムネン… 
※そもそもアタシがタイムテーブルを間違えてて、「12時スタートだから30分は聞けるな!」と思ってた…(スタートは12時30分でした)



そんなワケでファミ箏です。
今回は討鬼伝と源平討魔伝と、鬼と悪魔を討つ! という演目でありました。

討鬼伝は未プレイでプレスタで演奏されてたのを聴いている程度なんですが…素晴らしかったですねコレ!
多分本来はオーケストラにプラスしての和楽器で「和風」の曲にしているんでしょうが、和楽器ならではの迫力といいますか、迫り来る熱さというのが感じられて良かったです(コナミカン)。
そういえばいつもは演奏前に「礼に始まり礼に終わる」という旨を伝えてるのですが、今回はそのトークが無かったため、初めて聞かれた方の拍手タイミングが礼前に始まっちゃったんですけど、これ毎回しっかり言っていた方が良いかと思いました!

坂本さんとアレンジした田辺先生のトークの後、3曲メドレィが入りましたがこちらはまた対比してゆったり優しいメロが心地よかったです。ラストの「千年ヲ駆ケシモノ」のクライマックス感が凄くて(ラスボス的?)、箏の激しさが強烈に印象に残っててカッコ良かったです。尺八と篠笛は合わせて10本を色々とその場に合わせて選択して取り替えつつ演奏されていたんですが、非常に大変であろうことは見ても分かりました。田辺先生が「非常に演奏が難しい」って言われてて、そうだろうなぁ…と見て実感。アレンジを坂本さんに任せなかったのは、やっぱり「和楽器の」出る音域、音の美味い部分を知り尽くしているからこそなんだと思います。多分これ坂本さんがアレンジしてたらもっと大変だったんだろうなぁ…

そして源平です。ファミ箏の源平聞くのこれで3回か4回かくらい聞いているんですが、構成がちょいちょい違うので微妙に演奏も違っているんじゃないかなと思う今日この頃、沖政先生どうでしょう?
中潟さんが作曲した際の事を話されていましたが、当然演奏する前提で作曲はされてないわけで…それでもこの演目はファミ箏だからこそのしっくりくるものであると思います。もうオープニングなんか「本来はこうしたかったのかなぁ?」と思うくらいに普通に和楽器での音に馴染むもんね。個人的に毎回好きなのが弁慶であります。あの重さを感じる音をそのままに迫力アップしていると思うんですよ。ボイスすら聴こえてくるもんね… だじゃれの国は先生がだじゃれをかますかと期待したけどそんなこともなく(言って欲しいw)、頼朝を討って桜吹雪のエンディングへ。

アンコールあるのかな?と、ちょっと期待してたんですが、残念ながら時間オシオシなこともありプログラム終了。あっという間の演奏でちょっと消化不良気味。
いつものファミ箏単独公演を思うと、この値段でこの時間はちょっと残念かな~ もう1曲せめて隠しであったらなと思うところ。それでも充実の演奏ではありました! あとアルバム3枚目待っています。きっと源平とワルキューレ入れてくれるハズ…!(どうかな?)

・鬼討ツモノ
・ウタカタ~マホロバ -静-~千年ヲ駆ケシモノ
・源平討魔伝(源平討魔伝のテーマ~扉オープン~小モード~大モード~平面モード~義経~びわ法師~弁慶~ボーナスステージ~だじゃれの国~頼朝~完全クリア~ゲームオーバー)




ちょっとね、タクト自体が正直アウェイ感(ばび~さんも言ってたけど)あって、色々まるっと楽しめない部分があったり。

世界最大級のゲーム音楽フェスというのであれば、もうちょっと色々フォローして欲しいところ。
個人的には超会議や音撃のようなゲーム複合イベントのようにやって欲しいかな… 
ゲーム音楽だけであっても、もうちょっと色んなトコで色んな音楽を楽しめるようにして欲しかったかも。
ロビーとかで音楽流すのできなかったのかなぁ…? 
展示室のモニタでプログラム紹介とかしてたけど、これを正面ロビーで紹介しつつ音楽を流していたりしたら良かったのにと思いました!

あと、せっかく公式サイトあるのに情報がツイッター頼りってのもどうなのかな?
アンケートリンクも公式サイトからいけるの…?(見当たらなかった)

坂本さんがゲーム音楽屋であり社長さんだから、広報では無いゆえのことなのかもだけど、もうちょっと告知、アピール、紹介を公式サイトの方でも力入れて欲しかったとこです。



そのあと「せっかくだから」と、大鳥居と羽田行ってクマ撮ってきた。

大鳥居

羽田顔出し


羽田めっちゃ人ごみで死んだ。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2018年05月08日 19:08 ] カテゴリ:イベント | TB(0) | CM(0)

II魂発表会2018の大ボリューム凄かった


II魂2018プログラム

先週ひいた風邪が長引いてて、咳がどうにもこうにもだったんですが、咳止め&ノド飴でなんとか持たせつつ行って来ましたII魂さん発表会2018。
予告から「今回4時間オーバーします!」という、演奏時間の長さに耐えられるか若干の不安がありましたが、何とかギリ持ちこたえてくれたっぽいです。出入り口近くに待機してて危うくなったら外に出るつもりでありました…何とかなってよかった。

あと、今回の会場最寄駅が小田急沿線なのですが、その小田急が止まっていて何というか毎回「持っているな!」と思わざるを得なかったです。南武線もいつ止まるかドキドキしてた。

そんな感じで始まった発表会、トップはプログラムに記載されてなかったアンダーテールでした。アレ? と思って聞いてたけど、前回アズゴア戦で終わったので、その続きということからNルートエンドまでやっちゃおう!ということっぽいですね。
そしてコレが凄く良かった… 映し出されるゲームシーンのスライドと共に、音楽カンペキそのままで(もちろんゲームそのままの音ではないけど)、この音はこれで!という振り分けが凄く上手いと思います。再現の雰囲気がいいんですよ。

この後から通常プログラムでの進行。まずはWinterbellsというブラウザゲー。コレ、全く知らなくて聞いてたんですが、すげぇいい曲だなと思いながら聞いてました。で、帰ってググってプレイして曲聞いて「あ、コレだ」と、すぐ分かったほどにまんまの演奏だったわけですな… タイトルからして冬の曲なのかな? と思ってたけど、ゲームはちょっとシュール…(あと難しい) 
Miitopiaは体験版やったくらいで本編やらずで全然曲知らなかった。もっとコミカルな印象だったけど演奏聞いてたら割とオーソドックスな王道派なのかな。これを本日の客席でプレイしていた方は少ないようで、お馴染の「あなたの為に演奏しました!」出ました。

1部最後はリズム天国の「リズムお習字」。演奏に合わせて実際のプレイよろしくお習字をするという、体当たりすぎる演出がありました。演奏はゲームそのままにプレイの際のあの掛け声もバッチリ再現してて、それだけでも面白いのにさらにそれに合わせてゲーム同様に色紙にお習字を書いていくというな… お土産に色紙1枚頂きました!(配布している様子はまるでサイン会のよう)

休憩入って2部。レゲーだけじゃなくて新しいゲームもやるよ! ということで色々なプラットフォーム作品から。アズレンとか演奏されるの初めてなんじゃないでしょうか。II魂さんはそういう「演奏初!」な作品も実は多いと思うのです。アンダーテールもそうだったし。まぁあまり他で演奏しないようなタイトルが多いということもあるんだろうけど。
そんなわけで2部のゲームほとんど知らない(スマナイ!)状態で聞いてたものの、艦これの安定感(ラストの仲間入り演出がモザイク終了で終わるのも恒例になりつつ)が良かったです。グリムノーツの優しい曲の後のFGOの激しさがメッチャ熱い。

3部はさっきー曲タップリでオレ得であります。マジでオケ映えする曲ばかりだと思うのに、なんで他では演奏されないのん…? と思う限り。朧の「雪月風花」好きなだけに凄くうれしかった。阿吽の切り替えで一層熱くなる三味線かっこよかったよ。
II魂さんって普通のオケとは違う色んな楽器が入っての演奏が良いと思うんですよ。その楽器の良さをうまく引き出しているというか、持ち味を出しているというか。三味線、箏、二胡、リコーダー(他にも変わった楽器が入ることもあったし)があるからこそ表現できる部分もあるでしょうし、普通とは違う音なのに雰囲気は同じというのが楽器の振り分けの上手さなんだろうなと思っています。

そして銀銃ね。震えが来るほどの迫力でした。パーカッションがめっちゃ大変そうだった(この曲に限らず)けど、通してずっと安定感ある演奏見事でした。今回すげぇ…ってずっとパーカスさん見てたw そしてきっといつか蒼穹やってくれるの(勝手に)信じてる。
オプーナさんは岩田さん曲だったけど、オプーナさん曲を演奏するのもココだけ…! デジタル風味のあるサウンドだけど、ものすごくしっくりくる演奏でした。
そういや朧演奏の後、ゲーム中の食べ物のこだわりがスライドで紹介されていましたが、本当に美味しそうに描かれている上に食うタイミングで量が変化していく様を是非見て。腹減るよあのゲーム…(うどんスキー)

続いてタイトルに「キッズ」が付いている作品をまとめたメドレー。こんなトコでエスケープキッズが聞けるとは…! 西部劇風サウンドなんですが、三味線でちょっとエスニック風味。あとニンジャキッズにびっくり。これプレイしてないなぁって思ってたけどググったらやってたわ…曲は全然覚えてなくて、演奏聴いてて「めっちゃZTT感ある…」と思ってたんですが作曲どなたなんでしょ?(なかやまらいでん氏っぽい?) 

エメドラメドレーは、チラシやパンフに主役ではない(前にエメドラやった時にはタムリンが描かれてた)ヤマンが描かれているので、なんでじゃろ? と思ってたんですが、なるほど演出というかシーンセレクトからそうなったのね… タイトルからのボイス再現にも吹いたw エメドラはSFCだと演出が違うということだそうですが…違ったwww 笑うシーンじゃないハズなんだけど、笑っちゃうよね…(あれは許されるのだろうか?)
今までスライドは「分からない人の為にゲームの説明補足として使う」というカンジでしたが、演奏後に魂長さんもおっしゃってたけどメインになってきたよね… いやまぁアレないと分からないか。

そしてプログラムラストが30周年メドレー。前回も大ボリュームでしたが、今回「16曲が終わりまして! 残り43曲!」と言われ爆笑の場内。アンケート用紙に43までのマスがあって、知ってる曲あったらソコに○して! ということでつけてたんですが…終わったら1個ずれてた。リップルがラストだと思ったのでアンケ間違ってますゴメン。(今度スライドにナンバー振って欲しい)

しょっぱなDQ3と思わせてのリサの妖精伝説とか「そっちかー!」という相変わらずのセレクション。そんな感じで以下続いていくわけですが、水戸黄門IIの音声合成再現上手すぎた。どうやってあの独特の割れた音を出していたんだろう…?と思ってたトコ、口の前に紙をあてていたそうです。柳沢慎吾ちゃん方式だったわけですね納得。チェイスH.Q.の「ナンシーから緊急連絡!」からの「りょ~かい!」の流れも上手すぎて良かったw 
グラIIだったり、ジャイラスだったり、アウトランだったり、アレこれもっと前の作品じゃね? と思ってたトコ、それぞれファミコン、ファミコンディスク、MSX移植作品30周年という…なんという「そっちかー!!」的なセレクション。個人的超嬉しかったのはキングオブキングス。コレ本当に名曲なのでCD是非出して…マジ。
F1スピリット~アウトラン~パリダカの何となく似ている曲の流れの意地悪さ。コレ笑いながら聞いてました。F1スピリットこんなに似ていたっけなぁ~と家に帰ってからサントラ聞きなおしてたらすっげぇ似てた。
そういえば大体こういう演奏会に行った後は、家でプレイリストを作って聞きなおすということをしているんですが、II魂さんは持ってない音源多すぎて作れないのが悩みw

プログラムが終了して、アンコールというかクリア後の部として「偽りの輪舞曲」が紹介されましたが、その紹介が酷いw 「ファイアーエムブレムを1/3に薄めて何もしなかった」ってそんな説明で大丈夫なんでしょうか! なんでもII魂さん結成タイミングと、このソフトの発売タイミングが同じくらいだからというセレクトらしいです。そんなセレクトで大丈夫なんでしょうか!(大丈夫)
そして本当のラストが悪魔城エンディング。スライドのスタッフロールに合わせて次回予告をしちゃう演出が素敵でした。

他の演奏会では絶対演奏されない曲ばかりなのは、好きなものを好きに演奏する。と、いうことだし、そういうのいいよね。と思うII魂さんであります。ファン活動の根源というか、好きだから表現する! という気持ちが本当に素敵です。
知らない名曲を知るキッカケにもなるし、みんなもっと来るといいよ! 




第1部
・Winterbells
・Miitopia
1.大魔王のテーマ
2.王さまのテーマ
3.ステージ 国境の山~宿屋に飛び込め!
4.おちぶれた貴族の息子のテーマ~となりの国の王子のテーマ~カオがとられちゃう
5.オープニング 逃げろー!~戦いの前 強大なる災い~戦いのはじまり ぜったいに勝つ!~決戦! ボスIII~勝った!
6.姫のテーマ~ハッピーエンド
7.大賢者のテーマ~ランプの魔人のテーマ~ルーレット 何が当たるかな?~大妖精の踊り
・リズム天国 ザ・ベスト+「リズムお習字」

第2部
・刀剣乱舞「一期一振」
・艦隊これくしょん-艦これ-
 「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)より、捷号決戦前夜~捷一号作戦~激戦!遊撃部隊」
 「出撃!北東方面 第五艦隊より、北東方面艦隊の集結~第五艦隊の奮戦~北方艦隊決戦~士魂の反撃」
・アズールレーンメドレー
 「オープニング画面~HOME画面~通常海域~夕立戦~軍神の帰還 テスターα型戦~軍神の帰還 三笠援軍」
・グリムノーツ「忘れじの言の葉」
・Fate/Grand Order「雷光 ~丑御前戦~」
・UNDERTALE
 「Here We Are~Amalgam~Bergentrückung~Fallen Down (Reprise)~Don't Give Up~Hopes and Dreams~Burn in Despair~SAVE the World~His Theme~Final Power~Respite~Bring It In, Guys!~Last Goodbye」

第3部
・朧村正「鏡花水月~暮色蒼然・阿~暮色蒼然・吽~雪月風花・阿~雪月風花・吽」
・朧村正 元禄怪奇譚「落花繽紛」
・レイディアントシルバーガン
 「REMINISCENCE -回想録-~RUIN -破滅-」
・オプーナ「夕暮れ都市」
・ブービーキッズ「江戸」~ニンジャキッズ「1面」~エスケープキッズ「ジャンキー・カウボーイ」
・エメラルドドラゴン(SFC) そんなことがあってたまるかメドレー
「今、全てがはじまる~Lovely Towns~Be A Good Customer~激闘~死闘の果て~SUDDEN2~崩壊~涙色の龍~YOU Got it!」
・30周年メドレー
No.01 リサの妖精伝説
No.02 えりかとさとるの夢冒険
No.03 三国志 中原の覇者
No.04 貝獣物語
No.05 アイスホッケー
No.06 ニュージーランドストーリー
No.07 プロ野球ワールドスタジアム
No.08 水戸黄門II 世界漫遊記
No.09 戦車戦略 砂漠の狐
No.10 超惑星戦記メタファイト
No.11 独眼竜正宗
No.12 グラディウスII(ファミコン)
No.13 ファイナルファンタジーII
No.14 キングオブキングス
No.15 殺意の階層 オフトハウス連続殺人事件
No.16 アルカノイドII(ファミコン)
No.17 コスモポリス ギャリバン
No.18 ガイアの紋章
No.19 VS.エキサイトバイク
No.20 バイオミラクルぼくってウパ
No.21 ゲバラ(ファミコン)
No.22 不動明王伝
No.23 らじかるぼんばー!! 地雷くん
No.24 オーダイン
No.25 妖怪道中記(PCエンジン)
No.26 TATSUJIN
No.27 たけしの戦国風雲児
No.28 サラダの国のトマト姫(ファミコン)
No.29 霊幻導士
No.30 ジャイラス(ファミコンディスク)
No.31 チェルノブ
No.32 獣王記
No.33 突然!マッチョマン
No.34 熱血高校ドッヂボール部(ファミコン)
No.35 スーパーマリオブラザーズ3
No.36 忍者龍剣伝
No.37 Chase H.Q.
No.38 F1スピリット 3Dスペシャル
No.39 Out Run(MSX)
No.40 パリ・ダカールラリー・スペシャル
No.41 謎のマガジンディスク ナゾラーランド第3号
No.42 リップルアイランド
No.43 メルヘンメイズ

クリア後の部
・偽りの輪舞曲「オープニングデモ、覇道ルートエンディング」
・悪魔城伝説「Evergreen、Flash Back」

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2018年05月03日 17:10 ] カテゴリ:イベント | TB(0) | CM(0)

シティフィルさんのDQ11最高すぎた


シティフィルのドラゴンクエスト11

シティフィルさんのDQコンサート、今回は11の演奏だということで「いやっほい!」と浮かれて行ってきました。
以前聞いた際はクリア前だったため、曲の半分くらいしか理解できなった組曲DQ11。
しかし今回は全部クリアしてバッチリだぜ!と物凄く楽しみでした。もちろん曲を知らなくても楽しんだ前回ですが、やっぱりその背景を知っていると何倍も楽しめますね。曲を聞いてその背景を思い起こさせるというのは、やっぱりプレイしてからの楽しみ方ですし、プレイしていたからこそ曲の意味も深く知れるという部分があると思います。

終わった後「良かった…!」と、ずっと言うくらい最高だったです!

とにかく最初の「序曲XI」でもうハート鷲づかみ。プレイの際には毎回このムービーは飛ばさずに眺めるくらいに好きで、曲と共に画面が出てくるくらいでした。演奏後の井田さん(グレイグと同い年)のトークも楽しく、こちらも掴みはオッケイでしたw
毎回思うのですが、このトーク部分がファンの感想と近い上に、ちゃんと音楽的アプローチも含んでいて、曲としての効果を知りつつ、なるほどと思いつつ、「オマエラDQ好きだな…!」と。
色々プロだと愛が無いとか言われますが、ちゃんと好きで演奏してくれているのは嬉しい限りです。

賑わいの街並み~についても、村の夜が先に来るのはプレイした際には夜を先に聞くからと、なるほどそんなのこうして言われなければ気にしてなかったかも! 勇者の凱旋~は同じ曲をアレンジしているとは実は気づかず…(似てるな~くらいに思ってたw) そういう曲の旨みをトークで教えてくれて、それを元に聞いて理解するというのは凄く勉強になります。

シルビア姐さんのラテンパーカッションが大変楽しそうで、彼のキャラクター性をしっかり曲で表現しているんだと再確認。トークの際の踊りについては…(パパ上のダンスも見たかった) 曲を聞いていただけではそこまで深く気にしなかったけど、演奏を見て、音楽を聴いて、トークで楽しく理解出来るって、ゲームを元に音楽を理解するという流れで、すぎやんが目指していた部分に近しいのかなと思います。ちびっこも多くみかけたけど、オーケストラにこれで馴染んで理解してもらえたらいいよね…

レースバトルではお馴染G1ファンファーレを組み込んでいるわけですが、これはすぎやんだからこそ出来る曲ですよね。そういうのが他にもあると後半のトーク(DQ1、2、3のフレーズが組み込まれている)でも語られていましたが、実はこっちもそうなのかな~?くらいに思っていたので、しっかり語られてありがたい! 

レースバトルの馬の足音再現は、パーカッションチームの見せ所! らしく、楽譜には「パッパカパッパカ」としか書かれていないので、何でどう演奏するかというのは演奏力(ななどら氏の言うとこの空気再現、馬の足音力)が試されるのですな… 今回はお碗(きっとトン汁用らしいw)で再現されていました。演奏後に楽器を見せて、楽器が奏でる音を理解してもらう。ということなんでしょうね。
アルトフルートの紹介でも、普通と違うことを比較する際、まさかのケトス呼び出しメロを演奏! 凄く…嬉しいです… アルトフルートの音色の使い方についても説明があり、他のシリーズでも聞いてみるといいよ! と興味をさらに深く掘り下げてくれるトークが本当に上手い! クジラも釣れますかね…?

前半終了後の休憩あけのタイミングでレベルアップファンファーレ。これはレベルアップではなくて鍛冶+1成功らしい?
と、恒例の吉田博士との(完全に単なるファン)トーク。
さそう踊りをまさか踊ってくれるとは思わなかったというか、プロでこんなの見せてくれるの多分他にないw
ぱふぱふはアレ衝撃だったよね…「ぱふ~ん」

プログラムに記載されていなかったので、アンコールが分かってしまうというのも決まった感じなのかもですが、このロトメドレーとも言える「過ぎ去りし時を求めて」はズルいよね。
そんな感じで、素晴らしい音楽を聴き、トークで笑わせながらも勉強してと、本当に最後まで素晴らしいコンサートでした。
また横須賀にも来てね…



プログラム
1.序曲XI
2.冒険のはじまり~勇者は征く
3.にぎわいの街並~穏やかな村の夜~穏やかな村~にぎわいの街並
4.勇者の凱旋~山奥の隠れ里~勇者出撃
5.荘厳なる王宮
6.オーレ!シルビア!
7.天空魔城
8.暗黒の魔手~破壊を望みし者
9.空飛ぶ鯨
10.ひるまぬ勇気~レースバトル~果てしなき死闘
11.未知なる洞窟~神秘へのいざない
12.騎士道を我が胸に
13.愛のこもれび
14.魔法使いロウ~時の祭壇~神話の里
15.窮地を駆ける~希望はいずこへ~黄昏の荒野
16.暗闇の回廊
17.生死を賭けて
18.英雄たちの帰郷

アンコール
・過ぎ去りし時を求めて

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2018年04月16日 20:31 ] カテゴリ:イベント | TB(0) | CM(0)

FEだけの演奏会RdM第四回演奏会行ってきたよ


RdM第4回演奏会パンフ

ファイアーエムブレムシリーズを演奏するRitter der Musik(リッター・ダー・ムジーク)さんの演奏会に行って来ました。

今回はifがメインということで、「え~ifかぁ~ ゲーム1周しかしてないしなぁ…」と思いつつも聞いてみれば結構覚えてた。(暗夜はやってないが) そしてもっかいプレイしなおしております…結構お話忘れちゃってて新鮮だけど、突っ込みドコは多数。

3回目に行かなかったので(会場が遠くて悩んだ)結構久々。
プレコンでエコーズ2曲を演奏してくれましたが、こちらもすっかりヒーローズの曲と思っちゃうくらい(エコーズ結構プレイしてたんだけど…)ヒーローズにどっぷり状態であります。
覚醒の「宿命」も、トークで「音ゲー」と言われてたし、自分もすっかりヒーローズというか音ゲーの曲という認識…(ロイ様の曲も)

ifは曲が良いとは思うのですが、どうしてもゲーム本編が好きになれず、そして演奏も結構厳しそうでした。それでもクライマックス感バッチリな兄上メドレーは心ガッツリ掴まれました。慟哭ではエリーゼ…と、ステージ上で頑張るエリーゼを応援しつつ、マップ曲からのストーリーエピローグまで、長兄という立場の物語と辛さとそれを決定した自分への「何でや!」という思いが蘇りました… あのラストはつらすぎる。

二部トップで曲紹介の際に歌うシグレは個人的に良かった。何ていうか今回、皆さんが緊張しているのか固い印象だったので、もうちょっとゆる~くなればもっと良かったんじゃないかなと思うところ。推し?をコスしていたり(村人びっくりした)したのは、見ているこちらとしても楽しめてよかったので、演奏が固いのは惜しい。
しかし指揮者もコスするんじゃな… レオンがマントをバサっとやったあと、ちゃんと畳むあたり彼のキャラと若干かぶって面白かったw

RdM第4回演奏会ロビー
ロビーにはシリーズ中の名・迷セリフ投票所。迷セリフ多すぎで吹いたw なんでRdMさんはビラク推しなん…?(そういうポジションだからです)

正直演奏はそこまで上手ではないのですが、こういう遊び心を持って開催してくれているのはファンだからこそ。パンフの軍師紹介も面白かった(エルフィンは再行動の人というのに同意)。音の合わせたバランスがいまいちに感じたので、バラバラっぽく聴こえてう~んと思っちゃったのかも。上から目線でゴメンね。
聖戦メドレーなど、再演に近い曲はこなれている印象だったので、続いていくうちに他の曲もそうなっていくであろうことから、今後の演奏会も楽しみにしたいと思います。




プレコンサート
・解放への勇進
・ミラの加護とともに

第一部
1.Fire Emblem Main Theme
2.聖戦の系譜より「親世代メドレー」
3.覚醒より「宿命」

第二部
ifより
1.その手が拓く未来は
2.黄昏をつれて
3.支援会話曲メドレー
4.正義は何処に

第三部
ifより
1.いつかきた旅路
2.光射す彼方へ
3.白夜26章 暗夜王子マークス & 暗夜25章 白夜王子リョウマ メドレー
4.if~ひとり思う~

アンコール
・Life Retuens~Dawn Awakens
・ファイアーエムブレムのテーマ


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2018年03月02日 17:24 ] カテゴリ:イベント | TB(0) | CM(0)
プロフィール

穴のあいたくつ下

Author:穴のあいたくつ下
レトロゲーマー属性のナムコスキー。セガも好きですが、ナムコの方がもっと好きです!

紹介済みのサントラリスト
ゲーム音楽の楽譜リスト
iTunes配信リスト
ゲーム関連イベント情報

プライバシーポリシー


つぶやき。
ブログ内検索
ゲーム音楽演奏関連
ゲーム音楽の演奏会情報ポータルサイト[2083WEB]
ゲーム音楽の演奏会情報ポータルサイト[2083WEB]さん。

コスモスカイオーケストラ
2018年7月16日南大沢文化会館(八王子市) 主ホールにて開催予定


2018年8月18日ルネこだいら 大ホールにて開催予定

リトルジャックオーケストラ
2018年8月26日横浜みなとみらいホール(大ホール)にて開催予定

ラストエリクサーウィンドオーケストラ
2018年9月23日いたみホール(伊丹市立文化会館)大ホールにて開催予定

しかしMPが足りない
2018年9月23日東北大学百周年記念会館 川内萩ホールにて開催予定

オータムリーフ管弦楽団公式サイトバナー
2018年10月14日所沢文化センター ミューズ 大ホールにて開催予定

名古屋ゲームミュージックストリングス
2018年10月14日開催予定

ゲーム音楽専門マンドリン楽団"LUIDA"
2018年11月10日静岡市 清水テルサホールにて開催予定

フィルハーモニア・アンサンブル・アトラース
2018年11月10日千早なみきスクエア なみきホールにて開催予定

北海道ゲーム音楽吹奏楽団
12月23日札幌市生涯学習センター ちえりあホールにて開催予定

ラピスドリームオーケストラ
12月24日豊中市立文化芸術センター大ホールにて開催予定

Ⅱ魂
2019年2月17日多摩市民館 大ホールにて開催予定

Star Dust Strings Orchestra 2019年3月10日江戸川区総合文化センター小ホールにて開催予定

名古屋ゲームミュージックアンサンブル
2019年6月2日刈谷総合文化センター 大ホールにて開催予定

ガーデンオーケストラ

もょもと交響楽団

Kyoto Wind Guild

Chor Crystal Mana

ファミコンバンドFCB

Orchestra An-Nin

ピコピコーラス

Another World Fantasia

ルセッタアミュゼ吹奏楽団

熱血高校吹奏楽部

東京ファンタジックブラスバンド

THE MUSIC MAGES

Ritter der Musik

Game Musica Jake

アフィリエイトリンク
モンスターハンター:ワールド イーカプコンバナー


チケットぴあ
楽天チケット


ブログ検索&ランキングリンク