DEVIL SUMMONER SOUL HACKERS ARRANGE SOUND TRACK

3DS版ソウルハッカーズの特典サントラです。選曲はユーザー投票で上位に入ったものが収録という形になっています。アレンジは喜多條敦志さん。喜多條さんてリメイク曲多くね?

アレンジとしては、元々の曲がそれぞれ「イケイケ!」というか、ちょっと斜にかまえつつもイカしているという、真シリーズ、ペルソナとも違う独特のアグレッシブさがあるので、それをより強く、それでいて雰囲気は損なわないものになっていると思います。バトル曲が多めなので、ギターも強めに(割と音の振り替えはしているようだけど)して、ガンガン行くトコが結構好みです。

業魔殿はメロこそ同じなんだけど、ピアノがトイピアノになったことで、怪しさ倍増というか、いかにも何かが出てくるという雰囲気に仕上がっています。転調後の展開はかなりアップテンポしたものなのに、違和感なくスンナリと入ってきます。ラストだけ元のしっとりしたピアノで締め。

原曲に近しいけど、ちゃんとアレンジとしての曲の良さを引き出していると思います。独自のアレンジアルバムも出したらいいのにね。


デビルサマナー ソウルハッカーズ 3DS 予約特典 ディスク『ARRANGE SOUND TRACK』【特典のみ】




1.オープニングムービー
2.ナオミ戦
3.ウラベ戦
4.イベント戦2
5.通常戦闘
6.ホテル業魔殿


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2017年10月24日 CD紹介(アトラス) トラックバック:0 コメント:0

「世界樹の迷宮V 長き神話の果て」オリジナル・サウンドトラック/古代祐三

3DSソフト世界樹の迷宮V 長き神話の果てのサウンドトラックです。
CD3枚組で、オリジナル音源と、DLCで配信しているFM音源版とを収録しています。今回、スリムなカンジでアルバムが作られていまして、薄型2枚組みケースに3枚入っているカンジで、さらに帯と背ラベル部分が一体化のケースに入らないで外付けタイプとなっているため、カバー入れてしまっています。若干これ面倒… 
インナーは若干ペラいものの、古代さんの製作コメントと、曲ごとコメントがあるので悪くないです。

さて、4から生楽器収録となった世界樹。4の時の印象よりも「今風だな」と感じたりしてました。とはいえ、タイトル画面や第1階層などはオーソドックスに今までを踏襲したものだと思われます。
そして散々プレイして聞いてきたからね。コレコレ! と頷きながら改めてアルバムを聞いています。FM版よりも今回はずっとプレイしてきたオリジナル音源版の方が好きです。

本当に今までと同様に、雰囲気やスタイルも同じなので、同じところは似たようなカンジなんですが、それでも5としての味わいがある曲達だと思います。まぁ同じ曲は同じですね(戦闘終了とかセーブとか、そのままではないですが)。
第2階層からは独自の世界に入っていくので、背景とその曲の印象で思い入れが出来てきますね。2階層の荒野はなるけ荒野とは違いますね。高い景色と吹く強い風。3階層の暗黒は、何となくギターが厨っぽくもあり、薄暗いだけではないトコがいいです。でもプレイ中は凄く辛かったw 4階層のピアノの煌きと静寂。そしてやっぱりプレイ中は辛かったw 5階層に辿りついた時の「なるほど!」、緑の風景にあわせた静かだけど爽やか、しかしどこか得体の知れない不安さ。プレイ中は本当に辛かったw 
6階層は毎回…死ぬ~という場所なだけに、今回も死んだけど、曲もまた不気味なアンビエント風の宇宙空間っぽく、背景と合わせて驚きがありました。プレイ中は泣いてたww

戦闘曲も勢いそのままに! な通常と、敵の脅威を出したボス系とでハッキリ風景が変わりますね。イベントボス戦の「戦場 空は鳴り、地は裂けて」の金管が重くも華やかなトコが、いかにもなボス曲かと思います。いや、プレイ中は本当に何度も泣かされたんですけど(こんなんばっかや)…
5層ボスの「戦場 星の試練」はコーラスの重さが、そのまま試練の重さを思わせる荘厳さが良いですね。FM版だとその良さがちょっと感じられないのですが、今作はFMから作ったわけでは無い(のかな?)ためなのでしょうか。今までを踏襲してきた曲のFM版はそれぞれらしいのに、違う曲だと味わいが違うなぁと思うトコです。

「情景 神話の還る場所 (FM Ver.)」は色々ズルイ。

今までは世界樹=FMでしたが、もうそうじゃ無いんだなぁとちょっと思う5の曲でした。FMが本当にオマケになっちゃっているのがなんか惜しいとか思っちゃう年寄りです。
新世界樹の味わいに近いのかもしれませんが(あっちはどうにも馴染めなくてダメでした)、ナンバリングだからこそのオーソドックス感と違う風景、それをFMではない楽器による表現での良さを味わうカンジなんでしょうね。


ニンテンドー3DSソフト「 世界樹の迷宮V 長き神話の果て 」 オリジナル・サウンドトラック




DISC 1
1.その声は冒険への誘い
2.伝説の紡ぎ手
3.街景 語り継がれしその名を記せ
4.迷宮I 鎮守ノ樹海
5.戦場 始動
6.鉄華 至宝を得よ
7.迷宮II 奇岩ノ参道
8.街景 朝焼けは笑顔の元に
9.戦場 一触即発
10.街景 暮れ行くは双子の宴
11.迷宮III 晦冥ノ墓所
12.情景 冷たい正義
13.戦場 空は鳴り、地は裂けて
14.街景 光の射す先
15.迷宮IV 虹霓ノ晶洞
16.戦場 明日を掴むは死闘の先
17.情景 未知なる脅威
18.迷宮V 円環ノ原生林
19.戦場 星の試練

DISC 2
1.乗り越えし証と共に
2.迷宮VI 赤方偏移ノ回廊
3.戦場 刀光剣影
4.戦場 流寓の主
5.戦乱 荒れ狂う流浪の果て アレンジVer.
6.長き神話の果て
7.情景 神話の還る場所
8.もう一度挑む日まで
9.つかの間の安らぎを
10.報償
11.伝説の紡ぎ手(FM Ver.)
12.街景 語り継がれしその名を記せ(FM Ver.)
13.迷宮I 鎮守ノ樹海(FM Ver.)
14.戦場 始動(FM Ver.)
15.鉄華 至宝を得よ(FM Ver.)
16.迷宮II 奇岩ノ参道(FM Ver.)
17.街景 朝焼けは笑顔の元に(FM Ver.)
18.戦場 一触即発(FM Ver.)
19.街景 暮れ行くは双子の宴(FM Ver.)

DISC 3
1.迷宮III 晦冥ノ墓所(FM Ver.)
2.情景 冷たい正義(FM Ver.)
3.戦場 空は鳴り、地は裂けて(FM Ver.)
4.街景 光の射す先(FM Ver.)
5.迷宮IV 虹霓ノ晶洞(FM Ver.)
6.戦場 明日を掴むは死闘の先(FM Ver.)
7.情景 未知なる脅威(FM Ver.)
8.迷宮V 円環ノ原生林(FM Ver.)
9.戦場 星の試練(FM Ver.)
10.乗り越えし証と共に(FM Ver.)
11.迷宮VI 赤方偏移ノ回廊(FM Ver.)
12.戦場 刀光剣影(FM Ver.)
13.戦場 流寓の主
14.戦乱 荒れ狂う流浪の果て アレンジVer.(FM Ver.)
15.長き神話の果て(FM Ver.)
16.情景 神話の還る場所(FM Ver.)
17.もう一度挑む日まで(FM Ver.)
18.つかの間の安らぎを(FM Ver.)
19.報償(FM Ver.)


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2017年05月10日 CD紹介(アトラス) トラックバック:0 コメント:0

PERSONA3 Original Soundtrack

ペルソナ3のサウンドトラックです。PSP版、フェス版はまた別途出ているというか追加ディスクだから仕方ないというPS2版だけ収録の2枚組みです。インナーに作曲の目黒さんによるコメントが1曲ずつ記載されているのも嬉しいところ。

ペルソナ3でガラっと変わったのはOPをはじめとするボーカル曲の多用でしょうか。機種がPS2になったことと関係はあまりないと思いますが、1、2からの印象とはかなり変わったと思っています。「全ての人の魂の詩」みたいに、シリーズを統一する曲もありますが、やはり主題歌「Burn My Dread」で今までとちょっと違う? と思わせてからの「Want To Be Close」、そして「Mass Destruction」ですね。戦闘曲でのボーカル曲使用というのも、この頃に色々と増えてきた印象ではありますが、飛びぬけてクールで、そしてインパクトがある曲だと思います。これがラストバトルでアレンジして使われるのも、また素晴らしい演出!(オープニングでも流れているという…それに気づくのはプレイ後とかね)

基本的に学生エンジョイ(P4ほどはしてないか)ゲームであるため、曲としても若さといいますか、ティーンズが好むようなサウンドかな? なんというか「何かをしながら流す曲」という背景曲とは違う空気の存在の曲のように感じるものが多いです。
たとえばラジオ、テレビ、PCなどから何気なく流している曲、そういう環境音のようでいて、その場の雰囲気を味わうようなカンジなのかなと。
もちろんイベント曲などでは、その場面を盛り上げるための曲となっていますが、それらもまたドラマの劇判曲のように、あまり主張せず、それでいてそれが無いと足りない、そういう不思議なゲーム曲だなと思います。
キャラクターが喋る(ボイスが出る)から、音楽があまり主張してもいけないのかもですが、メロが主張する曲よりも、こういうサウンドが増えたように感じます。それはゲーム音楽としての進化というか、表現の変化なのかも。
その一方でのバトル曲のインパクト、主張するシーンでは「コレじゃないと!」というキメ曲があるのは分かりやすい。エンディングでは、そこまでに何度も聞いてきた何気ないメロディが、リフレインとしてココで泣かせにくるのも上手い!

そういう点で、昔ながらのゲーム音楽からの変化を体感できるゲームだと思います。ゲーム的には割りと重くてペルソナしているなと(P4がチョロイ)思うのに、音楽でそれだけに終わらせず、ちゃんと青春してあげていると思えます。


ペルソナ3 オリジナル・サウンドトラック




DISC 1
1.Burn My Dread
2.全ての人の魂の詩
3.はじまり
4.この不思議な感覚
5.Want To Be Close
6.Troubled
7.Crisis
8.シャドウ
9.ペルソナ発動
10.避けられぬ戦い
11.やすらぎ
12.When The Moon's Reaching Out Stars
13.巌戸台分寮
14.The Voice Someone Calls
15.tartarus_0d01
16.Mass Destruction
17.戦いのあと
18.p3ct004_01
19.Deep Breath Deep Breath
20.Master of Shadow
21.ポロニアンモール
22.tartarus_0d03
23.嫌な予感
24.Fearful Experiance
25.Calamity
26.試験中…
27.Adventured act:
28.Joy
29.tartarus_0d03
30.深層心理
31.The Path is Open
32.The Path Was Closed

DISC 2
1.Changing Seasons
2.Basement
3.Master of Tartarus
4.これでいいんだ…
5.Living With Determination
6.tartarus_0d04
7.京都
8.Afternoon Break
9.時価ネットたなか
10.tartarus_0d05
11.10年前の記憶
12.Mistic
13.心の力
14.街の記憶
15.学園の記憶
16.Living With Determination -巌戸台分寮アレンジ-
17.tartarus_0d06
18.暗闇より出でしもの
19.全ての人の魂の戦い
20.Nyx
21.決意
22.Burn My Dread -Last Battle-
23.絆
24.私が守るから
25.キミの記憶
26.Blues in Velvet Room


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2016年08月29日 CD紹介(アトラス) トラックバック:0 コメント:0

Sekaiju no MeiQ5 Sound track Rough Sketch ver.

世界樹の迷宮V 長き神話の果ての先着特典です。
お馴染となったこの特典、今回はブックレットのページ数が結構あります。各職業イラストとキャララフ案、スケッチとお馴染の1Pコミック。毎回このコミックが楽しみですw 世界樹に求められていた変化とは!?

さて音楽。
あ~お馴染のFM音源じゃなくなって寂しい… 生演奏っぽいサウンドもいいですが、世界樹という作品のコンセプトは「古き良き」だったから、色々変化していってこうなったんだろうなぁ…(FMじゃない4の曲も好きだしな)
今回街景曲があまりにもムーディで、プレイしていてビックリしたんですがw ラフであっても、そのムーディさはしっかり。サックスか! サックスがそう思わせるのか!?

樹海1層目は、大体シリーズ通して雰囲気を踏襲していますが、今回もまたその雰囲気。ただし、インナーコメントに記載されているように、その踏襲が毎回マンネリ感にからの回避という点で苦労されているようです。
FOEなんかはこっち聞くと随分変えているんだなと思いますが、樹海は(特に一層目)物語からも似ているため難しいんだろうなと感じます。

ラフ版ということで、本編と違う部分もあったりして、これはこれで面白いと毎回思うのです。
でも今回は「あまりにもラフすぎて出していいのか?」とも悩まれたそうです。クリエイターとしては、そういうトコは悩ましいのかもですね。


世界樹5特典

1.Town 1
2.Town 2
3.Dungeon 1
4.Normal Battle 1
5.FOE Battle
6.Dungeon 2


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2016年08月10日 CD紹介(アトラス) トラックバック:0 コメント:0

Shin Sekaiju no MeiQ2 ~Knight of Fafnir~ Sound track: Rough Sketch ver. + Theme song

3DSソフト新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士の特典サントラです。生演奏を録音する前に、曲の方向性を確認するための「ラフスケッチ」ということで、ゲーム中のサウンドとは異なるものとなっています。

そして何と言っても、いとうかなこさんが歌われている主題歌です。
何ていうか個人的には新シリーズは「世界樹」とは別な感覚なので、こういう主題歌が付くのもまぁ…というトコロですが、こうして聞くとやっぱイマドキのゲームっぽいですね。昔ながらのシンプルな部分がウリであった世界樹なので、やっぱ別モノなんだろうなぁ…
曲としてもあまり思い入れもなく(いとうさんの歌声もちょっと実は苦手)、ゲームに合わせたというよりは「今」のゲームにするための手段だったのかなぁと。

そんなわけで、過去作リメイク曲が何だかんだでいいという、前作と同じオチになります。
FMの音の心地よさとは違い、楽器の音にはなっていますが、味わいはそんなに変わっていないのが旧作をやった人間にはありがたいと思うのです。改めて聞くと結構クサいメロディですね。

パッケはブックレット型でお馴染の作り。相変わらずコミック面白いw 女の子が可愛くポップな色合いも毎回嬉しいトコです。
だが肝心のゲームがダメでしたゴメン。ナンバリング5を素直に待つよ。


新世界樹2特典
新・世界樹の迷宮2
ファフニールの騎士
先着購入特典 サウンドトラック



1.Reaching out for our future
2.Dungeon 1
3.Battle 1
4.Town 1
5.Dungeon 2
6.Dungeon 3
7.Battle 2


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2016年06月14日 CD紹介(アトラス) トラックバック:0 コメント:0