楽譜集 FF以外のスクエニ関連

ゲーム音楽の楽譜を集めてみましたよ。

一覧表だと見づらくなってきたので、画像追加してみました。
とりあえず、FF以外のスクエニ関連の楽譜の一覧です。

※他の楽譜一覧はこちら
DQ関連
FF関連
任天堂関連

続きを読む

2017年05月05日 ゲーム音楽 トラックバック:0 コメント:0

同じ曲を聞き比べてみると面白い

そんなわけで、なんとなく突然「FFのプレリュードでカルタやってみたら」とか言い出したので、シリーズそれぞれのプレリュードを聴き比べてみたところ、意外と…違いがハッキリあるね。ということで、その違いをメモであります。



FF1(FC版)はタイトル画面というか、電源入れてプロローグ文章が出るとこ「この世界は暗黒につつまれている~」で流れるのですが、唯一フェードインしてくるので分かりやすいのではないかと!
2(FC版)はハッキリ入ってくるので同じファミコンでも違うしキーも違う、3はエコー強めのループ終了間際にテンポがゆっくりになる。で、ファミコン音源であってもかなり違うことがハッキリ。

FF4(SFC)も若干フェードイン。けど、音がSFCなので弦(ハープ)っぽいのと、中盤からの展開が入り曲として異なるカンジ。
5(SFC)は4とまた違った(同じハープなんだけど)音、展開の音色が笛でなく金管っぽい。
6(SFC)はテンポゆっくりめ。展開はまた変わってコーラスと笛で、メロディもまた違うものに。

FF7(PS)は楽器の音でない電子っぽさはあるよね。展開部はオルガンっぽい。思えばこの展開部の楽器はシリーズの印象付けもあるね。
8(PS)はお馴染のメロディからではないのはプレリュードとして使われてないから。ということで一番の変り種。
9(PS)は原点回帰な部分も感じるハープ。展開は笛と金管でわりとゆったり。

10(PS2)お馴染のメロディからではないけど、途中からはコレだよね。になる。最初これプレリュードとは思わなかった…というくらいのアレンジ(というか、イントロの軽快さとかバックが入って色々イメージ変わりすぎぃ~)
11(どれも同じかなぁ?)は生っぽいキレイめハープオンリー。展開がなく終盤の変化が怖い。
12(PS2)お馴染のメロをコーラスとハープで。ループデモなので単体プレリュードではなく、フレーズを入れた曲という位置かも。

13のプレリュードは別物。

ということで、同じ曲と思っていても、それぞれが割りと違いが分かりやすくなっているため、しっかり聞き比べてみると曲ごとに印象も違ったりして面白いよ。というハナシなだけです。
ナンバリング以外にも使用されているので、それを含めてカルタいけると思いました!(やらない)



FEテーマや、ゼルダ、チョコボ、ギースとか、DQ序曲などなど、シリーズで同じ曲でもそれぞれ変化しているというのは多いので、それを聞き比べるのも面白いよ。

という休日を過ごしていました。
「遊ぶゲーム展」で展示されていた、アウトランのマジカルの移植音源聞き比べも面白かったので(移植音源のムリさとか)、そういう聞き比べ音源集みたいなのあってもいいかもね。GetWildみたいにw

※アウトランやアフターバーナー、ドラキュラ、グラディウスのボックス紹介はいつか…いつかやります

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2017年04月10日 ゲーム音楽 トラックバック:0 コメント:0

くつしたさんの好みのゲーム音楽を探ってみる【バトル編】

前回のフィールド編にて、思ってた通り寂しげな曲ばかり挙げてしまって、勇壮な曲が思いつかない結果になったとこで、「じゃあバトルなら勇壮なの多いんじゃね?」からの、バトル編であります。

お前が好きなバトル曲のパターンを探る!!



と前フリしておいてなんですが、個人的にバトル曲って好きになれない派です。
戦闘が好きじゃないというな… それでも色々考えてみたトコロで。


「勇者の挑戦」は、自主録の思い出… 1ターン目での光の玉の効果音がソラミミで入るくらいです。
え~そして勇壮ではありますが、フレーズとしては「アレフガルドにて」なので、どこかしら寂しげな印象も受けますね。曲単体というよりは、このバトルの背景を伴って好きなんだと思います。


聖剣2「子午線の祀り」も勇壮さよりも、運命を儚む部分があるかなぁ… これもまたバトルに対しての思いがあるからこそかもしれない。


通常バトルで考えたらの「The Man with the Machine Gun」
疾走感は強めだけど、割と中盤のメロが切ないかもしれない。


希望与えし「戌吠の神楽」。多分コレ戦闘は嫌い(シグマの戦闘は本当に嫌い)なんだけど、曲の良さで救われていると思います。
そしてどこがいいのか! と言うと、分かりやすい浜渦曲らしい華やかさかなぁ… 単にゲームが辛かったから曲に救済を求めていたのかもしれない… 
勢いはあるものの、勇壮さとは違うかな。


ファンタ2ラストバトルというか、イベントになっちゃうかなぁの「The Place of Death」
疾走感がタマラン。だけどゲーム背景を思うと割りと泣ける曲であるので好きだけど悩むところ。

イトケンバトル曲はだいたいどれも好きかもしれない。
そしてどれもがやっぱりどこか哀愁を漂わせているんだよね~

と、いうところで、「疾走感」と併せ持つ「哀愁」というトコなのかもしれない。
単に勢いだけの曲は本当に思いつかなかった…

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2017年03月13日 ゲーム音楽 トラックバック:0 コメント:0

くつしたさんの好みのゲーム音楽を探ってみる【フィールド編】

前回全くもって探れなかったので、今回はちょっと例を出して探ってみよう。のフィールド編。

お前が好きなフィールド曲のパターンを探る!!




DQ1~3のアレフガルド曲であります。
1で聞いた時の「孤独に旅する」、2で「故郷に帰ってきた」、3の「懐かしい場所」という、最初は単なるマップであったハズが「アレフガルド」という場所を示す曲となり、曲単体で独立したものになってきていると思います。
1で聞いた時にももちろん好きでしたが、3で聞いた際の驚き、暗闇の中「懐かしい場所」を探索する感覚は格別でした。


DQ2では断然こっち。最初は1人旅だからこその孤独の表現なのかも。
サマル王子が死にすぎて3人曲をあまり聞いていないというハナシもある。


DQ3の冒険の旅はそこまで好きじゃないのは多分に勇敢だから。
そしてDQ4なら勇者の故郷。OPイベント後に外出たらこれですよ!! 泣くしかない!!!
ライアン「戦士はひとり征く」も割りと好き。寂しげではないけど、悠然と1人で(ちゃんと目的を持って)旅を続けているという雰囲気なのかな。
姫様の「おてんば姫の行進」は中盤の寂しいフレーズがいい。跳ねるような曲なのに、外へ飛び出したらちょっとお城が懐かしいとか、センチになるようなカンジ? 
トルネコはもうダンジョンのイメージ。
マーニャは戦闘にはいいけど、フィールドにはアツイ。ミネア「ジプシーの旅」もエキゾチックなメロディと雰囲気、そしてやっぱり孤独感か。

DQフィールドで特に好きなのはここまで。
5「地平の彼方へ」は好きだと思うけど、どうにも色々つらい思い出もあるので好きと言い切れない。



実はFFフィールドはそこまで思い入れは無い…かも?
2のフィールドは好きに近いけど、ゲームがどうにも好きになれなかったので… 
3の「悠久の風」は心地よさがいい。けど、思い入れとしてはイマイチ…
4、5メインテーマもそこまで…
6は「ティナのテーマ」も好きだけど、「仲間を求めて」はフィールドというよりはちょっと違う。
11「Ronfaure」も好きだけど、サンドリア民ではなかったのでそこまで…


クロノではダントツで「時の回廊」。古代シーンという舞台の雰囲気も良く、悠久の時代を思わせる音色、リズム、メロディがらしいトコがいいんだろうね。他時代のフィールドはそこまで好きじゃない。「風の憧憬」は実は好きじゃないです。


聖剣2「少年は荒野をめざす」。心地よさと不安さを合わせているトコがあるんじゃないかなと思います。ループ終了間際のキラキラさもいい。


天地創造では「旅立ち」が好き。「さらなる広い世界へ」も好きだけど、比較するとこっち。
そしてこの曲とリンクさんの「裏の地上」って聞いて印象似てると思った。


リンクさん「汽車フィールド その2」。荒野か! 荒野なのか!!! な雰囲気がいいのか?
時オカ「ゲルドの谷」と通じるかもしれない。エポナ無しで入った(フックショット使ったらしい)相方の話に驚いた。
ゲルドは街曲でもあるので若干違うかもだけど、孤独感がやっぱあるよね。


女神転生IIの「Hallucination~魔界幻想」。そのタイトル通りに幻想的なふんわりとしたフレーズはトリップできる。
若干の孤独感はあるかな。真Iの「廃墟」も好き。同じように幻想的なフレーズなんだけど、寂寥感が強い。



大体のメジャー作品からセレクトしてみたトコロ。
やっぱどこかしら「孤独」な印象を受けるフレーズ、メロディが好きなんじゃないかなと。

じゃあ対比して、勇壮な曲で好きなのを選んでみた。


伝説のオウガバトル「Revolt」というかサンダー大江戸な曲。
これは自身が移動していないからなのかもしれない…(軍を誘導している上からの視点)

…ってこれくらいしか思いつかない。
そんなわけで、フィールドに関しては「孤独」「寂寥感」(侘しい、寂しい)、そんな感覚を持つ曲が好き。かも。

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2017年02月27日 ゲーム音楽 トラックバック:0 コメント:0

新・3大ゲームCMソング

ちょっと色々しんどくてずっと更新できなくてスンマセンでした。
本日は、「新・世界3大ゲームCMソング」と題して、個人的に「このCMの曲がいいんじゃよ」というのを挙げてみました。

選考基準:
・ゲーム中には流れない
・CMのためだけの歌

と、個人的な好みからのセレクトです。



1曲目は、幻想水滸伝(PS)のCM曲、「予感」です。


「幻想」というそのイメージそのままに、神秘的な印象を持つメロディ、そしてボーカルが印象的。
ヤドランカさんのボスニア語による歌声が、一般的に聞き馴染みの無い言語なので、これまた不思議に神秘的なんですよ。
ゆったりと語りかけるかのような曲で、ココだけにしか使われていないのが大変勿体無い名曲。
コレを見て聞いてシングル盤買って、ゲーム買ったら「あ、アレ? これテーマ曲とかじゃないのん…?」とビックリした思い出です。



2曲目は、SFC版「ファイナルファンタジーVI」のCM曲、「FINAL FANTASY」です。


これはCMのインパクトも凄くよかった。
渋谷のスクランブル交差点に降り立つ魔導アーマーとティナ。そこに流れるのがお馴染のメインテーマをアレンジしたもので、発売が物凄く楽しみでありました。
歌うのは葛生千夏さん。植松さんのオリジナルアルバムPhantasmagoriaに収録されています。
造語による歌詞ですが、聞き馴染みのない言葉ゆえに「ファンタジー」を物凄く感じさせると思います。
曲としては、知っている曲なだけに、やっぱり気持ちも盛り上がりますなぁ…! 葛生嬢のアレンジは本当にハズレない。

同じCM映像で、音楽が悠久の風伝説に収録されている「Roaming Sheep」のバージョンもあって、どっちにしようか悩んだけど、メインテーマの方を選択しました。
こちらの曲も、CMが流れた当時「これ何の曲!?」と話題になって、その度に「悠久の風伝説に収録されていますよ」と、イベント時に色んな方に教えていた記憶。



そして3曲目。「セガサターン、シロ!」です。


元々は、黒に近いグレーだったサターンのモデルチェンジカラー、白カラーバージョンの販売推進のキャラだったとかそんなハズだったのに、藤岡さんのキャラの濃さと、流れるこの歌のインパクトの強さからゲーム化(というんだろうか…?)されるまでに至った変り種であります。
CM最終回ではセガビル(大鳥居?)を守る姿に泣ける。
この後、ドリームキャストへの移行していったわけですが、このキャラクター、CMがあったから、サターンの知名度もそこそこ上がったんじゃないかなとか思っていたんですが、現実はそうでもなかったようです…(自分の周りはみんなセガユーザーだったからさぁ…)
指が折れるまで!



そんなわけで3曲選択してみました。

音源化されていない中だと、マリオRPGのポップな歌がいいんだけど、音源無いから…
夢を見る島とか、カエルの為に鐘はなるとか、任天堂さんは歌モノCM多かったのを思い出して、またCM関連を組みたいと思います。(カテゴリ:ゲームCMももうちょっと頑張ろう)

CMの達人 小林亜星とアストロミュージック 傑作CM音楽集




※追記
マリオRPGのCM曲は、CMの達人 小林亜星とアストロミュージック 傑作CM音楽集に収録されているそうです。
実はこういうCM曲集に色々入っていたりするのかもですね。
教えて頂きありがとうございます!!!!


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2016年11月22日 ゲーム音楽 トラックバック:0 コメント:2