ときめきメモリアル SOUNDコレクション

ときめきメモリアルのゲームサウンドをアレンジしたシリーズ「サウンドコレクション」の1枚目です。シリーズ全部で4枚あります。
1枚目はキャラテーマ集となっており、物語を彩った女の子達の楽曲がアレンジされて収録されています。(伊集院はまた別)

基本的にMIDIサウンドと思われるので、PCエンジン版と比較して音がいいとかはあんまり無いトコなんですが、ゲームBGMとしての音楽ではなく、キャラクターのイメージをより一層強めたものになっております。アレンジとしては比較的原曲に近いもので、ちょこっとフレーズを追加したりして、音楽としてのキャラクターの印象を表現していると思います。そのためゲームサウンドを聴きなれているならばスンナリと入ってきます。出来ればもうちょっと生音っぽくしてたらなぁと思うフレーズもあったりしますが、キャラの印象をしっかり残して、ゲームに近く、でも曲としての仕上がりを求めたらこうなるのかもしれません。

トップの朝比奈は、ゲーム中だとウザいくらいな印象(曲も本人も)であったのに、このバージョンでは元気いっぱいな活発な女の子。といった印象を受け、なかなかにいい曲だなと思いなおすくらいナイスアレンジ。紐緒さんは怪しさ倍増でむしろコミカルな感じでもあります。もっとジャジーにしても良かったんじゃないかなと思いますが、これまたキャラの印象をしっかり出すという点では上手いのでしょう。
そういう感じでどれもがキャラの魅力をより引き出す、印象をより強く出すというアレンジの仕上げになっているので、ゲーム本編の音楽による彼女たちの印象とはまた違う一面を引き出しているんじゃないかと思います。

ラストの告白~女々しいはバッドの流れですかね。こちらは普通なので、勿体無いかなぁ~ 
インナーは女の子達のイラストだけを載せて、文章は一切ないというのも、女の子たちのテーマ集というらしさがあって良いかと思います。


ときめきメモリアル SOUNDコレクション




1.JUMPING SMILE~朝比奈夕子テーマ曲~
2.思い出の数だけ…~藤崎詩織テーマ曲~
3.世界中の誰よりも~紐緒結奈テーマ曲~
4.瞳の誘惑~鏡魅羅テーマ曲~
5.BOY FRIEND~片桐彩子テーマ曲~
6.あなたに贈るソナタ~如月未緒テーマ曲~
7.みつめていたい~清川望テーマ曲~
8.かごの中の小鳥~古式ゆかりテーマ曲~
9.通学途中のあのお店~美樹原愛テーマ曲~
10.TEENAGE~虹野沙希テーマ曲~
11.恋、おやすみなさい~館林美晴テーマ曲~
12.めざせ! 恋のゴール!~早乙女優美テーマ曲~
13.告白
14.女々しい野郎どものテーマ

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2017年05月22日 CD紹介(コナミ) トラックバック:0 コメント:0

ときめきメモリアル SOUNDコレクション3

ときめきメモリアルのゲームサウンドをアレンジしたシリーズ「サウンドコレクション」の3枚目です。1は各キャラテーマ、2はデートスポットというまとめ方だったのに対して今回は色々… うん、色々。

トップの「半袖の君」は、元々の爽やかに初夏を思わせる曲でしたが、こちらはギターの音色が日差しの眩しさ感じる、いかにもな「夏!」曲。
もともとのゲーム曲が、結構ループ短いものでしたが、それをアレンジ補完して繋げているだけに、ちょっと違和感を感じる曲もあったりしますが、曲として完成度が高くなっているので、ゲームしらない方が聞いたら、「どフュージョン!」と思われるんじゃないでしょうか。

続くFun!~も夏曲ですが、こちらはトロピカルにリゾート気分。同じ夏曲でも、元曲の雰囲気に合わせてアレンジもしっかり変化させ、見える風景が変わってくるようになっています。白い息で一瞬のうちに雪景色になって、慌しい季節感w

アレンジは今までならコナミサウンドの方々が手がけられていたのですが、このシリーズでは専門のアレンジャーさんが手がけられています。
そういう点からも、ゲーム音楽ではないアプローチの仕方なのかもしれません。実際、インナーにはゲーム画面やキャラ画像は使用されておらず、曲の雰囲気をほのかに感じさせる実写写真に、金月さんによる短いメッセージポエムが添えられています。
ときメモというゲームから、恋愛青春ドラマという作品に寄せているような、そんなちょっと甘酸っぱい感情すらあるアレンジたちで、ゲームそのものを求めちゃうとかなり違うと思います。

でも、この甘酸っぱさが凄く爽やかで、音楽としてどれも心地いいんですよ。アレンジというよりは、もう別の「青春ドラマの1シーン」をつめこんだアルバムなのかもしれません。曲自体がそれぞれちゃんと1つの曲として立っているので、ゲームとは別としても割りとオススメだったりします。…映画版は忘れよう。


「ときめきメモリアル」サウンド・コレクション3




1.半袖の君(夏BGM)
2.Fun! Fun! Summer Vacation(夏休みBGM)
3.白い息(冬BGM)
4.似合うかな?(ブティックBGM)
5.息を合わせて(二人三脚BGM)
6.青春のはじまり(入学式BGM)
7.めざせ!プロサッカー(サッカー部国立競技場BGM)
8.番長はオレだ!(番長との戦闘BGM)
9.約束の場所(近所の公園BGM)
10.つかの間の休日(春休みBGM)

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2017年04月19日 CD紹介(コナミ) トラックバック:0 コメント:0

悪魔城ドラキュラ ジャッジメント オリジナルサウンドトラック

Wiiで発売された、歴代ドラキュラシリーズキャラ出演の格闘ゲーム「悪魔城ドラキュラ ジャッジメント」のサウンドトラックです。
基本的に登場キャラが歴代キャラなわけで、音楽も悪魔城ドラキュラシリーズベストばかりに、歴代名曲のアレンジサウンドトラックの趣があるかと思います。
サウンドはコナミでななく、ノイジークローク(浅田靖さん)が担当してます。

ドラキュラと言えば! シンフォニックかつメタル寄りロックな、どこか厨っぽい(ビジュアル系風味?)なサウンドが予想されますが、格闘ゲームだからか、ちょっとスピード感あるギターを強めにしている風合いもあります。基本的に歴代アレンジは原曲プラスアルファなところもあり、途中でギターソロが入ったり、違う展開にちょこっとなったりしていますが、おおむね原曲を崩さずにいると思います。勝ち、負けもお馴染の曲なあたりが嬉しい!

デスの「Evil's Symphonic Poem」は、なるほど、この曲を持ってきたか! と原曲のセレクトに納得。短いあの曲をここまで長くするのは大変だったんじゃないかなと思います。それぞれの元曲の長さが違うので、格ゲーの時間に合わせるためのアレンジでもあったりするので、フレーズバランスが難しそうなのに、なかなかしっかりとアレンジされていると思いました。

…でも、ところどころ原曲至上主義人間なので「ちがーう!」と思うフレーズはあったりします…スマナイ。
その中で、コーネルの「The Wolf Revealed」は哀愁漂うメロがちょっと切なげで好きかな。他のアレンジが割りと強めにガンガンといっているなか、こういうキレイ目な曲が印象に残ったのかも。
もうちょっとクラシック寄りの方がドラキュラらしかったんじゃないかなと思うけど、そうなると格闘アクションのスピード感が出ないのかなぁ…? メイン曲である「Darkness Of Fear」をはじめ、オリジナル曲がいいカンジにシリーズを踏襲してて雰囲気あるだけにキャラ曲もその雰囲気を出して欲しかったかも。ただ、シーンごとのメリハリがはっきりしているという点ではいいのかな。

インナーはブックタイプではなく、マザーみたいに長い紙を折り込んだもの。小畑さんの美麗イラスト満載でそれをメインにしているとこがあるから、これはこれでなのかな。IGAさんはじめとしたスタッフコメントも記載しているし、変わっている形式だけどなかなかいいよ。
派手なドラキュラ曲アレンジを感じるなら、まとめて名曲を聴けるし、そういう面ではオススメかな。しかし原曲至上主義はメンドイなぁ~と思われるサントラかな。


悪魔城ドラキュラ ジャッジメント オリジナルサウンドトラック




1.Darkness Of Fear
2.Title Screen
3.Character Select
4.Vampire Killer
5.Bloody Tears
6.Beginning
7.Mad Forest
8.Clock Work
9.The Tower Of Dolls
10.The Wolf Revealed
11.Dracula's Castle
12.Slash
13.Iron Blue Intention
14.Evil's Symphonic Poem(Death's Theme)
15.Dance Of Illusions
16.An Empty Tome
17.Darkness Of Fear(Arr.)
18.Castle
19.Gallery
20.Accessories
21.Elemental Tactician
22.Win
23.Lose
24.Game Over
25.Crucial Moment
26.Credits

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2017年03月28日 CD紹介(コナミ) トラックバック:0 コメント:0

MIDI POWER Ver.5.0 ~スナッチャー

コナミゲームのMIDIアレンジアルバム集Ver.5.0は、「スナッチャー」と「SDスナッチャー」から。今までSC-55でのアレンジでしたが、今回はSC-88を使用したものとなっています。

アレンジと言っても、元の音をこの音源で鳴らしてみたらこうなった。というのがこのmidiパワーシリーズだと思うので、88FM音源に慣れている方には違和感もあるかもしれませんが、PCエンジン版に慣れきった自分にはかなりスンナリと入ってくるものになっています。SDの方はプレイしたものの、サントラ持ってないしプレイしたのも30年近く前だからそりゃもう記憶の彼方…(考えたらPCエンジン版プレイしたのも20年は前のハズ)

アレンジされても味わいはそのまま、曲を聞いて「ああ、コナミっぽい…」と思える個性が出まくりで、コナミのアルバムとして求めるのであればハズレないと思います。打ち込みであるハズなのに、割りと生音に近いといいますか、聞いてて本当に違和感ないんですよ。むしろこれが本当の生音になったら逆に違和感があるのかもしれません。
スナッチャーという近未来SF作品だからこその、生じゃないけどキレイ目打ち込みが映えるのかもしれません。機械なんだけど、人の息遣いがうっすら感じられる(打ち込みの際に生演奏の再現に拘っているようなので)、そういう部分がスナッチャーの背景にしっくりきているからなのかとすら思ってしまいます。

音源が違うことでの変化というのはあると思いますが、その変化がいい方向になっていると思うので、原曲至上主義な方にも納得いくものになっているのではないかと思います。純粋な音のパワーアップによるアレンジ、変化であり、曲のイメージを損ねることが全くないと感じました。
むしろ「打ち込みすげー!」と驚嘆するかと。それは音源のパワーによるものかもしれませんが、拘った結果の完成度の高さなんだと思います。サックスの息遣いすら感じとれるのは本当にビックリです。


midiスナッチャー
MIDI POWER Ver.5.0
〜 スナッチャー



1.BIO HAZARD (SNATCHER)
2.TWILIGHT OF NEO KOBE CITY (SNATCHER)
3.THEME OF SNATCHER (SNATCHER)
4.THEME OF JAIME (SNATCHER)
5.ETERNAL PROMISE (SNATCHER)
6.ONE NIGHT IN NEO KOBE CITY
  (PC-ENGINE SNATCHER)
7.THEME OF KATHARINE (PART 1・2)
   (SNATCHER)
8.FADED MEMORIES (SNATCHER)
9.FACTORY PLACE (SD SNATCHER)
10.DIFFICULT MOVE (SD SNATCHER)
11.TRIUMPHAL ARCH (SD SNATCHER)
12.PLEASURE OF TENSION (SNATCHER)
  ~RESISTANCE (SD SNATCHER)
13..N DANGER (SD SNATCHER)
14.THEME OF SNATCHER (PART 2)
   (SNATCHER)
15.THE PEACEFUL AVENUE (SD SNATCHER)


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2017年02月13日 CD紹介(コナミ) トラックバック:0 コメント:2

beatmania 2nd MIX complete

今となってはメジャーなゲーム「ビーマニ」の2ndサントラです。
正直、初代ビーマニが出た時には「何というバカゲー…!」と思っていたんですが、まさか現在に至るまでこんな人気作品になるとは思っていなかったです(コナミさんゴメン)。

飛び入りDJとなった君(プレイヤー)フロアをアゲまくることが出来るか!? みたいなキャッチフレーズというかそんな設定でしたが、いわゆるDJブースを模した筐体でのDJシミュレーションという為、ゲームの曲というよりも、普通にフロアで流れるようなサウンドばかりだと思います。
もちろん、ゲームをプレイしまくっていれば「ゲームの曲」という意識は強いんですけど、音ゲーというゲームからして「音楽」が主役なわけで、ゲームらしいという感覚よりも、曲としての心地よさというものが優先されていると思うのです。曲としてそれぞれ短いところが唯一「ゲームらしい」と思う部分かもですね。
こっから!と思う部分で切れちゃうのが勿体無いと思う曲も多いのは、他の音ゲー各種と同じく残念なトコ。ただし、その短さが聴きやすさに繋がっているとは思います。
好き曲は皆大好き「20, november」。キャッチーなメロとバッキングピアノにノリの良いドラム。ユラっとしながらもフンフンとカウント数えるノリのよさがあると思う。それからスピード感がある「e-motion」これは自分の好きタイプ絶対。

全体的にアゲアゲ!と言ったカンジよりも、ちょっとユラユラするという雰囲気の曲が多いかもしれないというか、割とビートに任せるような… ジャンルも細かくワカラン人間なので詳しく説明出来ない辺りが勉強不足だと実感する。
だけど、音の心地よさ、音に任せるというそれは、「ビートマニア」というゲームならではな曲なんだろうね。そう思うと、実は結構「ゲーム音楽」している作品なんだなぁ…

インナーが蛍光グリーンで凄く見づらいw けど、これがビーマニカラーなのだからの配色なんだろうね。
筐体デザインがあったり、20, november時の公式振り付け(そんなのあったのかよw)が記載されていたり、もちろんコメントや歌詞もバッチリで、凄く読み応えあるのに蛍光グリーンで見づらいww 


beatmania 2nd MIX complete




ORIGINAL SOUNDTRACK
1.THEME OF BEATMANIA
2.PRACTICE STAGE
3.U GATTA GROOVE
4.JAM JAM REGGAE
5.DJ BATTLE
6.OVERDOZER(ROMO MIX)
7.OVERDOZER(AMBIENT MIX)
8.2 GORGEOUS 4U
9.GREED EATER
10.LOVE SO GROOVY(7INCH VERSION)
11.LOVE SO GROOVY(12INCH VERSION)
12.E・MOTION
13.20, NOVEMBER(SINGLE MIX)
14.20, NOVEMBER(RADIO EDIT)
15.U GOTTA GROOVE(TRIPLE MAZIN DUB)
16.JAM JAM REGGAE(FUNKY JAM COOKIE MIX)
17.OVERDOSER(DRIVING DUB MIX)
18.DEEP CLEAR EYES
19.LOVE SO GROOVY(NITE'S AFTER LUV MIX)
20.BEGINNING OF LIFE
21.DO YOU LOVE ME?
22.TOKAI
23.SALAMANDER BEAT CRUSH MIX
24.SKA A GO GO
25.ACID BOMB
26.LOVE'S THEME OF BEATMANIA

BONUS TRACK
27.PRACTICE STAGE(2ND MIX)
28.TOKAI(INSTRUMENTAL)
29.LOVE SO GROOVY(INSTRUMENTAL)
30.DO YOU LOVE ME?(INSTRUMENTAL)
31.海老原達三PLAYS “20, NOVEMBER(RADIO EDIT)”
32.Hx2 PLAYS “SKA A GO GO”
33.MIZKING PLAYS “DEEP CLEAR EYES”
34.DO YOU LOVE ME?(RADIO EDIT)

KONAMIX SPECIAL BONUS
35.DEEP CLEAR EYES(LONG MIX)


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2016年04月23日 CD紹介(コナミ) トラックバック:0 コメント:0